ウィンター(冬)タイプの人に似合うアイシャドウの選び方

アイシャドウの写真

どのアイシャドウをつけても、何だかいつもパッとしない…。そう感じているウィンタータイプの方、もしかたら、ついつい無難な色を選んでしまっているからかも知れません。だからと言って、むやみに派手な色にすればよいわけではありません。
そこで今回は、ウィンタータイプの目元にばっちり映える、アイシャドウカラーの選び方について徹底レクチャー。ぜひチェックして、引力のあるまなざしをゲットしてくださいね!

ウィンタータイプについておさらい

最初に、似合うアイシャドウカラーを知るためにも、この季節グループの特徴を改めて確認しておきましょう。一言にウィンタータイプといってもさまざま。共通点として、次のような特徴が挙げられます。

  • 肌色は青味が強く(ブルーベース)、ほとんど黄味が感じられない。
  • 地毛の色はダークブラウン、または深いブラックである。
  • 瞳は漆黒で、白目と黒目の対比がはっきりしている。

このような特性が見られるウィンタータイプには、個性的で華やかな雰囲気の人が多いという傾向があります。似合う色も、その存在感に負けない、コントラストの強いカラーがふさわしいと言えるでしょう。

他のシーズンタイプとの明確な違い

そもそもこのウィンタータイプとは、フォーシーズン(四季)分類という似合うカラーを見つけるための色分け基準によって定義されたもの。他にもスプリンター(春)とサマー(夏)、オータム(秋)の3つの季節グループがあり、肌や目などのボディカラーによってどの季節グループに当てはまるかが決まります。
明るくて朗らかな色が似合うスプリングタイプ、ペール調の爽快な色が似合うサマータイプ、温かみのある褐色系が似合うオータムタイプ。そしてこれらのタイプのうち、くっきりとしたヴィヴィッドカラーを最も得意とするのが、ウィンタータイプの人たちなのです。

アイシャドウは黄味のないカラーをチョイス

まず覚えておきたいのは、ブルーベースのウィンタータイプには、黄味を帯びた色はマッチしないということ。
青がベースのスキンカラーとなるので、黄味を乗せると調和がとれず、色バランスがちぐはぐになってしまいます。澄んだ肌色を生かすためにも、青味の感じられる寒色系がおすすめです。
加えて、濁りのある色やぼやけたような色味も避けた方が良いでしょう。そのような色は一件使いやすいように見えますが、ウィンタータイプには少し物足りない印象のメイクになってしまいます。

視線がモードにキマるグレーが一押し

ウィンタータイプは、特にブラック系がとてもよく似合う人たち。そのため、グレー系も黄味のない色合いであれば、薄いものから濃いものまで上手につけこなすことができるはずです。その強みを生かして、いろんなグレー系アイシャドウを積極的に使うのが良いですね。

色を満喫したい場合はクールなブルー系!

先ほども述べたように、ウィンタータイプの澄んだ肌色には涼しげな寒色系もマッチします。パッと目を惹くカラーアイで変化をつけたいときは、アイシーブルーやパープルなどを選んでみてください。
シャープさがよりいっそう引き立って、キャリア風メイクに仕上がります。

ブラウン系アイシャドウはよく吟味して

茶色はアイカラ―の定番色ではありますが、黄味を帯びているものが多いため、ウィンタータイプにとっては注意が必要です。温かみのあるテラコッタなどを塗ると、目元だけが不自然に浮いて見えることも。
明るさを抑えたチョコレートブラウンのような色味をセレクトするのが正解です。

アイシャドウなどのコスメの写真

ラメできらめきをプラスしてみよう

さらに華やかな目元を演出するには、メタリックなアイシャドウを活用するのが効果的。特にウィンタータイプには、ゴールド系より鋭く光るシルバー系がマッチします。
上品で控えめなメイクが求められる場面では、パール系のラメがぴったり。その白っぽい輝きは、ウィンタータイプの肌に、よりいっそうの透明感を与えてくれるでしょう。

おわりに

いかがでしたか?納得のいくアイシャドウがなかなか見つからないというウィンタータイプの方は、選んでいるいつもの色が落ち着き過ぎているのかも知れません。
ぜひこの機会に、普段とは違う色味にトライして、目元をドラマティックに彩ってみましょう。

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう