間違えないで!オレンジチークの正しい塗り方

間違えないで!オレンジチークの正しい塗り方
頬を明るく染めるオレンジチーク。確かにおしゃれな色ではあるけれど、使い方を間違えると今ひとつあか抜けない印象に…。
今回は、オレンジチークの塗り方を徹底レクチャー。正しく使うことでできるあか抜けた塗り方を、基本からしっかりお教えします!

顔色を健康的に見せるオレンジチーク!

ヘルシーメイクにうってつけの色

ヘルシーメイクに最適な色

ピンクにレッド、ローズなど、チークにはさまざまな色があります。その中でもひときわ元気な印象を与えられるのが「オレンジ」です。顔色を健康的に見せ、表情もグッと若々しいイメージに。
オレンジチークがあれば、すっぴん風メイクも日焼けしたような小麦肌メイクも簡単。色味が自然なので、どんなメイクでもヘルシーかつナチュラルに仕上げることができます。

オレンジチークは肌にすっと溶け込む

肌なじみの良さが魅力

比較的肌なじみがよいのも、オレンジチークの大きな特徴。黄味寄りの色なので、日本人に多いイエローベースの肌にはよくマッチします。
「ピンク系やレッド系のチークはどうしても浮いてしまう…」という方は、この機会に一度トライしてみましょう!

オレンジチークはここにご注意!

子供っぽく見えない工夫を

子どもっぽく見えない工夫をする

オレンジチークは塗り方を間違えると、そのカジュアルで元気な印象が裏目に出て、メイクが子供っぽく見えてしまうことも…。塗り方のコツをきちんと押さえて、幼い印象を与えないように気をつけましょう!

メイク全体のバランスも考えよう

メイク全体のバランスを考える

かっこいいモードめのメイクや色っぽいエレガントなメイクに、オレンジチークは似合いません。オレンジチークが浮かないように、メイク全体のバランスを考えることも重要です。また、目元や口元と色のトーンをそろえることも大切です。オレンジは温かみのある暖色なので、ブルー系をはじめとする寒色のアイシャドウや、青味の強いリップは避けておきましょう。
よりまとまり感のあるメイクを目指すなら、チークとリップは同じ色にしましょう。頬にも唇にも使えるコスメを使うことで、テクニック要らずで統一感のあるメイクが完成します。

失敗しにくいオレンジチークの使い方

乗せる場所と入れ方を確認しよう

のせる場所を確認

オレンジチークを使う上で特に大切なのが、色を乗せる場所。頬の真ん中に乗せてしまうと、子供じみた仕上がりになってしまいます。ポイントは、「斜めの方向」を意識すること。こめかみの少し手前から頬骨に向かって、斜め方向にスッと入れると、シャープで大人っぽい雰囲気をキープできます。

乗せたあとはぼかすのを忘れずに!

のせたあとにはぼかす

オレンジチークを頬に乗せたら、その輪郭はしっかりぼかしましょう。ぼってり色ついたままだと、不自然なだけでなく、メイク自体がどこかやぼったいイメージに…。肌とチークの境界線がなくなるまで丁寧になじませることで、ニュアンスのある立体的な頬に仕上がります。

オレンジのパウダリーチークを使う場合

パウダリーチークを使うとき

オレンジのパウダリーチークを使うときは、下記の手順に沿ってメイクしてみましょう!

パウダリーチークの使い方

  1. 用意するのは 太めのブラシ。色がふんわり乗るので、そのあとのぼかし作業が簡単になります
  2. チークをブラシにとったら、柄の部分をトントンとたたき、余分な粉をオフ
  3. こめかみ付近から頬骨まで、斜め方向にブラシを滑らせます。ブラシの先は押さえつけず、軽いタッチで
  4. 何もついていないブレンディングブラシで輪郭をぼかして、肌にしっかりなじめば完成

オレンジのクリームチークを使う場合

クリームチークを使う

しっとりとしたツヤ肌メイクにはクリームタイプがおすすめです。指の腹を上手に使って、ニュアンシーな頬を目指しましょう。

クリームチークの使い方

  1. チークを中指の腹にとります。たっぷりついてしまったらそのままにせず、手の甲でぬぐいます
  2. 頬骨からこめかみの手前にかけて、指にとったチークをポンポンポンと3点に分けて置きます
  3. そのまま指の腹で軽くたたきながらなじませます。ムラにならずきれいなグラデーションになっているかをチェックして完成

オレンジのウォータリーチークを使う場合

ウォータリーチークを使う

トレンドのウォータリーチークは、そのみずみずしい質感が魅力。すっぴん風メイクにぴったりです。

オレンジのウォータリーチーク使い方

  1. ボトルの縁で、筆についた余分な液をオフ
  2. クリームチークのときと同様、頬骨からこめかみの手前にかけて、ポンポンポンと3点に分けて色をオン
  3. 指の腹で軽くたたきながたなじませていきます。ウォータリーチークは乾きが早いので、色を置いてからなじませるまではできるだけスピーディーに。指を汚したくないなら、ファンデーション用の角スポンジを使うのもアリ
  4. 輪郭をしっかりぼかし、チークが固まっている部分がないかを確認して完成

オレンジチークは色選び方も大切です!

自分に似合うオレンジを見つけることから

自分に似合う色を見つける

オレンジチークを使いこなすためには、塗り方だけでなく色の選び方も重要。自分の肌色を改めてチェックして、しっくりくるベストな色味を選びましょう。肌に乗せると見た目と違う発色をすることもあるので、テスターで十分に試し塗りするのがおすすめです。

クリーンなオレンジでフレッシュに!

クリーンなオレンジでフレッシュに

選ぶオレンジのトーンによって、メイクの印象も変わってきます。くすみ感のないクリーンな色であれば、よりアクティブで明るいイメージに変身。さらにシアーなタイプなら、素肌感を残したピュアなメイクに仕上がります。

ブラウン寄りのオレンジで落ち着いた印象に

ブラウンよりで落ちついた印象

少し暗めのブラウンがかったオレンジチークは、ふとした横顔に陰影感をプラス。きちんと感が欲しいオフィスメイクにもぴったりです。「ブラウン系のチークは使いやすいけど肌映えしない…」という方は、ブラウン寄りのオレンジで、ほんのり色づいた落ち着きのあるチークメイクにトライしてみましょう!

オレンジチークで大人なメイクに挑戦

実はシックなメイクにも使える!

シックなメイクにも使える

ハツラツとしたイメージのオレンジチークですが、使い方次第ではシックなメイクにも対応できます。ポイントは、目元や口元を秋らしいカラーで統一すること。
アイシャドウはカーキやボルドーなど、秋の自然を連想させるような色を、リップはチークと同じオレンジか、深みのあるブラウンを選びましょう。目元も口元も秋らしい色にすることで、まとまりのあるシックなメイクに仕上げることができます。

ゴールドのハイライトでリッチ感を

ハイライトでリッチ感を

オレンジチークを乗せたあとに、ゴールドのハイライトを柔らかく広げると、頬にリッチなツヤ感を出すことができます。シルバーではなく、オレンジとなじみのいいゴールドを選ぶのがポイント!顔を動かすたびに光がきれいに反射するので、骨格にメリハリも生まれます。

混ぜて自分だけのチークカラーをつくろう

自分だけのチークカラーをつくろう

「手元にお気に入りのオレンジチークがあるけど、色が明る過ぎて大人なメイクには似合わないな…。」そんなときは他のチークと混ぜて色味を調節してみましょう。ブラウン系を混ぜればトーンが暗くなり、ベージュ系を混ぜれば発色が控えめになります。ベージュ系のチークは、ファンデーションやコンシーラーでも代用できます。
また、「混ぜる」のではなく「重ねる」という方法も。先に落ち着いた色のチークを塗ることで、あとから重ねるオレンジチークの存在感を抑えることができます。

おわりに

健康的な印象がかなうオレンジチークは、使い方のコツさえ抑えれば、ナチュラルでこなれ感のあるメイクが完成します。今回の内容を参考にして、いつものメイクをチークからブラッシュアップしてみましょう!

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう