もうカラコンには頼らない!裸眼でもかわいく見えるメイクのコツ

裸眼でも可愛いメイク

黒目部分を大きく見せるカラコンを愛用している人は少なくありませんが、コンタクトである以上、使いつづけていると目に負担がかかります。カラコンなしでかわいいメイクをする方法はないのでしょうか。
今回は、カラコンなしでも目元のかわいさを演出するためのメイクテクニックをご紹介します。

カラコンなしメイクのメリット

裸眼のメイク方法

当たり前ですが、カラコンを止めることはコンタクトを止めることにつながり、目の潤いをキープしやすくなるので、充血や炎症など、コンタクト由来の目のトラブルを防ぎやすくなります。
また、時代やトレンドを問わず、ナチュラルな雰囲気は万人に好かれる傾向があります。カラコンなしメイクで、本来のナチュラルな魅力を演出できるようになります。

手間と費用が節約できる

長期保存タイプのコンタクトは洗浄・保存が欠かせず、ワンデータイプなら経済的な負担は無視できません。コンタクトを使わなくなると寝るときに外す手間もなくなり、費用も手間も減らすことができます。

かわいく見せるメイク方法:アイライン

かわいく見せるメイク方法:アイライン

黒目の部分を少し太めにアイライナーを引くと、黒目を大きく見せられます。欲張って多めに引いてしまうと不自然に見えてしまうので要注意。
目尻のラインをキュッとあげるキャットアイラインも良いですが、やや長めに引いて目そのものをワイドに見せると、カラコンなしで目を大きく見せるのには効果的です。

目頭にちょこんとアイライナーを

ちょっとした裏技ですが、アイラインを目頭に少しだけ書き足すと目尻ラインと目頭ラインが広くなり、より目が大きく見えます。目頭の場合はペンシルよりリキッドアイライナーの方がラインを描きやすいですよ。

かわいく見せるメイク方法:アイシャドウ

かわいく見せるメイク方法:アイシャドウ

アイシャドウは濃いめが目が大きく見えると感じがちですが、濃いめの色には引き締め効果があるため、濃ければ濃いほど目が小さく見えてしまいます。自然に見える薄めのカラーを使ってみましょう。

薄めのアイシャドウがおすすめ!

アイシャドウは薄めカラーがおすすめですが、ナチュラルに見せるならパールやラメ感が少なめのものもOK。より目力をアップさせたいときは、二重幅に濃いブラウン系カラーをのせると、ブラックのカラーをのせるよりも自然に見えます。

かわいく見えるアイシャドウメイク

  1. まずは筆で薄いベージュ系カラーをアイホール・涙袋全体に塗る
  2. 濃いカラー(ブラウンやボルドーなど)を細い筆やチップで目尻に小さく「く」の字に入れて完了!

アイライナーにブラックを使うときには、グラデーションカラーのように見えて一層自然な仕上がりになります。

かわいく見せるメイク方法:マスカラ・アイブロウ

かわいく見せるメイク方法:マスカラ・アイブロウ

まつげビューラーでカールした後、ファイバー入りのマスカラ下地を使って、まつげにボリュームと長さをプラスしておきましょう。マスカラは下地の上にサッと塗るだけでOK。より目を大きく見せる場合は、黒目の上部分と目尻部分を重ね付けしてみましょう。
これだけで何度もマスカラを塗る必要がなくなるだけではなく、メイクの仕上がりも見違えるように違い、目そのものもより大きく見えるようになります。

アイブロウは太めの方がデカ目効果あり!

アイブロウは細めよりも少し太めの方が、目まわりの面積を大きく見せることができて、眉頭部分は他の部分よりもやや薄めにすると、より自然な仕上がりになります。

裸眼メイクでのアイブロウの描き方

  1. 眉毛を1本ずつ描くようにペンシルで太さを足す(眉毛そのものの形が細すぎるときは、上下にペンシルで肉付けする)
  2. 形が整ったら、パウダータイプのアイブロウで眉をなぞり、ブラシでぼかして完成

アイブロウのカラーは髪色よりもワントーン程度明るいものを使用するとよりふんわりとした仕上がりになります。

おわりに

裸眼でもかわいらしさを演出できるメイク方法をご紹介しました。カラコンが目に合わない方や、裸眼でナチュラル感を演出したい!という方のご参考になりましたら幸いです。
ぜひ、ナチュラル感あふれる裸眼メイクを楽しんでみてくださいね!

モチヅキアヤノ
美肌づくりと海外旅行が大好きなフリーライター。
普段は、おもにパックやオイル、お肌に優しい食材やお茶を使ったスキンケア方法でトラブルレスな肌づくりを実践しています。
旅_先では現地のコスメや美容トレンドをサーチしたり、現地のローカルフードを楽しむのが大好き!最近はコスメを身近なものでDIYするのにはまり中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう