どうにかしたい!つり目さんにおすすめのアイメイク術

つり目の女性

つり目の人にとっては目の形は悩みの種。普段のアイメイクにちょっとだけ工夫を凝らせば、その悩みも解消されます。
今回はつり目に悩むあなたのために、つり目解消のアイメイクの秘密をお伝えします。

つり目の人が周りに与えている印象とは

つり目のアイメイク術

いい印象とよくない印象のどちらも持ち合わせているのがつり目の人。顔のパーツの中でも、目元はその人の顔の印象を左右するといえるでしょう。「目は口程にものをいう」ということわざがあるように、目が人に与える印象は大きいもの。
人に与える印象を左右するつり目ですが、ちょっとしたつり目くらいならメイクでカバーできてしまいます。

つり目はメイク術でカバーできる

つり目顔の人がアイメイクをするときには、アイラインをたれ目風、猫目風に入れることと、温かみの感じられる色味のアイシャドウを使うのがきつい印象を和らげるために効果的です。

アイラインの引き方

つり目をカバーするアイメイク

まずはビューラーでまつ毛をカールさせて、カールさせたまつ毛を少し持ち上げるようにして、下からまつ毛とまつ毛の間を埋めるようにラインを引いていきます。このときはアイライナーを立てて使うのがポイント。扱いやすいジェルタイプかペンシルタイプがおすすめです。リキッドタイプを使う場合にはにじまないように注意してください。
目の中央から目尻にかけてラインと引きます。目尻を跳ね上げないように、下向きのラインを描き足すことで、たれ目気味な印象になります。下まぶたは目尻から黒目の下辺りまで、目のきわに沿うようにして引き、濃い目のアイシャドウをチップに取ってラインをぼかします。

吊りあがり気味の目尻をメイクで解消するのがポイント

つり目さんは目尻が上がり気味なので、これをアイラインで解消するのが、たれ目風になれるアイメイクのポイントです。

アイシャドウの使い方

つり目をカバーするメイク術

アイシャドウを使うときにはベースにゴールドかシャンパンカラーを置き、暖色系カラーを使ってグラデーションを作ります。そしてアイラインでたれ目風、猫目風に仕上げれば、クールでキツい印象ではなく、ホッとするような目もと美人になれます。

温かみのある色でキツい印象を和らげる

つり目の人にピッタリなアイシャドウといえば、温かみの感じられるブラウン系やボルドー系が特におすすめ。ピンクやオレンジ系もキツイ目の印象を和らげてくれる効果が期待できます。キツイ印象を強調しがちになるブルーやパープル、グリーンなどの寒色系カラーの使用はできる限り控えたほうがいいですね。

おわりに

つり目をカバーするアイメイク術をマスターしてしまえば、長年コンプレックスだった「目」に関する悩みが一気に解消されます。
これまでのメイクを止めて、つり目をカバーするアイメイク術を取り入れると、自分自身の気持ちも前向きになり、それが周りにも伝わり、いいことが巡ってくるようになりますよ。
メイク術でぜひ幸せになってくださいね。

唯恋
美意識が高く、常に「美」を追求しています。ただし極力お金をかけずに、自分でできるだけの努力をするのが私のポリシーです。「美」を追い求めて日常生活を改善していくと、3ヶ月を過ぎた頃から肌や身体に何かしらの変化が現れてくるので、チャレンジしていて楽しいな…と感じます。「美」に関する分野でこれまでにリサーチしたことや、実際に試してみたことなど、自身の経験も踏まえて色々と発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう