他のところを目立たせてコンプレックスを隠す!目立たせメイクのやり方

目立たせメイクの女性
生まれ持っての特性や、年齢による変化。そんなさまざまな要因からもたらされる肌の悩みこそ、メイクでしっかり解消したいところです。そこで今回は、コンプレックスを上手に隠す“目立たせメイク”をご紹介。これは、ファンデーションやコンシーラーに頼るのではなく、目や唇など、パーツを目立たせることでコンプレックスを隠すメイク法です。手間のかかるベースメイクや厚塗り感から卒業したい方は、ぜひチェックしてみましょう!

目立たせメイクで気になる部分を徹底カバー

第一印象を左右するお肌。できることなら、より若々しくキレイに見せたいですよね。けれど、シミやシワ、ほうれい線など、気になる部分を隠そうとすればするほど、厚塗りになってしまいがち。そうなるとメイク崩れがひどくなったり、実年齢より高く見えたりしてしまうこともあります。
そんなときに実践したいのが、他のパーツの存在感を前面に出す「目立たせメイク」。目元や口元の魅力をメイクによって際立たせ、コンプレックスのある部分に視線が集まらないようにするのです。では早速、隠したい肌のお悩み別に、その方法を見てみましょう!

老けて見える目尻のシワを隠したいときは

目立たせメイクのやり方
笑顔になった瞬間、目元にキュッとよってしまう細かいシワ。どんなに楽しい時間でも、ついつい気になって、思う存分笑うことができませんよね。そんな目尻のシワをカモフラージュするには、口元の目立たせメイクがおすすめ。目から遠いパーツである唇をしっかりメイクすることで、目尻のシワが強調されにくくなるのです。

リップメイクで口元を魅力的に目立たせる

唇の存在感を出すには、最初にリップライナーを使うのが効果的。リップラインを描くことで、口元がハッキリと浮かび上がり、顔全体も引き締まった印象になります。唇の厚みが気になるという方は、口角や中央部分だけをササッとなぞるだけでもいいでしょう。
そして口紅はヌーディなベージュ系やブラウン系よりも、ピンク系やレッド系、ローズ系などを選びましょう。少し赤みのあるものにすると、口元がグッと華やかになり、より目立たせることができるのです。
最後は、リップグロスでウルッとしたツヤ感を演出。全体に塗ればグラマラスに。中央だけに乗せれば、エレガントな口元に仕上がります。

ほおのたるみやほうれい線を隠したいときは

年齢を重ねるごとに気になってくる、ほおのたるみやほうれい線。上手にカバーしたいなら、目元の目立たせメイクをするのが正解です。というのも、ほおのたるみやほうれい線があるのは顔の下半分。反対側にある目元を目立たせれば、視線が顔の上部に分散され、自然な形でカモフラージュすることができるのです。

アイメイクで目元を印象的に目立たせる

目元の目立たせメイクには、大きく分けて二つの方法があります。一つめは、アイラインやマスカラで目のフレームをハッキリさせる方法。もう一つは、鮮やかなアイシャドウやアイライナーで、目元をカラフルに彩るという方法です。前者であればデカ目効果が期待でき、後者であれば、オシャレ感のある目元がゲットできます。それぞれ仕上がりのイメージが異なってくるので、その日の気分や予定によって変えてみるのもいいでしょう。

シミ・ソバカスを隠したいときは

肌全体に見られるシミやソバカスをカバーしたい場合も、これまで紹介してきたような、部分的なメイクに力を入れるのがいいでしょう。
瞳の形や大きさに自信がある方は、その魅力が生きる目元の目立たせメイクを施します。さらに眉を少し濃いめに描いたり、ノーズシャドウを入れたりするのも効果的。そうすることで、目元がより際立つメイクに仕上がります。
そして、ぽってりとしたセクシーな唇や、キュートな唇が印象的な方は、ぜひ口元の目立たせメイクを。中央の山部分や口角にハイライトを入れると、さらにぷっくりとしたリップが完成しますよ!

おわりに

シミやシワ、ソバカスなどを自然に隠せる「目立たせメイク」。気になる部分をごまかしたいからと、ファンデーションやコンシーラーを塗り重ねると、「隠してる感」だけが強調されてしまうことがあります。ぜひ、今回の目立たせメイクを習得して、ナチュラル肌の華やかフェイスを目指しましょう!

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★
No tags for this post.