ベース型やえら張り顔の方必見!えらを隠すメイク術

ベース型やえら張り顔の方必見!えらを隠すメイク術

「えらが張っているのがコンプレックスで髪をおろして隠している」「顔がベース型で大きく見えるから、友達と並んで写真を撮るのが憂うつ」と悩んでいませんか?もしかすると、普段のメイクが顔の特徴を強調しているのかもしれません。
今回は、コンプレックスを解消して自信を持てるようにベース型の人のNGメイクや、えらを隠すメイク術を伝授します。

ベース型の特徴

ベース型

ベース型は、おでこが広く、えらが張っているのが特徴。顔のラインが直線的で丸みが少なく、どちらかというと男性っぽく見える顔型です。

トレンドメイクは向いていない?

トレンドメイク

トレンドメイクのやり方を雑誌や動画でマスターしてやっている人もいるのではないでしょうか?、顔型に合っていないトレンドメイクは、コンプレックスの部分を余計に目立たせることも。
ベース型の人が避けた方がいいNGメイクをご紹介します。

短く平行な眉

短く平行な眉毛

眉は、顔の印象を左右する重要なパーツ。ベース型の人が平行で短い眉を描いてしてしまうと、横のラインがより強調されるので、顔が大きく見えて、えらが張っているのが目立ちやすいです。

顔の中心寄りに入れた丸いチーク

丸くチーク

顔の中心寄りに丸いチークを入れると、顔の余白部分が広くなり、四角い輪郭が強調されてしまいます。また、顔の中心寄りにチークを入れると、子供っぽく見えがちです。

横長のハイライト

横長のハイライト

ハイライトは、顔を立体的に見せてくれる役割があるので、ベース型の人が横長にハイライトを入れると、横のラインが強調されて、えらが目立ちやすくなります。

ポイントメイクが鍵!えらを隠すベース型のメイク術

ベース型のメイク術は、エラを隠すポイントメイクがうまくできるかがカギ。パーツ別に書き方のポイントを見てみましょう。

眉の描き方

眉毛の書き方

ベース型の輪郭は、直線的で角張っているので男性的な印象を与えがちです。眉山にカーブをつけて丸みを出し、長く下がりぎみに描くと、女性らしく見えます。細い眉は余白部分が広くなるので、のっぺりとした印象を与えて顔の大きさが強調されるので、眉は太めに描くようにしましょう。
トレンドメイクも自分の顔型に合わせてアレンジすれば、おしゃれも楽しめますよ。

チークの入れ方

チークの入れ方

ベース型の人はチークを入れないと、余白部分が多くなります。えらが目立ちやすくなるので、必ず入れるようにしましょう。
チークの入れ方は、縦のラインが強調されるように、頬骨(きょうこつ)の下あたりから目尻にかけて斜めに楕円を描くように。余白をできるだけ少なくするのがポイントです。

ハイライト&シェーディングの入れ方

ハイライトとシェーディング

ハイライトとシェーディングは、ベース型の人がえらを目立ちにくくするために重要になります。ベース型の人がハイライトを入れるときは、眉間や目頭の下、あごに入れてください。横長に入れると輪郭が強調されてしまうので、必ず縦長に入れましょう。
シェーディングは、髪の生え際に沿って、おでこの中央からこめかみまで、耳の下からえらの部分まで入れましょう。目立つ部分だけ隠したいからと、シェーディングだけを入れると顔色が悪く見えるだけではなく、いかにも隠している感が出てしまうので、ハイライトやチークとセットにして自然に仕上げましょう。

おわりに

「今までコンプレックスを強調するメイクをしていの!?」と気付けた人もいるのではないでしょうか?
どんな顔型の人でも悩みは抱えているもの。あまり深く考えすぎず、自分の顔型に合わせたメイクのコツやNGポイントに注意しながら、コンプレックスを解消しましょう。

ユマム
1児(女の子)を持つママライターです。不器用でヘアアレンジが苦手でしたが、練習を重ねて色んなヘアアレンジを楽しめるまでになりました。美容やおしゃれに興味のある女性と同じ目線に立った情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう