バランスがカギを握る!眼鏡女子におすすめのメイクポイント

バランスがカギを握る!眼鏡女子におすすめのメイクポイント
普段から眼鏡をかけることが多いなら、眼鏡に合わせたメイク方法をするだけであなたの魅力がもっと引き立つはずです!
今回はフレームやレンズの種類ごとに、押さえておきたいメイクのポイントをご紹介します。

眼鏡女子が抑えるべきメイクポイント!フレーム編

眼鏡のフレーム編
眼鏡のフレームの太さや形によって、変えるべきメイクのポイントをご紹介します。

眼鏡のフレームあり太めの場合

フレームがある場合

フレームがしっかりしている分、アイブロウは薄めに

しっかりとフレームのある眼鏡の場合、それだけで目元の印象がはっきりしています。そのためフレームの上にくるアイブロウは薄めに描きましょう。
ブラウンのアイブロウパウダーやペンシルを使用して、やわらかい印象になるよう心がけます。眉山にも角度をつけすぎないようにしましょう!

派手色アイシャドウはNG!締め色も幅をとりすぎないように

フレームがある眼鏡の場合アイシャドウを派手な色にしてしまうと、目元の印象が強くなりすぎてきつい印象を与えてしまいがちです。そのため選ぶ色はベージュやブラウン、シアーなピンクなどがいいでしょう。
締め色を使用する場合は、まつ毛の生え際をなぞるようにして幅をとりすぎないようにしましょう。

眼鏡のフレームなしの場合

フレームがない場合

アイブロウはしっかりと!印象をぼやけさせないこと

フレームがない眼鏡の場合は、アイブロウをしっかりつくることで顔全体がはっきりして引き締まった印象になります。ダークブラウンかブラックのアイブロウでしっかりと描いていきましょう。
眉を描き足す場合は上側ではなく、眉の下を埋めることで自然な太眉ができあがります。

アイシャドウは締め色の幅をしっかりとって

フレームのない眼鏡でも、選ぶアイシャドウの色はシアーで派手になりすぎないものがおすすめです。その代わり、締め色に使うアイシャドウは二重幅あたりまでしっかりのせましょう。目元が引き締まることでメイクのバランスがよくなります。

アイブロウのアーチはフレームに合わせて

アイブロウの眉山の角度や長さは眼鏡のフレームに合わせることでバランスがよくなります。
フレームが四角形に近い場合は黒目の外側よりも2㎜程度横の位置に眉山をつくり、フレームが丸形に近い場合は黒目の外側の真上に眉山をつくりましょう。
眉を描く際は鏡から顔を離し、顔全体とフレームとのバランスを見ながら描きましょう!

レンズの種類で変化をつけるメイク方法

眼鏡の種類別メイク方法
近視や遠視用のレンズでは目元の見え方が異なります。レンズに合わせたメイク方法を知っておくといいでしょう!

近視さんは目をタテに大きく見せて

縦に大きい目
目が小さく見える近視レンズの場合、目をタテにまんまるく見せるメイクを心がけましょう!
アイシャドウの締め色はしっかり幅をとるようにしましょう。シンプルなカラーでグラデーションをつくるのもおすすめです。

遠視さんはシャープな目元を目指そう

シャープな目
目が大きく見えてしまう遠視レンズの場合、アイシャドウでの協調はせずにアイライナーでシャープな印象を与えるのがおすすめです。目尻の角度に合わせて流すか、跳ね上げ気味に描くのもいいでしょう。

ノーズパット部分は油分を抑えるメイクを意識

ノーズパットの油分がない
眼鏡女子共通の悩みといえば、ノーズパット部分のメイク。
長時間眼鏡をのせていると、その部分だけファンデーションがとれてメイクが崩れてしまいますよね。そんなときは、ノーズパット部分の油分をなるべく抑えるメイクを意識しましょう。

化粧下地は練りタイプの皮脂吸着パウダーを使用し、油分を含むファンデーションよりはスティックタイプのコンシーラーでベースをつくりましょう。余分な皮脂を吸着させるために、ルースパウダーを使用するのも忘れないようにしましょう!

おわりに

フレームの太さや形によってメイクを変えることで、バランスのいいメイクが簡単に完成します。ぜひ挑戦してみてください。

元百貨店美容部員。スキンケアを重視した国内ブランドに勤務していたため、ニキビやアトピーなどの敏感肌のお客様に多くアドバイスを行ってまいりました。現在ではライターとして肌を健康に美しく保つ方法についてお伝えしております。趣味は旅行とおいしいお酒を飲むこと。一眼レフでの写真撮影にもはまっています♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.
error: コンテンツは保護されています!