オータム(秋)タイプの人に似合うチークの選び方

チークメイクをする女性
リッチなスキンカラーを持つオータムタイプは、チークの色次第で、よりセクシーでゴージャスな肌に変身することもできるフォーシーズンカラーです。
今回は、オータムタイプの魅力が引き立つ、チークカラーの賢い選び方ついて徹底解説。うっとりされるような上気肌メイクを楽しみましょう。

オータムタイプはどんなイメージ

チークブラシのイメージ

秋をイメージするカラーと言えば、紅葉を想起させる赤茶、熟した果実に見られるオレンジなど、シックな褐色をイメージする人が多いのではないかと思います。
オータムタイプの人たちに似合うのが、そんな秋を連想させるディープカラー。深みのある落ち着いた色は、オータムタイプの肌色を、り生き生きと見せてくれるのです。

都会的で大人っぽい雰囲気が魅力

また、都会的で大人っぽい雰囲気を漂わせているという点も、大きな特徴の一つ。オータムタイプはその成熟したオーラとオレンジ味を帯びたオークル肌によって、質素に見える渋い色でも付けこなせるのです。

オススメのチークは低彩度で黄味が強い色

オススメは低彩度で黄味が強い色

肌にオレンジ味が感じられるオータムタイプには、温かみのある褐色系がとてもマッチ。迷ったときには、より深みがある方、より濁りと暗さが感じられる方を選びましょう。
もちろん、チークカラーがイエローベースであることを確認することは欠かせません。

肌をより滑らかに見せるベージュ系

アダルトメイクにしたい日は、ブラウンを差したようなベージュ系のチークがおすすめ。オータムタイプは茶系が大得意なので、濃いサンドベージュも顔写りもよく、ナチュラルな陰影を描いてくれます。

オレンジ系でよりウォーミーな肌色を演出

ウォーミーな肌色を演出

まだ試したことがないという方にぜひトライしてほしいのが、穏やかな暗めのオレンジ系。知的な印象が強いオータムタイプですが、深みのあるオレンジチークを付ければ、ヘルシーで快活な表情をつくることができます。

ピンク系は派手さのない優しい色

フェミニンな印象に仕上げたいときには、サーモンピンクやスモーキーピンクなど、黄味の強い甘過ぎない色味にしておくのがベター。ピンクでも発色が抑えられたものであれば、オークル肌にも違和感なくなじみます。
オータムタイプがピンク系のチークを塗ると、大人びた雰囲気も一気に若々しくシフトチェンジできますよ。

ブルーベースのチークには要注意!

ブルーベースのチークには要注意!

オータムタイプが不得意とするチークカラーは、あざやかで青味を帯びたブルーベース。オークル肌にそのような色を乗せてしまうと、塗った部分だけが悪目立ちして、くすんで見えてしまいます。
チークを選ぶときには、ベースカラー着目して、肌色が映えるカラーをセレクトするのが、失敗しないためのポイントです。

おわりに

健康的なオークル肌がオータムタイプの特徴であり魅力です。今回の記事を参考にして、似合うチークカラーの見分け方を習得して、チャームポイントが際立つメイクを満喫してくださいね!

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう