平行眉が似合う人の特徴とメイク方法

並行眉の人の顔のイメージ

芸能人や海外セレブ、モデル界で活躍している人たちをお手本にまねて挑戦するメイク。平行眉もトレンドとしてまだまだ人気がありますが、この平行眉、全ての人に似合うメイクではありません。
今回は、平行眉が似合う人や、並行眉を取り入れたメイク方法についてご紹介します。

平行眉が似合う人の特徴とは?

並行眉を描いているイメージ

平行眉の「平行」。このワードが示していたのは、眉毛と目の2つのパーツが平行であることでした。ただ、いくら「平行」といっても、目の形に注目すべき点があります。それはたれ目やつり目でないということ。たれ目やつり目ではなく、地面に対して比較的「平行」な目をしている場合には、何の問題もなく、すぐに平行眉で眉メイクを取り入れることができます。

たれ目やつり目でもちょっとしたテクニックで並行眉を楽しめる

では、たれ目やつり目の場合には平行眉を取り入れたメイクを楽しむことは難しいのでしょうか?そんなことはありません。ちょっとしたメイク術を使えば、たれ目やつり目であっても平行眉を取り入れたメイクが楽しめます。これについては後ほど「平行眉を取り入れたメイク方法のコツ」の中でご紹介します。

平行眉を作る前のポイント

平行眉の前のポイント

平行眉が似合う人の特徴がわかったところで、実際に平行眉を作ってみましょう。まずは、自眉毛を整えることからはじめます。
眉毛を整えるときには、眉の黄金比を参考に、眉尻は小鼻と目尻の延長上に取ります。ベースとなる自眉毛を黄金比で整えることで、その後の眉メイクが楽になります。

眉毛の黄金比にそろえる

眉毛1つ描き方を変えただけで、周りの人に与える印象って随分と変わるもの。眉頭は小鼻と目頭の延長上に置いて、気持ち目頭よりも内側で、小鼻のふくらみの延長上に書き、眉山は眉全体の3分の2くらいの位置に作り、眉頭と眉尻が平行になるようにします。

平行眉メイクのコツ

平行眉メイクのコツ

ベースとなる自分の眉毛を眉毛の黄金比をもとにして整えたら、平行眉を描いてみましょう。ポイントは2つ。眉毛の上下の一部分に、アイブローパウダーで眉毛をプラスするだけ。
眉毛の眉頭から眉毛中心近くまでと、眉毛の下真ん中くらいから眉尻までパウダーを足していくことで、直線的イメージのあるスッとした平行眉になります。

たれ目やつり目はアイメイクで一工夫

たれ目もつり目も問題点は目にあるので、アイメイクでちょっと工夫をしてあげるだけで解決できます。目と眉のラインが同じくらいの角度にで、地面に対して平行に近いと、平行眉にしたときに自然な仕上がりになります。
使うものはアイライナーやアイペンシル、色の濃い目のアイシャドウです。

つり目の場合

たれ目を作ってあげれば解決します。そこでアイラインやアイシャドウを使って、目尻3㎜手前のところから黒目のフレームを埋めてたれ目メイクをしましょう。

たれ目の場合

目尻が下がっているのでアイラインでカバーします。目尻を跳ね上げてラインを引いてネコ目のようなつり目を作りましょう。

おわりに

平行眉が似合う人の特徴さえわかれば、つり目であってもたれ目であっても平行眉を取り入れたメイクを思う存分楽しめます。
基本となる自分の眉毛を整えてから、平行眉を使ったメイクで新しい自分を発見してみませんか?

唯恋
美意識が高く、常に「美」を追求しています。ただし極力お金をかけずに、自分でできるだけの努力をするのが私のポリシーです。「美」を追い求めて日常生活を改善していくと、3ヶ月を過ぎた頃から肌や身体に何かしらの変化が現れてくるので、チャレンジしていて楽しいな…と感じます。「美」に関する分野でこれまでにリサーチしたことや、実際に試してみたことなど、自身の経験も踏まえて色々と発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう