整形級!だけどバレにくい涙袋メイクのコツを伝授します!

整形級!だけどバレにくい涙袋メイクのコツを伝授します!

最近話題の「涙袋メイク」。その名のとおり涙袋を強調するメイクのことですが、「具体的なやり方はまだ知らない…」という方も多いはず。
今回は、基本のやり方やより美しく仕上げるコツなど、涙袋メイクの基本からみっちりレクチャーしていきます!

涙袋メイクで誰でも魅力的な目元に!

笑うとぷっくり膨らむ涙袋。大きな涙袋は目元を愛らしく見せ、笑顔もより明るい印象にしてくれます。とは言っても、誰もが大きな涙袋を生まれつき持っているわけではありません。「だったらメイクでつくろう!」というのが、涙袋メイクです。

準備するのは身近なアイテムでOK

準備するのは身近なアイテムでOK

涙袋メイクの基本的なやり方は、アイライナーやアイブロウで涙袋の下のくぼみを描く、または、アイシャドウなどで涙袋の膨らみを強調するという方法です。専用のコスメも登場していますが、手持ちのメイクアイテムだけでも十分対応可能。まずは身近なアイテムでやってみて、完成度を高めたくなったら専用のコスメにも挑戦してみましょう!

涙袋メイクにはうれしい効果がいっぱい!

涙袋メイクにはうれしい効果がいっぱい!
涙袋メイクがもたらす効果は、目元がキュートに見えるということだけではありません。目の縦幅もグッと広がったように見え、うれしいデカ目効果が期待できます。また、必然的に目の下の余白が埋まるのもメリット。目の下の余白が小さくなると小顔な印象を与え、顔全体のバランスもよく見せられます。

涙袋メイクを引き立てるベースメイクとは?

涙袋メイクをきれいに仕上げるには下準備も大切。ベースメイクの段階で、下まぶたのくすみやクマを、ベースメイクで目立たなくしておきましょう!

最初にくすみやクマをしっかりカバー

くすみやクマをしっかりカバー

カバー力のある化粧下地やファンデーションを活用しつつ、ヒビ割れしないよう薄づき感を意識することがポイント。下まぶたが粉っぽいと涙袋メイクが映えないため、パウダー系のアイテムを使う場合は重ね塗りを控えるのがベターです。

コントロールカラーで目元を明るく

コントロールカラーで目元を明るく
化粧下地やファンデーションに頼るのではなく、コントロールカラーを部分的に使うという方法も。くすみにはイエロー、くまにはオレンジのコントロールカラーがおすすめです。
さらに目元をすっきり見せたいなら、コンシーラーを目の下の三角ゾーンにオン。色は肌よりワントーン明るいものを、テクスチャーは乾燥しにくい柔らかめのものを選びましょう!

アイライナーを使った涙袋メイクのやり方

まずトライしてほしいのが、ブラウン系のペンシルアイライナーを使った涙袋メイク。そのポイントを見てみましょう。

涙袋の影を薄っすら描くイメージで

涙袋の影を薄っすら描くイメージで
ブラウン系のペンシルアイライナーを使った涙袋メイクは、薄っすら影をつけるように、涙袋の下のくぼみを描いていく方法です。
ペンシルタイプのアイライナーはぼかしやすくて修正も簡単なので、ブレてもすぐにやり直せます。手元にアイライナーがないときは、ブラウン系のアイブロウペンシルで代用を!

【具体的なメイク手順】

  1. 涙袋の位置を確認する。
  2. 涙袋の下にあるくぼみの中央部分、約2cmをアイライナーで優しくなぞる。
  3. 指、または綿棒で軽くこすってなじませる。

どうしてもリキッドタイプのアイライナー or アイブロウを使いたい場合は、描いた後にぼかせるよう、速乾タイプではないものを選びましょう。

キラキラアイライナーで印象的に!

キラキラアイライナーで印象的に!
イベントメイクやパーティーメイクで使うようなラメたっぷりのアイライナーを使えば、目元が一気に華やかになります。涙袋の最も膨らんだ部分にサッと引くだけで光が目元に集まり、キラキラとしたゴージャスな涙袋メイクが楽しめます。

アイブロウを使った涙袋メイクのやり方

次にご紹介するのは、アイブロウパウダーを使った涙袋メイクの方法。ちょっとしたことでグッときれいに見えます。

アイブロウパウダーで自然な影をふんわりと

アイブロウパウダーで自然な影をふんわりと
次にご紹介するのは、アイブロウパウダーを使った涙袋メイクの方法。色はアイライナーのときと同様、暗めのブラウン系を選びます。

【具体的なメイク手順】

  1. 幅の狭い平ブラシ、またはアングルカットブラシにアイブロウパウダーをとる。
  2. 涙袋の位置を確認し、その下にあるくぼみをブラシの先でササッとなぞる。
  3. 指、または綿棒で軽くこすってなじませる。

くぼみをきれいになぞるには、ブラシの毛の硬さが大きなポイントに。あまり柔らかすぎるとブレるため、できるだけコシと弾力のあるものを使うようにしましょう。

パウダーの量を先にしっかり調節

>パウダーの量を先にしっかり調節
色が暗いぶん、パウダーを乗せすぎると茶色いクマのようになってしまうので要注意。粉っぽい下まぶたは老け見えの原因にもなります。少しでも取りすぎたなと思ったら、ブラシの先で余分な粉を落とすか、ティッシュや手の甲でそっとオフして調節します。

アイシャドウを使った涙袋メイクのやり方

ラインを描くのが苦手だったり、どうしても不自然に仕上がってしまうなら、アイシャドウを使った涙袋メイクに挑戦してみましょう。

明るい色のアイシャドウで立体的に

明るい色のアイシャドウで立体的に
アイシャドウを使った涙袋メイクは、ホワイト系やベージュ系など、白っぽく明るい色のアイシャドウで、涙袋の膨らみを強調していきます。

【具体的なメイク手順】

  1. 涙袋の位置を確認する。
  2. アイシャドウチップにアイシャドウを取り、涙袋の膨らみにふんわり乗せる。
  3. 立体感が出るよう、さらに2回~3回ほど重ね塗りする。

涙袋からアイシャドウがはみ出さないように、アイシャドウチップはできるだけ先端が細いものを選びましょう。色がきれいに乗らないときは、アイシャドウベースをあらかじめなじませておくことで乗せやすくなります。

アイシャドウの色を少し変えてみる

アイシャドウの色を少し変えてみる
アイシャドウの色によって、涙袋メイクの仕上がりイメージは変わってきます。淡めのピンク系なら甘くガーリーな雰囲気に。優しい発色のイエロー系であれば、親近感のあるカジュアルな印象にチェンジ!ブルー系は涼しげな目元を演出してくれるので、真夏のカラーメイクにもピッタリです。

代わりにハイライターを使ってみよう!

ハイライターを使ってみよう!
アイシャドウの代わりにハイライターを使うという方法もあります。ホワイト系のハイライターは目元をすっきり明るく、イエロー系のハイライターはまなざしを優しい印象に見せます。
デートやイベントなど、特別な日はラメ入りタイプで華やかさをプラス。大粒のゴールドラメでリッチにきめてもいいし、細かいパールラメで上品にまとめるのもすてきです。

涙袋メイクで気をつけたいことは?

涙袋メイクの注意点
ここまでご紹介したとおり、涙袋メイクにはさまざまなやり方があります。どれも簡単ではありますが、共通している注意点がひとつ。
それは、「不自然に強調しすぎない」こと。くぼみを濃く描きすぎたり、アイシャドウを乗せすぎたりすると、下まぶただけが悪目立ちし、不自然なメイクになってしまいます。あくまでもナチュラルに涙袋が強調されるよう、ソフトな力加減でメイクしてみてくださいね!

涙袋メイクが引き立つアイメイク術

涙袋メイクが引き立つアイメイク術
マスカラの塗り方やアイライナーの引き方など、普段のアイメイクにもひと工夫加えて、涙袋メイクをより魅力的に引き立たせてみましょう!
まずはマスカラ。下まつ毛にもしっかり塗ると、下まぶたに視線が集まり、涙袋の存在感がさらに強まります。ダマになると逆効果なので、たっぷり塗るのは根本だけにして、毛先は軽めに仕上げましょう。
目元をくっきりさせるアイライナーは、上まぶただけでなく黒目の下部分にも引きます。こうすることで黒目が大きく見え、クリッとした印象深い目元に。涙袋メイクとの相乗効果で、より愛くるしい瞳に変身できます。

おわりに

トレンドに敏感な女性から取り入れている涙袋メイク。ちょっとしたコツさえ押さえれば、初心者さんでもナチュラルに仕上がります。みなさんもぜひこの機会にトライしてみてくださいね!
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう