マスク美人と言わせないための4つの対策

マスク美人と言わせないための4つの対策

新型コロナウイルスの感染拡大により、外出するときの必需品となったマスク。リモートワークも増えてきた…とはいえ外出の機会もあり、なかなか難しいのがメイクとの兼ね合いですよね。

今回はそんな必需品、マスクと上手に付き合うメイク方法やコスメをご紹介!急にマスクを外しても大丈夫!な4つの対策を一緒に見ていきましょう。

マスク対策:崩れないベースメイク

マスクをするとこすれて蒸れるので、メイクを崩してしまいやすい環境になってしまいますよね。そこで欲しいのは、崩れないベースメイクです!

ファンデは厚塗り厳禁!

マスクで崩れないベースメイクに仕上げるためは、ファンデーションは薄くを心がけましょう。厚塗りになるとその分崩れやすくなるので、コンシーラーもできるだけ塗らないようにします。

仕上げにスポンジを使えば、余分なファンデーションを吸いとってくれるので自然と厚塗りになるのを避けられます。

仕上げの一工夫が必要

リキッドファンデーションやクッションファンデーションはツヤっとしたお肌に仕上げられますが、摩擦に弱く、崩れてしまいがち。下地に皮脂崩れ防止下地を使ってもやっぱりマスクのこすれには負けてしまいます。

そこでベースメイクには、仕上げの一工夫が欠かせません。メイク崩れを防止してくれるパウダーや、メイクの密着度を上げてくれるフィックスミストを使ってメイクを仕上げます!そうすることでマスクの湿度や、こすれ、皮脂にも強い崩れないベースメイクの完成です。

イニスフリー ノーセバムミネラル パウダー

イニスフリー ノーセバムミネラル パウダー

イニスフリー
ノーセバムミネラル パウダー

  • 内容量|5g
  • 価 格|750円(税抜)
  • 発売日|-
おすすめ度 ★★★★★

おりはらまいご

仕上げのパウダーとして大人気のイニスフリー、ノーセバムミネラルパウダー!驚くほどサラサラなお肌にカバー。なのに1000円以下のプチプラ!お高いものを使っている方もぜひ1度使って欲しいアイテムです。

クラランス フィックスメイクアップ

クラランス フィックスメイクアップ

クラランス
フィックスメイクアップ

  • 内容量|50mL
  • 価 格|4000円(税抜)
  • 発売日|-
おすすめ度 ★★★★★

おりはらまいご

ツヤ肌のままキープしたい!というときにはフィックスミストがオススメ。クラランスのフィックスメイクアップはその驚きのキープ力美容系YouTuberも絶賛しています!

マスク対策:落ちないリップをセレクト

ベースメイク以上に困るのがリップメイクだったりします。どうしてもマスクを外さないと食事や水分はとれないですし、そもそもリップを塗らないと血色が悪く見えて…と悩みの種に。そこでマスクの摩擦に強い、落ちないリップを選びます。

摩擦に強いリップを選ぶ!

マスクをしていても外で食事を摂る以上、やっぱり落ちないリップを選びたいもの!最近ではティント仕様のリップも多いですが、朝塗ってそのまま1日過ごせるものだと便利です。

ロムアンド ジューシーラスティングティント

ロムアンド ジューシーラスティングティント

ロムアンド
ジューシーラスティングティント

  • 内容量|5.5g
  • 価 格|1200円(税抜)
  • 発売日|-
おすすめ度 ★★★★★

おりはらまいご

ジューシーにツヤっぽく仕上がるロムアンドのリップ。本当に落ちないリップ!と今大人気です。カラー展開も豊富なので好みの1本が見つかるはず。

オイルティントならリップケアもできる

せっかくリップを塗るならケアもしたい!という方にオススメなのがオイルティント。唇に血色感も与えてくれて、さらに上質なオイルで唇をケアしてくれます。ティントなのでマスクでこすれてもほんのり色味を保ったまま。持ち歩くために小さいサイズ感のものが理想です。

ディオール アディクトリップ グロウオイル

ディオール アディクトリップ グロウオイル

ディオール
アディクトリップ グロウオイル

  • 内容量|-
  • 価 格|4180円(税抜)
  • 発売日|2020年1月1日
おすすめ度 ★★★★★

おりはらまいご

ナチュラルな色味で人気のディオール、アディクトリップグロウオイル!保湿ケアもバッチリでうるつやな唇に。ころんとしたサイズ感も持ち歩きに便利。

マスク対策:前髪はスッキリ見せる

マスクをしているとついつい暗い印象になりがち。うつむいて仕事をしていると声が掛けにくい…かも!?そんなときには前髪をスッキリさせると解決します。

束感のあるシースルーバング

マスクと相性が良い前髪なのがシースルーバング。少し前からトレンド前髪のひとつでしたが、マスクでお顔の半分が覆われていても目元や眉毛がはっきり見えるので、お顔を明るくスッキリと見せる効果があります。

ピンを使えば仕上がりが変わる

伸ばしかけの前髪だったりすると、シースルーバングができないこともありますよね。そんなときにはピンを使いましょう。前髪を上下にわけ、上部分をねじりながらサイドに留めます。下部分の前髪をコテなどで整えれば、なんちゃってシースルーバングの完成です。

マスク対策:目元にメリハリを!

マスクを日常的にするようになってから、「以前のメイクだとぼんやりする」と実感している方も多いのでは。メイクもマスクに合わせてアップデートしていきましょう!

あえて“しっかりメイク”をする

マスクをするとお顔を半分が隠れてしまいます。そこであえて、目元をしっかりメイクします。眉はパウダーで柔らかさを出しつつも、しっかり色味をのせ、アイシャドウは発色の良いものを選びます。あえて「しっかりメイク」にすることで、マスクで印象をぼやけさせず、メリハリ感を出すことができます。

チークは高めの位置に

チークはお肌に血色感を与え、お顔を明るい印象に見せてくれる大事なコスメのひとつ。マスクで隠しちゃうなんてもったいない!チークはいつもより高めの位置にON。マスクから見える位置に入れると、明るくフレッシュな雰囲気に仕上がります。

おわりに

今回はマスクを外してもOKなメイクやコスメ、テクニックをご紹介しました。以前のメイクのままだとぼんやりして暗い印象になってしまうこともあるので、マスクと合わせたメイク方法をぜひ試してみてくださいね!

おりはらまいご
24歳/2人の男の子のママです。内側からの美容法や食養生などの勉強をしながらライター活動をしています。コスメやセルフジェルネイルも大好きです。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう