5つのコツで上品な女性になれちゃう!コンサバメイクのコツを教えちゃいます

コンサバメイクのコツを教えちゃいます

メイクは印象やイメージを手軽に変える方法です。TPOに合わせたり、好みやなりたいイメージに合わせて変えたりするのも楽しいですよね。
今回は、大人なイメージでフォーマルな場面にも大活躍な「コンサバメイク」を紹介しちゃいましょう。

オフィスメイクにもOK!コンサバメイクって?

コンサバメイクとは、上品で濃すぎず、きちんと感のあるメイクのこと。落ち着いた印象を与えることから、オフィスメイクにもフォーマルメイクとしても対応できる、一番スタンダードなメイクです。
コスメはアイテムごとにたくさんのカラーがあり、それを選ぶのも組み合わせるのも楽しみの1つですが、コンサバメイクでは、少し抑えめな控えめカラーを中心に、華やかさのカギであるリップは肌に合わせて、色味の強くないものを選びます。

リップは優しめカラー

やさしめカラーを選ぶ

ピンクベージュ、ブラウンレッドなどはこだわりカラーとしておすすめ。リップクリームでうるおいをプラスすると手を抜かない印象になります。

チークは薄く楕円に描くのが正解

チークはうすく楕円に塗る

チークも同じく肌に合わせた優しいカラーを選びます。子供っぽい印象になるパキっとしたピンクなどは避けて、ピンクベージュやコーラルなどを選びます。
チークは楕円に入れるとシュッとした輪郭に見えて、大人っぽさもグッとアップするので、コンサバメイクにもピッタリです。

細かめな上品ラメをセレクト

細かめラメを選ぶ

ラメは立体感やメイクのアクセントにもなるので、コンサバメイクでも活用したいアイテム。
細かいラメがツヤっと見えるアイシャドウがコンサバメイク向き。色味もブラウンなど、シックな印象のものがおすすめ。反対に、流行のザクザクとした大きめラメは、コンサバメイクにはあまり向かないので、使い分けが違和感のないコンサバメイクのコツです。

コンサバメイクのコツ:リップはこだわって華やかに

コンサバメイクでは自分に似合うカラーをセレクトするのがポイント。ワンポイントでリップにこだわると、華やかに仕上がります。

リップは顔色を明るくする色を選ぶ

リップは明るめカラーを選ぶ

リップは明るい印象を持たせてくれるメイクの花形。コンサバメイクでもカラーや質感にこだわることで「きちんと感」をプラスできます。コンサバメイクで選びたいリップは、顔色をパッと明るく見せてくれるカラーのものを、肌色に合わせて選びます。

シアーなリップは保湿はしっかりと

シアーなリップは保湿をしっかり

コンサバメイクで活躍してくれるラメのないシアーなリップ。カラーを最大限生かせる大人っぽいリップは、乾燥しやすいのがデメリット。
滑らかできれいな唇を維持するためには、コンサバメイクではこまめな保湿が欠かせません。カラーリップのあとにリップクリームをすることで、カラーが浮かずにきれいに保湿できるので、ぜひ試してみてくださいね。

おわりに

仕事やフォーマルな場面に限らず、遊ぶときのメイクにも使えるコンサバメイク。いつもと違った雰囲気に挑戦したいときにもおすすめなので、ポイントを押さえて挑戦してみてください。

おりはらまいご
24歳/2人の男の子のママです。内側からの美容法や食養生などの勉強をしながらライター活動をしています。コスメやセルフジェルネイルも大好きです。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう