今年は何をやる?ハロウィンにおすすめのメイクテクニック

今年は何をやる?ハロウィンにおすすめのメイクテクニック
今年もハロウィンの季節がやってきました!もともと日本になかった文化ですが、最近ではホームパーティなどの小さいものから街ぐるみの大きいものまで、たくさんのハロウィンパーティーが開かれるようになりました。

今回は「今年は何をする?」をテーマに、ハロウィンのおすすめメイクテクニックをご紹介!軽めのものからガチのものまで、参考にしてみてくださいね!

まるで本物!?血みどろメイクアイテム

ゾンビだったり、ただの傷だらけの女の子だったり…と「血」風のメイクはさまざまな仮装に応用できちゃいます。1つ覚えておくと「何か足りないかも…」なんてときにも便利です。

血のりを使う前にチェック!

血みどろ感をお手軽に出すにはやっぱり血のりを使ってみましょう!血のりには落ちやすい水性と落ちにくい油性があるので、仮装によって使い分けるのがベター。フェイスペイントをするときには、ベースを塗って保湿やカバーすることを忘れないようにします。

塗ったりひっかいたりしてみて

血のりをお肌に使うのならわざと雑に塗ってみてください。きれいにメイクするよりも、わざとムラをつけることで、より本物っぽさが増します。さらにひっかいて指のあとをつけたり、傷ににじんだ血のように見せるのもおすすめです。

服にもぽたぽた…

血のりの良いところは服にもお肌にも使えるところ。1つのアイテムで色々なハロウィン風アレンジができるので、好みにアレンジしましょう。洗っても取れなくなることもあるので、不要なものや、ハロウィンのために用意したものを使ってくださいね。

こんなに簡単!傷メイク

市販の傷シールをなじませる!

ハロウィンの時期になると100均などでも傷シールが売られますよね。しかしそれだけを貼ってもなんとなく浮いて見えちゃう…。そんなときにはファンデーションなどを使います。シールのテカりを抑えるように、ファンデーションやベビーパウダーなどのカバー力の低いパウダーをポンポン…と軽くはたいてなじませます。

アイシャドウを駆使して

紫やブルーのアイシャドウで、その傷メイクの周りに打ち身のようなメイクをしていきます。血のりなどをプラスしてもOK!市販品もぐっとオリジナリティーのある仕上がりになります。

程よくかわいく。猫メイク

ハロウィンの仮装だって可愛くなくちゃ!というタイプの方にオススメなのが猫!特徴的な口の部分、ツリ目、ひげ、そして猫耳。可愛い要素も盛りだくさんな仮装です。

フェイスペイントは専用ペンで!

もちろん普段のメイク道具でもできないことはないのですが、よりはっきりと描きたいのならフェイスペイント専用のペンを使いましょう!口周りにホワイトをベースとして描いておくと後に黒で描く線が強調されるのでオススメです。

耳は髪の毛でつくっても

猫の耳はもちろん市販の猫耳カチューシャを使うのも良いですが、髪の毛を使って猫耳を作る人も。自毛なのでふわふわ感もあり、可愛い仕上がりです!ワックスをいつもよりも多めになじませ、逆毛を立てながら形を作り最後にスプレーで固めたら完成です。お団子のようにしても可愛く見えます。

魔女で大人っぽハロウィン

派手な仮装はちょっと…。でも何かしたい!というタイプにオススメなのが「魔女」。帽子やほうきがあれば黒い普段着も使いまわせるだけではなく、少しのメイクテクニックで簡単に本格的な仮装を楽しめます。

目元を意識!アイシャドウはツリ目に

魔女といえば釣りあがった大きな目。そのイメージでちょっとオーバーに目をアイシャドウで囲んで塗っていきます。カラーは黒~紫などのダーク系をセレクト。アイラインを太く跳ね気味にして、まつ毛もオーバーに長くすると魔女っぽさがよりUP!

肌は白めでホリ深に

お肌は血色を感じさせない白さがおすすめ。チークはナシでいきましょう。首まで白く、不健康で不気味そうなイメージに仕上げます。ホリ深なお顔に見せるためのシェーディングもお忘れなく。

唇は赤く…

真っ赤な唇

白いお肌に対して唇は真っ赤に。まるで血を思わせるような赤を選ぶとハロウィンらしい魔女メイクの完成です。濃いブラックカラーのリップなんかを重ねるのもおすすめ。濃い色のリップの手持ちがないなら、フェイスペイント用のペンやクレヨンを使ってみるのもアイデアです。

セクシーさも欲しい!吸血鬼

夜のパーティだったりするとちょっとセクシーさも欲しいところ。「吸血鬼」から連想して、普段履けないミニスカートやショーパンに挑戦してみるのもいいかもしれません。

アイメイクは濃いめ、ダークな赤もプラス!

アイメイクは濃いのがおすすめ!魔女メイクと同じく、オーバー気味に描くと仮装感が一気に増します。カラーは暗めなもの、中でもダークな赤を取り入れるとセクシーさも。
アイラインはスッと伸びるイメージで描きます。不健康な感じを出したいのなら涙袋のあたりに濃いカラーのアイシャドウをのせてみてもOKです!

口元は付け牙で

口元には笑ったときに見えるように付け牙を装着!写真に撮るときにも可愛いので、ぜひつけてみてくださいね。

何か足りない…?血のりをプラス

View this post on Instagram

@craftpepe2がシェアした投稿

唇の端から垂れるように血のりを垂らすと本格的な仮装っぽくなります。まるで「今飲んできた」感を出せるようにツーと垂らしてみてくださいね!他にも衣装や、首元、手なんかにも塗ってみてもOK!

おわりに

年に一度のお祭りであるハロウィン。大人はなかなか仮装する機会はないものですよね。このハロウィンの機会に思いっきり楽しんじゃいましょう!仮装のメイクの参考になったらうれしいです。

おりはらまいご
24歳/2人の男の子のママです。内側からの美容法や食養生などの勉強をしながらライター活動をしています。コスメやセルフジェルネイルも大好きです。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう