違いを知って使い分けよう!ルースパウダーとプレストパウダーの特徴と選び方

ファンデーションを塗る女性

ベースメイクのパウダーにはルースパウダーとプレストパウダーがありますが、どのような点で違いがあるのかを知っていますか?
今回はルースパウダーとプレストパウダーの違いと、それぞれの特徴をご紹介します。

ルースパウダーとプレストパウダーは何が違う?

ルースパウダーとプレストパウダー

ルースパウダーとプレストパウダーは、どちらもメイクの仕上げに使うパウダーであり、一番の違いは形状です。ルースパウダーはサラサラとした粉状、プレストパウダーは押し固められた状態で使うアイテムです。

プレストパウダーのほうがカバー力が高い

テクスチャが異なるので使いかたも違うルースパウダーとプレストパウダーですが、ルースパウダーよりもプレストパウダーの方がカバー力が高いという特徴があります。

ルースパウダーの特徴と選び方

ルースパウダーの特徴

ルースパウダーは粉体のアイテムで、主に化粧の仕上げに使います。ファンデーションの上から重ねることで、化粧くずれを防ぎ化粧もちをよくしてくれる効果があり、仕上がりも柔らかい印象になります。
大きめのブラシで重ねるなど、柔らかいパフに含ませて抑えるように使うことで、より効果的な仕上がりが期待できます。

粒子の細かいものがおすすめ

化粧もちをよくする以外にも、つけることでハイライト効果も期待できるので、ルースパウダーはなるべく粒子の細かいものがいでしょう。パウダーなので、ファンデーションでせっかくつや感を出してもそのつやが薄れてしまう可能性があります。つや感を残したまま使いたい場合にはルースパウダーの選び方に気を付けましょう。
また、ルースパウダーにはラメやパールが入っているものもあります。オフィスメイクとして使うなら、過度なラメやパール入りのものは避けた方が良いでしょう。

プレストパウダーの特徴と選び方

プレストパウダーの特徴

プレストパウダーはパウダーファンデーションに近く、ルースパウダーよりもカバー力が高く、テカリや毛穴のカバーには、ルースパウダーよりもプレストパウダーが向いています。
カラーもベージュ系が多く、化粧下地の上からファンデーションの様に使えるアイテムも多いです。プレストパウダーでカバー力が必要ない場合には、ホワイト系のプレストパウダーがおすすめ。

ブレストパウダーはお色直しにも役に立つ

プレストパウダーはファンデーションを重ねるよりもくずれにくく、メイク部分もしっかりカバーできるので、メイク直しのアイテムとしても人気があります。メイク直しにはベージュ系のプレストパウダーが最適です。
パープル系やホワイト系のプレストパウダーは、肌に透明感をプラスしたり、くすみを飛ばしたりする効果が期待できるので、仕上げに使うことで顔色をワントーンアップさせて、透明感あふれる肌にすることが期待できます。

おわりに

一見すると同じ様に思えるパウダーも役割や仕上がりが異なります。同じパウダーでもカラーによって効果も違うので、目的や好みに合わせて使い分けてみてください。

おりはらまいご
24歳/2人の男の子のママです。内側からの美容法や食養生などの勉強をしながらライター活動をしています。コスメやセルフジェルネイルも大好きです。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう