艶っぽい素肌感を演出!生肌メイクのやり方

艶っぽい素肌感を演出!生肌メイクのやり方
最近よく聞く生肌メイク。「ちょっと興味はあるけれど、やり方がイマイチわからない…。」そこで今回は押さえておきたい基本のポイントから具体的なステップまで、生肌メイクのHowToについて徹底レクチャーします!まだ試したことのない人は、ぜひチェックしてみてください。

そもそも生肌メイクってどんなもの?

お風呂上がりの肌を目指す生肌メイク

生肌メイクとは
お風呂から上がったばかりのような、モチモチしっとりの蒸気肌。そんな肌感をメイクで上手に表現するのが、今注目の生肌メイクです。生肌と言われるように、いかにメイクしてない風に見せられるかが最大のポイントです。コスメの選び方や使い方に気を付けて、透明感のあるもっちり肌を目指しましょう。

生肌メイクでこれをやるのはNG!

生肌メイクのNG
素の感じが重要な生肌メイクではファンデーションを厚塗りするのはもちろん、目元をコテコテに盛るのもNG。マスカラやアイライナーを使うのはいいけれど、くれぐれも濃いイメージにならないように注意しましょう!アイシャドウも肌なじみのいい色にして、自然な陰影をつくってください。

生肌メイクのつくりかた

まずはしっかり保湿することからスタート

しっかり保湿
生肌メイクの基礎となるプルンと弾むようなうるみ肌。そんな肌の質感を出すためには、スキンケアをしっかりしなければいけません。洗顔後は化粧水でたっぷりと潤いを与え、お肌をプニプニな状態にしましょう。最後は乳液やクリーム、美容液などでフタをして乾燥からきっちりお肌を守ります。カサつきが特に気になるときはオイルを使うのも効果的です。

ベースメイクはあくまでもナチュラルに

ベースメイクはナチュラル
最初に取り掛かるのはベースメイクですが、素肌っぽさを出すためには厚く重ねて塗り込むのは厳禁。ファンデーションはカバー力の高いマットなものよりも、薄づきで伸びのいいリキッドファンデーションを選びましょう。しっとりと仕上がるクッションファンデーションもおすすめです。どうしてもパウダーファンデーションを使いたいときは、軽さのあるルースタイプを選んでみてください。

コンシーラーは気になる部分だけ

コンシーラー
シミやくすみが目立つ箇所には、コンシーラーをオン。柔らかいテクスチャーのものを選び、ファンデーションとしっかりなじませます。広範囲に広げると厚塗りになってしまうので気になる部分だけにポンポンとのせるようにしましょう。

ハイライターで肌トーンをアップ

ハイライター
肌トーンを上げたいときには、目の下の三角ゾーンやCゾーン、鼻筋やあご先など、顔の高い部分にはハイライターをふんわりとのせましょう。顔に光を集めることで肌の透明感がアップして、表情も晴れやかに見せてくれます。パウダータイプでもいいけれどよりツヤっぽさを出すなら、スティックタイプやクリームタイプを使うのが正解です。大きなラメ入りは避け、シマーがほんのり効いたものを選んでください。

生肌メイクをつくるときのポイント

リップ&チークで血色感を演出して

リップ&チーク
生肌メイクに欠かせない血色感。チークとリップを使って、ふわっと赤みをのせていきます。ヘルシーに見えるようベージュやブラウンではなくピンク、またはレッドなど顔色がイキイキと映えるカラーをセレクトしましょう。ピンク寄りのオレンジにすればキュートな印象に仕上がります。

色だけでなくテクスチャーにもこだわろう

テクスチャー
チークは肌のしっとり感をキープできるクリームタイプがベースとなりますが、みずみずしくフレッシュなイメージにしたい人は、ウォータリーチークもおすすめです。リップはマットでくっきり発色するものよりも、シアーでほんのり色づくタイプがマッチします。ルージュならクリーミーでとろけるようなテクスチャーを選びましょう。仕上げにグロスを塗ってジューシーな口元にするのも素敵です!

おわりに

ナチュラルで健康的な色っぽさを醸せる生肌メイク。ヌケ感たっぷりの今どきフェイスになれるのも、このメイクの魅力です。ぜひこの機会にトライして、みんながウットリするような魅惑のモチ肌レディに変身しましょう!

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.
error: コンテンツは保護されています!