外国人のような彫り深顔に見せるメイク術

外国人のような彫り深顔に見せるメイク術

外国人のようなメリハリのついた顔立ちは憧れの対象ですが、日本人はどうしてものっぺりした顔立ちが目立ちます。しかし、メイク術を駆使することで外国人の様な立体感のある顔立ちに仕上げることができるのです。
今回は、メリハリのある顔立ちを実現するためのメイク術についてご紹介しましょう。

目元周りのメイクで陰影を演出するメイク術

メイクで彫りを深く見せる方法

メイクで外国人風の彫りの深い顔にするなら、強い印象を与えるパーツメイクに注意するのが効果的。特に、眉や目元に注目することで、大きな効果が期待できます。

眉メイクで目元の密度を圧縮する

眉毛の位置も外国人の人は目と位置が近いのが印象的。日本人は目と眉毛の間が遠いので、眉毛の下を描き足すことで、目との幅を縮めてより彫りを深くみせることができます。
眉毛の位置をいつもより少し下・鼻筋寄りに寄せるだけで、グッと彫りを深くできます。少し眉毛に角度は付きますが、眉尻のラインをキュッと描かずにナチュラルにすることでバランスが取れます。

アイメイクで陰影を演出

彫りを深く見せるには、アイメイクは欠かせません。陰影をつけるブラウン系のカラーアイシャドウを2色用意して、ナチュラルブラウンな方を全体的に付けて、濃い方のブラウンで二重幅を目安にグラデーションになるようにつけることで、簡単に目元に陰影を演出できます。
まつ毛もしっかりカールをつけてビューラーでまつげの密度をあげることで中心にバランスがもっていけるので、より彫りの深いメイクにできます。

立体感を演出するノーズシャドウとハイライト

立体感を演出するノーズシャドウとハイライト

外国人の顔立ちの特徴といえば、スッと通った高い鼻筋も無視できないポイント。パーツごとのメリハリを強調するためにも、ノーズシャドウやハイライトの使い方も押さえておきたいポイントです。

鼻筋の高さを演出するノーズシャドウ

鼻筋にそってホワイトのハイライト、眉頭から延長するようにブラウン系のシェーディングを入れることで、鼻筋にメリハリを演出できます。
特に目と同じラインの鼻が高くすることを意識すると、より鼻筋が通ってみえます。ハイライトはブラシを使うのが自然にいれるコツです。濃くいれすぎると不自然で舞台メイクのようになってしまうので注意してください。

顔全体に立体感をつくるハイライト・シェーディング

顔全体に立体感を付けるためには、ハイライトとシェーディングの活用が欠かせません。顔の高く見せたい頰や、目元のCラインや顎などにブラシを使い、ハイライト(ホワイト)で光が集まるようにメリハリをだします。反対に顔の輪郭や影を付けたいところは、シェーディング(ブラウン)で影をつけていきます。
ポイントは、ファンデーションとなじむようにつけることです。あまりにもハイライトが目立ちすぎると違和感があるので、最初は薄付きからはじめてください。慣れてくれば、徐々にバランスが取れるようになってきますよ。

おわりに

日本人と違って凹凸があり、顔にメリハリのある外国人の顔は一度は憧れますよね。
普段とは違う手順になりますが「アイブロウ」と「アイシャドウ」「ノーズシャドウ」「ハイライト」を駆使して理想の外国人風彫り深メイクをめざしましょう。

misia(みーしゃ)
美容ライターmisiaと申します。大手化粧品メーカーで美容部員を経験し、日本化粧品検定1級・2級の知識を活かしてをwebを中心に活動しております。新作コスメやメイク方法、美容など幅広い分野の執筆が得意です。有益な情報提供ができるよう心がけております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう