整形級!ダブルラインでハーフ顔を手に入れよう!

ハーフの女性のイメージ
話題のダブルラインメイク。整形やアイプチなしで目力アップが図れると、オシャレ女子の間で大きな注目を浴びています。一方で、従来のベーシックなアイメイク法とは異なるため、いくつかのツボは押さえておかなければなりません。
そこで今回は、ダブルラインメイクのハウツーを基本から徹底レクチャー。気になっていた方は、この機会にぜひチェックしてみてくださいね!

そもそもダブルラインメイクとは?

彫りの深い目元になりたい。憧れの幅広二重になってみたい。女性なら、一度はこのような想いを抱いたことがあるのではないでしょうか。そんな切実な願望を身近なコスメでかなえてくれるのが、今回のダブルラインメイクです。
ダブルラインメイクとは、まぶたに二重風の線を描き、理想通りの目元を形づくるというメイク法。二重の人はより陰影感が増し、今っぽいハーフ顔に近づけます。さらに一重・奥二重の人も、本当の二重になったかのような瞳に見せることができるのです。
目の錯覚をうまく生かしたテクニックなので、メイク後は整形並みに大変身!少しの技ですぐにイメチェンできるのが、人気を集めている理由です。

二重さんはダブルラインをこうつくる!

では早速、実際のメイク手順を見てみましょう。
二重さんがダブルラインメイクをするときは、すでにある二重の線をベースにしてメイクを進めます。あまり濃くするとケバい印象になってしまうので、あくまでもニュアンスを加えるような気持ちで施していくのがポイント!

淡カラーで下地を整える

ベージュや薄いブラウンなど、肌色に近いアイシャドウをアイホール全体に広げます。こうして下地をしっかり整えることで、後から描くラインもすっと溶け込むような仕上がりに。塗り広げるときは、指の腹を使って色を乗せるのもオススメです。

アイシャドウでラインを描く

アイホールで使ったものよりも濃いめのアイシャドウを、チップまたはブラシに取り、二重のライン上を優しくなぞります。より目を大きく見せたいときは、元の二重ラインの0.5~1㎜上に描いても良いでしょう。いずれも、ラインの太さは1~2㎜ほどに抑えます。アイシャドウカラーもブラウン系やグレー系など、リアルな影に似た色味をセレクトしてくださいね。

ぼかして自然に仕上げる

ダブルラインが引けたら、綿棒を使ってふんわりとなじませていきます。このときラインの上側を広くぼかすようにすると、描いた線をキープしながら目のくぼみもはっきりと強調され、ナチュラルな奥行きが生まれます。

一重・奥二重さん向けのダブルラインメイク

髪をかきあげながら背中を見せる女性
では次に、一重・奥二重さんのためのメイクプロセスをご紹介します。一重・奥二重さんの場合は、基準となる二重ラインがありませんので、まずは描くラインの位置を決めることからはじめます。くれぐれも不自然にならないように、そして、目を開けたときにもそのラインがはっきりと見えるような場所で設定します。

マットな薄色シャドウをオン

最初は二重さんと同じように、ナチュラルな淡いアイシャドウカラーを上まぶた全体に広げます。
目の腫れぼったさが気になる方は、ラメ入りやパール入りを控え、テカリのないタイプを選びましょう。ラメ入りやパール入りは光をきれいに反射してくれるのですが、その分凹凸感が鮮明になるため、まぶたの厚みがより立体的に見えてしまうのです。

アイライナーでラインを描く

次に、位置を定めた上でダブルラインを描いていきます。位置は好みの場所で問題ありませんが、ラインが悪目立ちしないところに。描きたいラインをイメージできたら、目を開けた状態で、目のフレームと平行になるように曲線を引いていきます。
その際に使うのは、滑らかな描き心地のペンシルアイライナー。ダークブラウンや薄づきのグレイッシュブラウンなど、肌とのコントラストがつき過ぎない色を選びます。

違和感がないようにぼかす

最後に描いたダブルラインをなじませます。先ほどのペンシルアイライナーと似た色のアイシャドウカラーをチップに取り、少しずつぼかしていきましょう。二重さんと同じく、ダブルラインの上側を眉骨に向かって伸ばすのが失敗しにくい方法です。
さらに自然に見せるため、フェイスパウダーやハイライターをひとはけ。多少ラメやパールが入っているとダブルラインを程よく曖昧にでき、境目もカモフラージュできますよ。

おわりに

いかがでしたか?ちょっとしたコツで誰でも洋風顔になれるダブルライン。メリハリのある顔立ちを手に入れたい方はもちろん、最近メイクがマンネリ化してきたという方も、ぜひ一度、トライしてみてくださいね!

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう