ツヤの出し方知ってる?ツヤ感をプラスする方法はこれだ!

ツヤの出し方知ってる?ツヤ感をプラスする方法はこれだ!

見た目年齢にも影響する肌のツヤ感。「メイクで上手につくれればいいけれど、具体的なやり方が分からない!」という方は多いハズ。
そこで今回は、肌に健康的なツヤ感をプラスする、簡単なメイク方法をレクチャーします!

ツヤ感があれば肌はもっとキレイに見える!

見た目年齢も若く見せる“ツヤ感ベースメイク”

見た目年齢も若く見せる“ツヤ感ベースメイク”
「どんなメイクをしてもいまいちパッとしない…」「何だか最近顔が老けて見える…」そんな女性におすすめなのが、“ツヤ感”を意識したベースメイク。自然なツヤをメイクでつくり出すことで肌がキレイに見え、透明感もアップしたような印象に!フレッシュなイメージを与えて、見た目年齢も若く見せることができます。
ベースメイクで肌を美しく演出できれば、目元や口元のメイクも映えるので、いつものポイントメイクも今っぽく仕上がり、抜け感もバッチリ。このように、肌のツヤ感を意識するだけで、メイク全体の完成度がグッと高められるのです!

肌をただオイリーにするのは間違い!

肌をただオイリーにするのは間違い!
「ツヤ」と聞くと、油分を肌に乗せるようなイメージをしてしまうかも知れませんが、実はこれはNG。適度な油分は必要ですが、それだけではただオイリーな肌に見えてしまうだけ。かなえたいのは、「潤い」によって生まれたような、肌の内側にたっぷりと潤いが蓄えられていそうな、みずみずしいツヤです。メイクの各ステップに少しの工夫を加えれば、そんな「潤いからくるツヤ感」を出すことができます。

【方法1】スキンケアでツヤ感を仕込む

しっかり保湿で肌トーンをアップ

しっかり保湿で肌トーンをアップ
忙しい朝は、ついついスキンケアを適当に済ませてしまいがち。ただここで手を抜くと、メイクのノリが悪くなるのはもちろん、ナチュラルなツヤも出にくくなってしまいます。化粧水の後は、乳液やクリームもきちんとなじませ、保湿をたっぷりしておきましょう!時間に余裕があるなら、化粧水をたっぷり染み込ませたコットンパックもおすすめ。もっちり感が生まれ、肌のトーンも明るくなりますよ!

メイク前には軽くティッシュオフ!

メイク前には軽くティッシュオフ!
スキンケアが一通り終わったら、ティッシュで要らない油分を取っておきます。特に、日中皮脂が分泌されやすいTゾーンの油分オフはしっかりめに!このひと手間でメイクもちがよくなり、美しいツヤ肌メイクが長時間キープできます。

【方法2】下地でツヤ感のもちをよくする

ウォータリータイプでみずみずしい肌表面

ウォータリータイプでみずみずしい肌表面
化粧下地は、伸びのいいウォータリータイプをセレクト!スポンジやビューティーブレンダーで薄く塗り広げ、肌表面にみずみずしい膜をつくっていきます。ただ、ウォータリーな化粧下地はテクスチャーがゆるいため、時間が経つと崩れやすいという側面も…。
少しでも長持ちさせたいなら、Tゾーンなどの油分が多い部分に限って、別の化粧下地を使ってみるのもアリ!皮脂を吸着してくれるタイプをTゾーンのみに使えば、ベタつき感のないツヤ肌が完成します。

乳液やクリームを混ぜてみよう!

乳液やクリームを混ぜてみよう!
化粧下地の伸びが悪いと感じたら、スキンケアで使用した乳液やクリームをブレンド。しっかり混ざるよう、手のひらや甲でしっかり混ぜていきます。あまり多いと油っぽくなってしまうので、様子を見ながら少しずつ混ぜるのがポイントです。

【方法3】ファンデーションでツヤ感をつくる

ファンデーションもウォータリーなものをチョイス

ファンデーションもウォータリーなものをチョイス
ファンデーションも化粧下地と同じように、できるだけウォータリーなものを選びましょう。パウダリータイプはマットに仕上がるので、ツヤ肌メイクにはちょっと不向き。リキッドタイプをチョイスして、プルンとした滑らか肌を目指します。
ひとくちにリキッドタイプと言ってもさまざまですが、選ぶ指標となるのはそのテクスチャー。「こっくり」というより、スルッと肌の上を滑るようなテクスチャーを選ぶのがポイントです。

こんなファンデーションでもOK!

こんなファンデーションでもOK!
リキッドの他に、クリームやクッションタイプのファンデーションを使うのもおすすめです。クリームタイプはリキッドタイプより油分が少し多く感じられるため、乾燥が気になる方にもピッタリ!
最近人気のクッションファンデーションは、付属のスポンジでサッと塗れるお手軽さが魅力。カバー力に優れたものも増えているので、肌質や好みに合ったチョイスを!

BBクリームやCCクリームを活用

BBクリームやCCクリームを活用
簡単に肌の補正ができるBBクリームを使うという方法もあります。化粧下地が要らないタイプなら、時間がない朝もチャチャッとツヤ肌メイクが完了!
すっぴん風メイクがお好きな方は、薄づきなCCクリームが一押し。保湿に優れたものが多く、冷暖房による乾燥を防ぎたいときにもうってつけのアイテムです。

【方法4】ハイライトでツヤ感を乗せる

ハイライトはクリーミーに伸びるスティックタイプ

ハイライトはクリーミーに伸びるスティックタイプ
化粧下地とファンデーションで土台をつくったら、次はハイライトの出番。ハイライトで光をうまく操ることで、ツヤ感だけでなく、ナチュラルな立体感も出すことができます。
扱いやすいのはプレストされたタイプですが、よりしっとりとしたツヤが出るのはスティックタイプ!クリーミーに伸びるので、粉っぽくなることなく、肌にスッとなじんでくれます。

ハイライトを入れる場所はここ!

ハイライトを入れる場所はここ!
基本的にハイライトを入れるのは、鼻筋や顎先など、顔の中でも特に高さがある部分です。ツヤ感を出すときは、さらに目の下の三角ゾーンと目尻を囲むCゾーンにもON!目頭の「くの字」部分にも乗せれば、より顔に光が集まったように見せることができます。
スティックタイプのハイライトを狭い部分に使うときは、指の腹にとってから塗るとキレイに仕上がります。

【方法5】イルミネーターでツヤ感を強める

イルミネーターでツヤ感を強める
ツヤ感を強調したい場合は、リッチな輝きを放つイルミネーターがお役立ち!頬骨のラインにサッと乗せるだけで、ちょっぴりリュクスなツヤがつくれます。
チューブに入ったクリーミーなイルミネーターなら、化粧下地やファンデーションに少量混ぜて使ってもOK!肌全体が立体的にきらめき、パッと華やかな印象にしてくれます。アイシャドウベースとして、薄くアイホールに広げるのもすてき!

【方法6】ポイントメイクも工夫する

潤み感でツヤ感を引き立てる

潤み感でツヤ感を引き立てる
自然なツヤ肌には、計算されたポイントメイクが不可欠。目元や口元も潤み感を意識することで、ベースメイクでつくったツヤ感をより引き立てることができます。
まぶたには透明感のあるシアーなアイシャドウを乗せ、肌のツヤ感とマッチするアイメイクに。リップもマットなものは避け、滑らかなテクスチャーをセレクト。グロスでジューシーに仕上げるのもいいですね。あえて全体には塗らず、真ん中のみに乗せてラフな口元にするのが今どき!

チークはクリームタイプが正解!

チークはクリームタイプが正解!
肌に血色感を添えるチークは、ツヤが出やすいクリームタイプを選びます。パウダリーチークだと、せっかくつくった肌のツヤ感が損なわれてしまうこともあるので、できれば使わない方がベター。柔らかいクリームチークで、頬に蒸気したような潤み感を出しましょう!

最後はセッティングスプレーをひと吹き

最後はセッティングスプレーを一吹き
ツヤ肌メイクは崩れやすいため、メイク後は化粧もちをよくするセッティングスプレーでしっかりフィックス!潤いを閉じ込めるタイプもあるので、自分の肌と相談しつつ相性のいい一本を見つけて。朝のメイク後に加え、日中や夕方のメイク直し時にもシュッとひと吹き!

おわりに

肌をより美しく見せるツヤ感。生活習慣やスキンケアだけで手に入れるのは難しいですが、メイクならとっても簡単!いつくかのコツを押さえれば、どなたでもすぐに実践できます。
さっそく明日から実践して、フレッシュなツヤ感を肌に呼び込みましょう!

さくら
化粧品関連メーカーにて、化粧品に配合されるエキスの開発や薬事申請業務に従事しました。現在はフリーライターとして、美容関係の記事を執筆しています。
得意分野は肌トラブルの原因と対策方法の解説、化粧品に配合される成分の解説です。2016年に日本化粧品検定1級を取得。
大の広島カープファンで趣味は野球観戦です♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう