家用や持ち運び用?用途別メイクポーチの選び方

メイクポーチと女性

デザイン豊富なメイクポーチ。かわいい色柄に多様な機能性…種類が多過ぎて、一体どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、用途別にメイクポーチの選び方をご紹介。ポーチを買い替えたい方はもちろん、コスメやメイク道具を整理したいという方も、ぜひチェックしてみてくださいね!

押さえておきたいポーチ選びのポイント

メイクポーチの選び方

どうしてもファンデーションやアイシャドウなどがついてしまうメイクポーチ。少しでも清潔に保つには、撥水(はっすい)加工やビニール加工されているものがいいでしょう。またそのような素材であれば、汚れた場合でも簡単に拭き取ることができ、メイクポーチ自体のもちもよくなります。

口が大きく開く内ポケット付きのものを選ぶ

どんなにオシャレな見た目でも、開口部の開きが小さいと、ものが取り出しにくく、中身もごちゃごちゃになってしまいます。より手早く快適にメイクできるようにするためにも、口は広く深めに開くポーチを選びましょう。
清潔にしておきたい綿棒やコットンを入れられたり、ちょっとした小物も収納できるように、内ポケットのあるタイプが便利です。大きめメイクポーチであれば、ポケットだけでなく、さらに仕切りもついているタイプが便利でしょう。

気持ちが上がる好みのデザインを選ぶ

メイクはほぼ毎日するものですが、日によってはどうしても気分が乗らない日もあります。そんな日でも、ポジティブにメイクに取り掛かれるよう、気持ちが明るくなるデザインをチョイス。洋服ではないので、少し冒険した色柄をセレクトしてみるのもいいですよ。

家用のメイクポーチはたっぷりサイズを選ぶ

家用のメイクポーチはたっぷりサイズを選ぶ

気付けばどんどん増えるコスメアイテムを収納するためには、大きめのサイズがおすすめです。持っているコスメの種類や、お部屋の雰囲気に合わせてセレクトするのがポイント!ここでは、特に代表的なものをピックアップしました。

メイクポーチの定番!バニティポーチ

深さのある楕円(だえん)柱型のバニティポーチ。見た目を裏切らないバツグンの収納力と、中身が取り出しやすい上部のフタが特長です。女性らしくエレガントな形なので、お部屋に置いておくだけでオシャレな雰囲気も漂います。

幅広のマチがうれしいボックス型ポーチ

四角い立体型のメイクポーチは、マチ幅もたっぷり。「本当はメイクボックスが欲しいけれど、かさばりそうで手が出ない…」という方にもピッタリです。キュートな色柄を選んでもいいですし、プロっぽさが漂うブラック系を選んでみるのもすてきですね!

外出用のメイクポーチは小さく軽いものを選ぶ

外出用のメイクポーチは小さく軽いものを選ぶ

小ぶりなファスナーポーチは、まず持っておきたい女性の必携アイテム。開閉もしやすく、あらゆるシーンで活躍してくれます。ソフトで柔らかい生地であれば、形が自在に変形するので、よりバッグに納めやすくなります。

高級感のあるエレガントながま口ポーチ

フォーマルな場所では、高級感のあるエレガントながま口ポーチがピッタリ。ゴールド系とシルバー系、どちらの金具にするかによって雰囲気が変わってきます。マチ幅がしっかりしているものから薄型まで、いろいろなタイプがあるので、コスメの量に合わせて選んでみてくださいね。

スリムで使いやすいノート型ポーチ

その名前の通り、左右がノートのように開くポーチ。マチ幅は広くありませんが、そのスマートでスタイリッシュなルックスも魅力的。薄いバッグにもしっかり対応してくれます。

おわりに

ついつい目移りしてしまうメイクポーチ。見た目のかわいさも重要な要素ですが、用途に合わせて機能面もチェックすることが大切です。ぜひ皆さんも、お気に入りの一点を見つけて、メイクタイムをより楽しい時間にしてくださいね!

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう