どうにかしたい!たれ目さんにおすすめのアイメイク術

たれ目の女性

「たれ目ってかわいい!」たれ目に対して周りの人たちが持っている印象は悪くありませんが、たれ目の人にとってはコンプレックスになっていることは珍しくありません。
今回は、「たれ目をどうにかしたい!」と思っている人におすすめのアイメイク術をご紹介します。

たれ目の人が周りに与える印象

たれ目のメイク術

たれ目の人は、「優しい」や「かわいい」、「女の子っぽい」など女の子らしい印象を持たれやすく、キツイ印象を与えることはまずありません。
「内向的に見られがちで嫌だな」「キリリとした印象を持たれたいな」と思ったときには、アイメイクを駆使して、たれ目に見えなくなるマジックをかけてみましょう。

アイメイク術でより魅力的なたれ目を演出

安らぎや優しさをイメージさせることができるのがたれ目の魅力ですが、目尻がたれている分、ぼてっとした印象になったり、気弱に見られてしまったりすることも。たれ目特有の印象を変えたいなら、目尻をどうするかがポイント。

アイシャドウの入れ方

アイメイク術でより魅力的に

アイシャドウを入れるときには、上まぶたの二重幅より少しはみ出し気味に、明るいブラウン系のアイシャドウをアイホールにのせていきます。指でポンポンとのせても、ブラシでのせてもOK。

目尻を強調して猫目に近づける

下まぶたの目尻に濃い目のブラウンをチップにとってのせます。こうすることで目尻の下部分が強調されるので、たれ目の印象が薄くなり猫目ふうに近づくことができます。

たれ目補正の要!アイラインの引き方

たれ目のアイメイク術

目尻を跳ね上げすぎずに抑え気味に書き、横にスッと引き、目尻は再度描き足して気持ち太めに仕上げることで、切れ長ふうのスッキリとした目元に。たれ目が気になるからといって、アイラインの引きすぎにはご注意ください。

ナチュラル路線をキープする

たれ目をカバーするアイラインを引くときのポイントは、たれ目を無理やり補正せずに、あくまでもナチュラル路線をキープすることです。

おわりに

たれ目であっても、アイメイク術でいくらでもカバーできてしまうのが今の世の中。やろうと思えばすぐにでもたれ目の悩みを解決できます。特にアイラインの引き方が要!
「目は口程にものをいう」というように、「目」は顔のパーツの中でも重要ポイント。たれ目にコンプレックスを持ち続けて生活していくよりも、アイメイクをマスターして毎日ハッピーな気分で過ごしていきましょう。

唯恋
美意識が高く、常に「美」を追求しています。ただし極力お金をかけずに、自分でできるだけの努力をするのが私のポリシーです。「美」を追い求めて日常生活を改善していくと、3ヶ月を過ぎた頃から肌や身体に何かしらの変化が現れてくるので、チャレンジしていて楽しいな…と感じます。「美」に関する分野でこれまでにリサーチしたことや、実際に試してみたことなど、自身の経験も踏まえて色々と発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう