太眉?細眉?はやりに流されない自分にあう眉毛の作り方

太眉?細眉?はやりに流されない自分にあう眉毛の作り方

顔の印象をがらりと変えることができるメイク。特に眉毛は顔全体の印象を決める大事な部分でもありますよね。流行の移り変わりも激しく、正直「もうついていけない!」と思っている人も少なくないはず。
今回は、もう流行に流されない自分に合う眉毛の作り方についてご紹介します。

自分に似合う眉毛は顔の形で判断する!

自分に似合う眉毛を判断する基準、それは顔の形です。顔の形に合わせて眉毛を整えてあげるだけで、小顔に見えたり雰囲気をコントロールできます。

はやりの眉は少しだけ取り入れるのが正解です。自分の顔の形と相談しながら、「いつもよりも少し太くしてみる」という風に、少しずつ変化をつけて楽しむのがおすすめ。顔の形別に、最適な眉の形を見てみましょう。

童顔で幼い印象が強い丸顔さん

丸顔さん

顔の縦の長さ(眉から口まで)と横幅(口元付近)の長さが同じくらい、童顔で幼い印象の丸顔さん。そんな丸顔さんにはふっくらとした丸い輪郭を生かしたアーチ眉がピッタリです。

統一感を出すためにはアーチ眉をチョイス

アーチ眉

丸顔さんは顔全体が丸く、きりっとした眉や平行に太い眉だとちぐはぐな印象を与えてしまう原因にもなります。同じく丸い形であるアーチ眉は統一感を出してくれます。

大人っぽくしたいなら眉尻を長めに仕上げる

眉尻を長め

丸顔さんには幼く見られるのが悩みという人も多いですよね。眉で大人っぽさを出すならアーチ眉の眉尻を少しシャープにして、長めに書いてみてください。華やかさも引き立つ大人な雰囲気になれます。

面長さんは横を意識した平行眉

顔の横幅(口元付近)よりも縦幅(眉から口まで)の長さのほうが長く、大人っぽい印象の面長さん。日本で一番多い顔のタイプです。面長さんにぴったりの眉を見てみましょう。

日本でもっとも多いタイプの面長さん

一番多い面長さん

そんな面長さんには横意識の平行眉がバランスがとりやすくおすすめです。

ポイントは眉頭と眉尻をそろえること

眉頭と眉尻をそろえる

平行眉は角度をつけたりしてしまうと縦幅が強調され、より面長に見えることも。眉頭と眉尻をそろえるように平行眉にするとバランスがとれるようになります。

ふんわりぼかして優しさUP

ふんわりぼかす

「平行眉にするとなんか違和感…」という方は眉頭をふんわりとぼかしてみてください。優しくナチュラルな雰囲気にすることができます。

スマートな三角形さんはちょっぴりアーチな平行眉

顔の横幅(口元付近)と縦幅(眉から口まで)が同じくらいであごが細くシュッとしている三角形さん。スマートで都会的な印象です。スマートな三角形さんには、どんな眉が似合うのでしょうか。

スマートで都会的な三角形さん

スマートで都会的な三角形さん

三角形さんは、ふんわり平行眉に眉尻にアーチをプラスすることで、優しく見せることができます。

ふんわり平行眉プラスゆるやかアーチ

ゆるやか平行眉

シュッとシャープな印象の三角形さんは、ふんわりぼかした平行眉に眉尻をゆるやかなアーチ眉にすると全体のバランスがとりやすくなります。

しっかりしたベース型さんは眉尻を下げた真っすぐなふんわり眉

眉から口までの顔の縦幅よりも、口元付近までの横幅のほうが長く、あごが平たくしっかりとしたえらがあるベース型さんは行動的な印象で頼りになるイメージ。ベース型さんに最適な眉毛はどんな形でしょうか。

行動的な印象で頼りになるベース型さん

行動的で頼りになるベース型さん

そんなベース型さんは眉尻を下げ気味の直線ふんわり眉にすると、すっきり見せることができます。

真っすぐに、でもふんわり書く!

直線でふんわりかく

ポイントはふんわり書くこと。あまり強調しすぎない眉がベース型さんにはピッタリです。さらに眉尻は短めにシュッと下に下がるようにさせると小顔効果も期待できます!

おわりに

毎日のメイクの中でも、眉は悩むことが多い部分だと思います。そんな眉を模索するときの参考になれたらうれしいです。ぜひ自分に合う眉でメイクを楽しんでください。

おりはらまいご
24歳/2人の男の子のママです。内側からの美容法や食養生などの勉強をしながらライター活動をしています。コスメやセルフジェルネイルも大好きです。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう