目指せ目元美人!ダマにならないマスカラの上手な塗り方

目指せ目元美人!ダマにならないマスカラの上手な塗り方
マスカラを塗る前と後の顔の印象、随分と変わりウキウキしてきますよね。マスカラは女子の目元の悩みを解消してくれるアイテムの1つです。「でも、どうしてもいつもダマになってうまく塗ることができない」こんなことはありませんか?ダマにならずにマスカラを上手に塗るにはどうしたらいいのかリサーチしました。

どんなイメージになりたい?マスカラの選び方

マスカラの選びかた

ボリュームタイプ

まつ毛が薄く、少ない場合にはこちらのボリューム感の出せるタイプのマスカラを選びます。
油性成分が含まれていて粘度が高く、ファイバー(繊維)の入っているものが多く、1本1本のまつ毛にたくさんつくので、ボリューミーに見えます。

ロングタイプ

フィルムやファイバー(繊維)が入っているマスカラで、特に長さを出したいときに使うと、イメージ通りに仕上げることができます。
1本1本のまつ毛をより長くしたいときに使います。

カールタイプ

まつ毛が下に下がり気味な場合には、カールタイプがオススメ。比較的、速乾性があり、まつ毛の根元から上に向かってカールを持続させます。

下準備が大切!マスカラを塗る前に

マスカラの前の下準備

マスカラのノリをかえるビューラーの使い方

  1. まつ毛の根元をビューラーで挟みます。その状態で3回ほどギュッと握ります。
  2. 次にまつ毛の真ん中辺りを挟み、同じようにカールします。
  3. 最後にまつ毛先端の手前をビューラーで挟み、やんわりと握りカールさせます。

このように3段階に分けてまつ毛をカールさせます。まつ毛の根元は強めにカールさせることで上向きにできますが、先端までカールさせると不自然な印象になるので注意してください。

ビューラーを使うときのポイント

ビューラーでカールを付けるときに強く引っ張りながら挟むと、まつ毛が抜けてしまうことも。カールさせるときは、優しく回数を重ねるのが基本です。

ダマにならないマスカラの上手な塗り方とは?

ダマにならない上手な塗り方

スクリューブラシでマスカラを塗るときには、容器から出したマスカラの液だまりをティッシュで落とします。これがダマになりにくくするためのポイント。
実際にまつ毛に塗るときには、上まつ毛の真ん中から、根元から毛先まで左右に揺らしながら塗り、目頭→目尻の順に塗っていきますが、ブラシの先端部を使って塗るのがポイントです。下まつ毛はマスカラの先端で放射線状に1本1本丁寧に塗っていきます。真ん中を重ね塗りするとボリューム感が、目尻を重ね塗りすると横幅感が出せるのでお好みでどうぞ。

もしダマになってしまった場合

マスカラを塗っていてダマになってしまった場合には、乾く前にコームでとかすことで解決できます。ダマにならないように塗るには、多くつけ過ぎないことと劣化したものを使わないことです。
また、過剰な油分がまつ毛についていることでマスカラがにじんでくることがあります。マスカラをつける前にまつ毛をキレイにし、フェイスパウダーを目の下につけ、サラサラの状態にすることも仕上がり感を美しくするためには必要不可欠です。

おわりに

いつものメイクアイテムに欠かすことのできない魅力的な目元に仕上げてくれるマスカラ。ビューラーでアップしたまつ毛にマスカラ下地を塗ってから、マスカラを塗るとよりキレイに長持ちさせることができます。
この記事を参考にして、ダマにならない塗り方をマスターし日々のメイクを楽しんでくださいね。

唯恋
美意識が高く、常に「美」を追求しています。ただし極力お金をかけずに、自分でできるだけの努力をするのが私のポリシーです。「美」を追い求めて日常生活を改善していくと、3ヶ月を過ぎた頃から肌や身体に何かしらの変化が現れてくるので、チャレンジしていて楽しいな…と感じます。「美」に関する分野でこれまでにリサーチしたことや、実際に試してみたことなど、自身の経験も踏まえて色々と発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう