洗いすぎはやっぱりよくないの?W洗顔に関する正しい知識

洗いすぎはやっぱりよくないの?W洗顔に関する正しい知識
クレンジング剤と洗顔料を使うW洗顔は「肌に負担がかかりすぎるのでやめたほうがいい!」という意見や、「面倒くさいからやめたい」という声をよく目にしますよね。では、本当にW洗顔はやめたほうがいいのでしょうか?
クレンジングと洗顔の持つ役割から、W洗顔をすることの意味について考えたいと思います。さらに肌に負担をかけないクレンジングと洗顔方法についてもご紹介しますので参考にしてください。

W洗顔とは?

クレンジング剤と洗顔料で2回顔を洗うこと

2回洗顔
W洗顔とは、まずクレンジング剤でメイクを落とし、その後洗顔料で肌に残ったクレンジング剤や汗、皮脂などを落とすというもの。W洗顔とは洗顔を2回するという意味ではなく、クレンジングと洗顔を続けるスキンケアのことなのです。

不要論と必要論の主張が対立!

意見対立
W洗顔に対しては「摩擦や界面活性剤の影響が大きく、肌に悪いのでやめたほうがいい!」という意見と、「それぞれに役割があるからW洗顔は必要!」という正反対の意見がみかけられます。どちらの意見も「確かにそうだなぁ…」とうなずける部分はありますが、実際のところどちらがよいのでしょうか?

クレンジングと洗顔は役割が違うのでどちらも必要!

両方必要
結論からいうと、やはりW洗顔は必要です。クレンジングは油性の汚れを落とすのが得意で、肌のメイク汚れをしっかりと落としてくれます。これに対して洗顔料は水性の汚れを落とすことが得意で、ホコリや排出ガスなどの空気中の汚れを取り除いてくれます。またクレンジング剤はぬるま湯ですすいでも完全には落としきれないので、洗顔料で洗う必要があります。
つまりクレンジングと洗顔のどちらかだけでは汚れをきちんと落とすことができず、肌トラブルを引き起こす可能性があるので、両方するW洗顔が必要ということです。
W洗顔をする上で大切なのは、正しい洗い方を身につけることです。クレンジング剤の選び方や洗顔方法を間違えると、肌のうるおいを必要以上に失う可能性があるので、しっかりと覚えましょう。

大切なのは洗い方!肌に優しいW洗顔法を身につけよう

正しいクレンジング方法

正しいクレンジング方法
ポイントは1分以内にすすぎまで完了することと、クレンジング剤はたっぷり使って肌への摩擦を減らすことです。また、通常のメイクであればクリームタイプのもので十分落とせるので、クレンジング剤選びにも気をつけてみましょう。

  1. アイメイクや口紅は専用のリムーバーで落としておく
  2. 使用量の半量を手にとり、Tゾーンにのせて指の腹で軽くメイクとなじませる
  3. 残りの半量を手にとり、ほおなどのUゾーンにのせて指の腹で軽くメイクとなじませる
  4. 目元や口元の日宇の薄い部分にもクレンジング剤を伸ばし、優しくなじませる
  5. 38度から40度くらいのぬるま湯で手早く洗い流す

正しい洗顔方法

正しい洗顔方法
ポイントは面倒くさがらずにしっかり泡立てること。こちらもクレンジングと同じ様に、1分程度ですすぎまで済ませるようにしましょう。

  1. 38度から40度のぬるま湯で顔を洗う
  2. 水を加えて洗顔料をしっかりと泡立てる
  3. 皮脂の多いTゾーンから泡をのせ、クルクルと円を描くようにして汚れとなじませる
  4. Uゾーンにも泡をのせてクルクルと円を描くようにして汚れとなじませる
  5. 目元・口元にも軽く泡をのせて優しくなじませる
  6. 38度から40度のぬるま湯で丁寧に洗い流す。特にフェイスラインは念入りに洗い流すようにしましょう!

おわりに

いかがでしたか?W洗顔はどうしても肌に負担をかけてしまいますが、きれいな肌を保つためには欠かせないスキンケアです。だからこそ、できるだけ肌に優しくできるよう工夫することが大切ですよね。ちょっとしたコツで負担を大きく減らすことができるので、ご紹介した方法をぜひ実践してみてください。

さくら
化粧品関連メーカーにて、化粧品に配合されるエキスの開発や薬事申請業務に従事しました。現在はフリーライターとして、美容関係の記事を執筆しています。
得意分野は肌トラブルの原因と対策方法の解説、化粧品に配合される成分の解説です。2016年に日本化粧品検定1級を取得。
大の広島カープファンで趣味は野球観戦です♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

error: コンテンツは保護されています!