暑くなる前に!今から知っておきたい制汗剤の正しい使い方

わきに制汗剤をつかう女性
暑い季節になると気になるのが汗のニオイですよね。そんな時には制汗剤を使用する人が多いと思いますが、その正しい使い方をご存じですか?今回は制汗剤の正しい使い方や注意点についてご紹介します。

制汗剤でなぜ汗のニオイが気にならなくなるの?

制汗剤を使用して、汗のニオイを抑えられる仕組みはどのようなものなのでしょうか。

そもそも、汗のニオイというのは、汗や皮脂をエサにして繁殖した菌の分解物が原因です。
そのため、制汗剤にはエサとなる汗の分泌量を減らすことと、菌の繁殖を防ぐことの2つの目的があります。

制汗剤には汗の分泌量を減らすために、弱酸性のアルミニウムやミョウバンが含まれています。その成分が脇に張り付き、汗腺をふさぐことで汗を止めます。体の中でも脇から出る汗の量は1%程度のため、脇の汗腺をふさいでも、他の部分から汗となって放出されるため、問題はないとされています。
そして常在菌の殺菌を目的として、銀などの成分を配合することで菌の殺菌も行うことができます。こうして制汗剤は汗のニオイを解決しているのです。
さらに、汗を止めることは汗ジミや黄ばみの予防にもなります。暑い時期でも脇の汗を気にせず自信をもって過ごせますね。

制汗剤の正しい使い方を知ろう

首に制汗剤を使う女性

使うタイミングは汗をかく前

制汗剤を使うベストなタイミングは、汗をかく前です。すでに汗をかいている状態では汗腺が水分や皮脂ですでにふさがれているため、制汗剤の汗を止めるの役割が果たせません。さらに、汗をかいた後に制汗剤を使用しても、すでに常在菌が繁殖しやすい状態になっているため、ニオイを抑えることが難しくなります。必ず家を出る前などの汗をかく前に使用しましょう。

使用をする都度汗を拭くこと

制汗剤に使用回数の制限は特にありません。そのため、ニオイが気になりそうなとき、1日に何度でも使うことができます。その際はすでに出ている汗を拭いて、清潔な状態にしてから使用するようにしましょう。

シチュエーションに合わせたものを選ぶ

制汗剤にはさまざまな種類があります。
スプレータイプは清涼感があり、身体をクールダウンさせることができるので、スポーツなどの運動後に使用するのがおすすめです。
ロールオンタイプはもち運びにも便利なので、お出掛け先でもサッと取り出して使用できます。香り付きのものを選べばレジャーやデートにもぴったりですね。
シートタイプは制汗剤を使う前に汗を拭くのに最適です。同時に身体のべたつきも解消できます。

制汗剤での肌トラブルに注意

汗のニオイを抑えることのできる便利な制汗剤ですが、肌トラブルを起こす可能性があることも知っておく必要があります。
先ほども説明したように、制汗剤は少量の金属を含むパウダーで汗腺をふさぎます。そのため、肌に全く負担がないとは言い切れないのが事実です。特に肌が敏感な方や、季節の変わり目やホルモンバランスで肌の状態が不安定な場合は様子を見ながら使用するようにして、異変があった場合はすぐに使用を中止しましょう。

ボディーソープでしっかり洗い流す

肌トラブルを防ぐためにも制汗剤を使用した後は成分をしっかり落とす必要があります。市販の制汗剤は通常のボディーソープで落とすことが可能です。特別なクレンジング剤は必要ありません。しっかり泡を立てて肌をこすらず、摩擦で負担をかけないようにして洗い流しましょう。

おわりに

汗のニオイのケアはエチケットの1つです。自分も周りの人も快適に過ごせるように、正しい制汗剤の使い方をマスターして暑い夏も快適に過ごしましょう!

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

error: コンテンツは保護されています!