夏に向けて知っておきたい!ブラジリアンワックスのメリットとデメリット

ブラジリアンワックスで脱毛をする女性
夏になると肌を露出する機会が多くなるもの。そうすると気になるのがムダ毛の処理。毎日そるのは面倒だし、一気に毛の処理をしたい、という方は多いと思います。そんな方におすすめなのがブラジリアンワックスです。
脱毛剤の粘着力を利用して、一気に毛を処理することのできるブラジリアンワックス。どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
今回は、施術を受ける前に知っておきたい、ブラジリアンワックスのメリットとデメリットについてご紹介します。

ブラジリアンワックスのメリット

すぐに、一気にムダ毛を処理できる

ブラジリアンワックス
レーザー脱毛や光脱毛では、生えてきた毛が抜け落ちるのを待つ必要がありますが、ブラジリアンワックスは一気に毛を引き抜くため、すぐにムダ毛を処理できます。明日海に行くことになった!など、急にムダ毛を処理したいときにぴったりです。

古い角質も一緒にはがすことができ、肌がツルツルになる

古い角質も落とせる
ワックスを皮膚に塗布する脱毛は、毛と一緒に肌表面に蓄積した古い角質も一緒にはがしてくれます。古い角質が取り除かれることで肌がツルツルになり、肌色のトーンもアップ。ブラジリアンワックスでツルツルした肌を手に入れることができるのです。

光脱毛では難しい部分の処理も可能

光脱毛
レーザー脱毛や光脱毛ではやけどの危険性があるため、粘膜に近い部分の脱毛はできません。脱毛剤を使うブラジリアンワックスでは、デリケートな部分の脱毛もできます。鼻毛やIラインの処理をしたいときには最適と言えるでしょう。

オーガニックな脱毛方法である

オーガニックな脱毛
ブラジリアンワックスに使用するワックスは、松ヤニやハチミツを使用した粘着剤を使用していることが多く、脱毛方法も「抜く」という自然なもの。脱毛はしたいけどレーザーを当てるには抵抗がある人にはおすすめです。

生えてくる毛がチクチクしない

毛がチクチクしない
剃毛によるムダ毛処理は毛をカットするため、どうしても断面が鋭くなり、毛が伸びてきた際にチクチクしてしまいます。ブラジリアンワックスは毛を根元から抜くので、生えてきたときのチクチク感がありません。

また生やすことができる

また生やせる
ブラジリアンワックスは単純にムダ毛を一気に抜くという処理方法。つまり2,3週間すればまた同じように毛が生えてきます。いきなり永久脱毛するのが怖いという人は、ブラジリアンワックスで試してみるのがいいかもしれませんね。

ブラジリアンワックスのデメリット

痛みをともなう

痛みをともなう
粘着剤に毛を付着させ、一気にはがしとるため、多少なりとも痛みをともないます。特に粘膜に近い部分や皮膚が薄い部分では強い痛みをともないます。

脱毛のために毛を伸ばす必要がある

毛を伸ばす必要がある
ブラジリアンワックスは粘着剤に毛を付着させるため、処理する毛は1センチ以上伸ばしておく必要があるので、処理当日まで毛の処理ができません。

効果が永久ではない

効果が続かない
単純にムダ毛を抜く処理方法なので、数週間程度でまた毛が生えてきてしまいます。ブラジリアンワックスを繰り返していると、生えてくる毛が細く柔らかくなることもあると言われていますが、その効果は長続きするものではありません。

埋もれ毛になってしまう可能性がある

埋もれ毛の可能性
粘着剤で毛を引き抜く際、少なからず肌にダメージを受けます。場合によっては皮膚の下で毛が生える「埋もれ毛」になることも。ひどいときには皮フ科での処置が必要となるので、埋もれ毛には注意する必要があります。

肌トラブルの原因になる?

肌トラブルの原因になる
肌に塗布する粘着剤の成分で肌トラブルを起こす可能性があります。サロンでブラジリアンワックスの施術を受けるときは、粘着剤の成分も確認するのが良いでしょう。

おわりに

手軽に高い脱毛効果が得られると人気のブラジリアンワックスですが、やはりデメリットは存在します。自分に合った脱毛方法かをよく考え、後悔のないようにしましょう。

元百貨店美容部員。スキンケアを重視した国内ブランドに勤務していたため、ニキビやアトピーなどの敏感肌のお客様に多くアドバイスを行ってまいりました。現在ではライターとして肌を健康に美しく保つ方法についてお伝えしております。趣味は旅行とおいしいお酒を飲むこと。一眼レフでの写真撮影にもはまっています♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.
error: コンテンツは保護されています!