イエローベースの人に似合うメイクのポイントは?

口紅を塗っている人

肌色というのは顔の中でも大きな面積を占めているので、似合うカラーやメイクを左右するポイント。肌色は大きくイエローベースとブルーベースに分けられますが、自分の肌色や、肌色に合わせたメイクのコツを知っていますか?
今回は、イエローベースの人に似合うメイクをみていきましょう。

お肌のベースカラー「イエローベース」とは?

イエローベース

イエローベースとは黄みがかった肌色であり、比較的健康的な肌色で、日焼けしたときに肌が小麦色に焼ける人などは、イエローベースの傾向があります。イエローベースの肌の人は、髪の毛が茶色がかっていたり、瞳の色が茶色かったりしているのが特徴です。

イエローベースに似合うメイクは?

イエローベースの人は肌色として黄色がベースになっているので「オレンジ」「コーラル」など、黄みの強い色が似合います。チークやリップでも肌なじみの良いこれらのカラーを選ぶと、肌色に似合うメイクに仕上がります。
また、アイシャドウなどのポイントメイクに使うアイテムなら、ライトブラウンやカーキ、ゴールドといった主張の強い色がよく映えます。

ポイント別!イエローベースのメイクの特徴

イエローベースの人に似合うメイクのポイントは?

イエローベースに似合うメイクのポイントは、「ヘルシー」な印象を意識することです。イエローベースのメイクをするときのポイントをアイテム別に見てみましょう。

肌と調和する色を選びたいリップ

リップにはコーラルやオレンジ、アプリコットなどが似合うカラーになります。もし青み系のピンクやレッドなどを使いたいというときには「マット」なものよりもグロスの様な「透明感」のあるリップの方がおすすめ。
イエローベースのメイクでは、あまりリップの色を強調せずに、肌と調和するようなカラーを選んでつけるのがポイントです。

健康的な血色を意識したいチーク

イエローベースの人の似合うチークカラーは、リップと同様にコーラルやオレンジ、アプリコットなどの黄みよりのカラーを選びましょう。内側からにじむような血色感が出したいときには、パウダーチークよりもクリームチークのほうがきれいに発色します。
チークを選ぶときには、大人っぽい印象やかわいらしい印象よりも「健康的な血色感」を意識するのがポイントです。

濃いめのカラーでも似合うアイシャドウ

イエローベースのアイシャドウは、濃いめのカラーでもよく似合います。なじみやすい黄みよりのカラーはもちろん、少しラメ感やぬれ感があるものもオススメです。
目元にメリハリをつけたいときにはアイラインをブラックにしたり、陰影をしっかりつけることで、目元にインパクトのあるメイクに仕上がります。

色黒とは違うイエローベース

色白

一口にベースカラーといっても、実際の肌色は人によって千差万別であり、ひとくくりにはできません。ブルーベースでも色黒に近いものや、イエローベースでも色白など、よく言われるイエローベース = 色黒というのは間違いと言えます。

正しいベースカラーは判定が必要

ベースカラーは目の色や髪の色などを総合的に判断して決まるので、本当のベースカラーを知りたいなら、コスメカウンターなどで美容部員さんにチェックしてもらうのが簡単・確実です。

おわりに

イエローベースは健康的な印象を与えるベースカラーであり、コーラルやオレンジなどの黄みよりのカラーを使えば、ヘルシーな大人のメイクを作ることができます。
ブルーベースとイエローベースにはそれぞれの違いがあるので、その違いを踏まえたメイクを実践することが大切です。

misia(みーしゃ)
美容ライターmisiaと申します。大手化粧品メーカーで美容部員を経験し、日本化粧品検定1級・2級の知識を活かしてをwebを中心に活動しております。新作コスメやメイク方法、美容など幅広い分野の執筆が得意です。有益な情報提供ができるよう心がけております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう