はやりの青みグロスをつかって大人かわいい女性を演出しよう!

はやりの青みグロスをつかって大人かわいい女性を演出しよう!

少し前からはやっているブルーグロスは、青みラメにクリアブルーな仕上がりで見た目もキュートで気分が上がるコスメですよね。でもそんなブルーグロスを使いこなせていない人も多いのではないでしょうか。
今回は、ブルーグロスを大人かわいく楽しむために役立つアイデアを見てみましょう。

ブルーグロスのメリットって?

ブルーグロスは一本持っているだけで簡単に青みをプラスできるのが魅力です。シーン別にブルーグロスの使い方を見てみましょう。

手持ちのリップにプラスできる

手持ちのリップにプラス

リップは見た目もかわいく、ブランドによっても微妙にカラーが違ったりすることもあり、際限なく集めてしまうアイテムの1つ。
そんな手持ちのリップにブルーグロスをプラス。慣れて味気なく感じてしまっていたリップカラーでも、青みがプラスされることでいつもと違った色味を見せてくれます。

透明感UP!

透明感UP!

ブルーグロスは透明感を演出してくれるアイテム。透明感はお肌をきれいに見せてくれたり独特の雰囲気を醸し出したりと、さまざまな効果が期待できます。
また、ほんのりと青みがプラスされるので、イエローベースさんももちろんでも使いやすいのがポイントです。

キラキラなラメをプラス!

ラメをプラス!

「このリップ、もう少しラメ感がほしいな…」と思うときこそ、ブルーグロスの出番です。青みラメが上品にキラキラして、とても手軽にアレンジできます。

そのまま使うのもOKなブルーグロス

重ねて使うイメージのあるブルーグロスは、ナチュラルメイクにも使えるので、ブルーグロスを使うとくすみのないきれいなお肌に見せてくれます。

透明感のある天然美人な唇に

透明感ある唇に

ほんのりとナチュラルメイクをしたときには、リップカラーはつけずにブルーグロスだけを塗ることで、はかなげで透明感のある唇になります。

カラーは唇の内側に重ねる

カラーは唇の内側に

ナチュラルメイクにリップカラーを入れるなら、唇の中心や内側のみに入れるのがおすすめ。ブルーグロスをぼかすように重ねて塗ることで、ナチュラルさを失わずにかわいい唇にすることができます。

ブルーグロスを大人っぽく楽しむなら

さまざまなシーンで役立つブルーグロスですが、大人っぽく楽しむなら赤リップに乗せるのが一番。大人っぽく楽しむためのアイデアをご紹介します。

赤リップもカラーが優しくなる

赤リップも優しくなる

青は黄色を打ち消してくれるカラー。ちょっとパキッと発色しすぎて大人っぽいファッションにはちぐはぐ…。頻繁には使えないかも?なんて感じるような赤リップにブルーグロスを使うと優しいカラーに大変身!

上品なラメをプラス

上品なラメをプラス

ブルーグロスに含まれる青みがかったラメは、上品で大人っぽい雰囲気にもピッタリ。シアーな赤リップもブルーグロスを足してキラキラうるうるな唇にすることができます。

ブラウンリップ×ブルーグロス

ブラウンリップ×ブルーグロス

赤リップと並んでおすすめできるのがブラウンリップ。日本人女性にはなかなか使いこなしにくいカラーですが、ブルーグロスを重ねることで肌なじみもUP。日常的にも使いやすくなります。

おわりに

そのままでも重ねても楽しいブルーグロス。大人っぽくもかわいらしくも楽しめるので、イメージを手軽に変えられるのもうれしいポイントです。
ぜひみなさんも手持ちのリップを活用してブルーグロスとの組み合わせメイクをしてみてください!

おりはらまいご
24歳/2人の男の子のママです。内側からの美容法や食養生などの勉強をしながらライター活動をしています。コスメやセルフジェルネイルも大好きです。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう