オレンジブラウンメイクで抜け感を演出しよう!

秋冬におすすめ!オレンジブラウンメイクで抜け感を演出しよう!

最近、メイクにマンネリを感じている方はいらっしゃいませんか?「いつものメイクに飽きてきた…」という方におすすめなのが、オレンジブラウンメイクです。肌なじみのよいブラウンメイクをする方は多いかもしれませんが、ぬくもりを感じられるオレンジをプラスすることで、ぐっと旬の顔に近づけます。
今回は、抜け感を演出するときに役立つオレンジブラウンメイクのポイントについて見てみましょう。

オレンジブラウンメイクのメリット

オレンジとブラウンは、わたしたちのお肌や髪の毛の色にとても近い色。濃いめのメイクに使っても、やりすぎ感が出にくいのが特徴です。

抜け感ある大人っぽさを演出できる

大人っぽさを演出できる

顔のポイントメイクにブラウンとオレンジをあしらうオレンジブラウンメイクでは、大人っぽさを引き出すことができます。「最近のメイクトレンドはちょっとわたしには若すぎるかな…?」と感じる方にもおすすめです。

肌なじみがよく失敗しにくい

肌馴染みが良い

また、血色も自然に出しやすいことから、はじめてでも比較的トライしやすく、肌なじみもよいカラーリングのため、アイメイクの場合は空白をつくって抜け感を演出するのも自然かつ簡単にできるのも魅力ですよね。

オレンジを主体にしたアイメイク

オレンジが主体のオレンジブラウンメイク

ポイントは二重幅にオレンジをのせること。二重幅にのせることで目全体がうるさくなりません。まぶた全体にシャンパンゴールド系やペールベージュなどのクリームカラーをのせると、シンプルでも華やかな仕上がりになります。

オレンジとブラウンのバランスでガラリと印象が変わる

オレンジとブラウンのバランス

統一感を出したいときには、アイシャドウに合わせてマスカラとアイライナー、アイブロウを使うなら全てブラウン系で統一すると、よりブラウンが際立ちます。
オレンジをもう少し際立たせたければ、上まぶたのブラウンシャドウにちょこっとオレンジシャドウをのせるのがおすすめです。

抜け感をつくるオレンジブラウンアイメイク

オレンジブラウンアイメイクは、パーツ別に最適なメイクの方法が違います。ポイント別に気を付けたいところを見てみましょう。

オレンジブラウンアイメイクのポイント:アイメイク編

オレンジブラウンメイクの流れ

あまりシャドウをのせすぎると抜け感がなくなりオレンジが主張しすぎてしまうので、薄くのせるように心がけてみましょう!

オレンジブラウンアイメイクのポイント:チーク編

メイクのポイント:チーク編

チークもベージュやオレンジをベースとしたものを選ぶと目元とのバランスが取りやすいです。チークの質感は乾燥しがちな秋冬でも保湿ができる、ツヤ感が出しやすい練りチークやティントタイプのチークがおすすめ。リップ使いもできるなら、顔により統一感も出せます。

オレンジブラウンアイメイクのポイント:リップ編

メイクのポイント:リップ編

リップは先ほどご紹介した通り、目元やチークのカラーと統一が取れるものがおすすめですが、「全部ブラウン系やオレンジ系で統一したらのっぺりしない?」と気になるかもしれません。
リップをメイクのアクセントにしたいときは、ブラウン系やベージュ系、オレンジ系といった同系色ではなく、赤リップを使うのもアリ!あえて赤を使うことで、顔の印象が一気に華やかになります。TOPに応じてリップを変えるだけで同じオレンジブラウンメイクでも印象を変えられます。

おわりに

旬顔になれるオレンジブラウンメイクの方法とコツをご紹介しました。「オレンジは若く見えすぎる…」と敬遠する方も多いかもしれませんが、大人カラーのブラウンと一緒に使うことで顔の印象がしっとりと落ち着きます。
オレンジブラウンを顔に取り入れてみて、一段と大人っぽい印象をつくってみませんか?

モチヅキアヤノ
美肌づくりと海外旅行が大好きなフリーライター。
普段は、おもにパックやオイル、お肌に優しい食材やお茶を使ったスキンケア方法でトラブルレスな肌づくりを実践しています。
旅_先では現地のコスメや美容トレンドをサーチしたり、現地のローカルフードを楽しむのが大好き!最近はコスメを身近なものでDIYするのにはまり中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう