忙しい朝の時間も楽々!短い時間で化粧ノリアップテク

メイクする女性

1分でも長く寝ていたい朝。寝坊して慌ててスキンケア&メイクをしたせいか、メイクのノリがいまいち…という経験はありませんか?朝のメイクの仕上がり悪いと肌はくすんでメイク崩れも早くなってしまうもの。ここで忙しい朝でも簡単にできる化粧をアップさせるテクニックを紹介していきます。

朝のスキンケアを見直す

化粧水をつけたあと、すぐに乳液を重ねていませんか?スキンケアアイテムを浸透させずにどんどん重ねていくと肌の上で混ざりあってしまい、ファンデーションのヨレ、ムラにつながります。化粧ノリがいい状態とは、ファンデーションがぴったり密着している肌のこと。まずは、そのためのスキンケアをマスターしましょう。

化粧水と乳液はそれぞれ2分で浸透させる

まず、洗顔後、まだ肌に水分が残っている状態で化粧水をつけます。その後、2分放置して化粧水を肌に浸透させましょう。続いて、乳液を塗ってさらに2分。その後、下地効果のある日焼け止め入りの乳液などをつけて2分待ってからファンデーションをのせる…というふうに、それぞれのスキンケアアイテムが浸透する時間を置くのが化粧のノリと持ちをよくするポイントです。

「忙しい朝にそんなに待ってられない!」という方もいるかもしれませんね。でも、化粧水をつける→コーヒーを入れる→乳液をつける→ホットカーラーを巻くというように、それぞれのプロセスの間に朝の準備を組み込めば、あっという間。遠回りのようですが、時間の節約&化粧ノリアップを実現できるのがこの方法です。

寝坊用の多機能アイテムを用意しておく

寝坊してしまって最短の時間で家を出なければならない!というときのために、1つのアイテムでいくつかの役割を持つ多機能アイテムを用意しておきましょう。
化粧水から下地までの効果をカバーしてくれるオールインワンアイテムなら、洗顔後ひと塗りするだけでファンデーションまで最速でたどり着けます。同じように下地とファンデーションの役割を果たしつつ、カバー力もあるBBクリームも忙しい朝のためにひとつ用意しておくと便利です。

2分でできる!化粧のノリアップのテクニック

ピースしている女性
血行不良や古い角質が残っていることによるザラつきも化粧ノリを悪くする原因。こうしたトラブルを2分で解消できる方法を覚えておきましょう!

蒸しタオルで血行改善と古い角質を除去

ハンドタオルを濡(ぬ)らしてビニール袋に入れて電子レンジで1分加熱。適度に冷ましたら洗顔後の肌の上にのせます。肌が温まったら、さっと顔をふき取り、すぐに化粧水をつけます。〘血行が改善されて、顔色がパッと明るくなりむくみも軽減、顔をふき取ることで、古い角質も除去できる〙のでつるっとした肌に。ただし、ゴシゴシこすらないよう注意してくださいね。

顔の産毛処理はできるだけ夜に

顔の産毛も化粧のノリを悪くする原因のひとつ。特に生理前などは産毛が濃くなることもあるので気になりますよね。電気シェーバーなら忙しい朝でも産毛処理が簡単にできます。とはいえ、電気シェーバーを使うと肌が乾燥してバリアー機能の一時的な低下にもつながることに。外出後、すぐに紫外線を浴びることも考えると肌を刺激する産毛の処理は夜行うほうが無難です。

時短ベースメイクお役立ちアイテムを紹介

化粧品
最後に朝でもファンデーションがぴたっと密着して、キメの細かい肌に仕上げてくれるベースメイクアイテムを紹介します。

使ってみたら意外によかった!化粧ノリをよくするアイテム

皆さんは化粧下地を使っていますか?筆者は化粧水の後、直接日焼け止めを塗ってファンデーションをのせていました。たまたまサンプルでもらったイエロー系の下地を使ってみたところ、目の周りの色ムラと頰の目立つ毛穴が解消し、リキッドファンデーションがピタッ!と密着するのを実感しました。

下地を選ぶときは肌色に合ったものを見つけるようにしましょう。血色の悪い人はピンク系、くすみが気になる人はイエロー系がおすすめです。

また、下地は日焼け止めの後に使用するのがポイント。日焼け止め効果のある下地ならひとつで済みますが、顔全体に塗らなければならず、白浮きしがち。日焼け止めを塗ってから、気になる部分のみに下地を使うのがベストです。

ファンデーションのスポンジやパフは清潔に

汚れたスポンジを使うのは清潔な肌に昨日の肌の汚れをのせるようなもの。面倒でもスポンジやパフなど肌に直接触れるものは毎日、清潔なものを用意しましょう。

スポンジはドラッグストアや100均でも使用感のいいものがあるので試してみては。また、いくつも用意するのが難しいフェイスパウダーに使うパフは、コットンを2枚に引き裂いたものを代わりに使うのもおすすめ。これならプチプラで用意できて使い捨てもOKです!

おわりに

いかがでしたか?忙しい朝でも、お手入れのプロセスやアイテムを工夫することで、化粧のノリをアップさせることは可能です。ピタッと肌に密着したメイクなら、くすみや崩れ知らずでメイク直しの回数も減らすことにもつながるので一石二鳥ですよ!

清水まき
ヨーロッパ在住歴アリの美容オタク。ドラックストアのコスメから美容皮膚科のコスメまでなんでもトライしなければ気がすまない性格。20代のころからアンチエイジング&美白の鬼と呼ばれていただけあって30代後半になってもシミ・シワはほとんどありません!