毛穴レスメイクで近寄られても大丈夫なお肌を手に入れよう!

ブラシでベースメイクする女性
女性はきれいなお肌があってこそ!1番気になるのは毛穴が目立つこと。スキンケアだけではなく、メイクを使って近寄られても大丈夫な毛穴レスメイクをしていきましょう。

毛穴をカバーしたい!

化粧下地を塗ってもファンデーションを塗っても、毛穴が気になってついつい厚塗りになってしまう。そんな人はメイク方法を今一度見直してみましょう!今使っているアイテムでも使い方を変えるだけで毛穴レスなメイクにできるはずです。

化粧下地の活用

使うと効果が一目瞭然の化粧下地

化粧をする時、いきなりファンデーションを塗っているという方は意外と多いようです。しかし化粧をするなら下準備は鉄則!化粧下地を使うのと、その仕上がりは使わなかったときと比べて全く異なります。
毛穴カバーを中心に考えたいというときは、カバー力のある色付きの下地・凹凸をカバーするタイプの下地がオススメ。ファンデーションで隠そうとするとどうしても厚塗りになりがちなので、化粧下地からカバー力のあるものを選ぶことで、厚塗りを防いできれいに毛穴カバーを実現します。

ちょっとした塗り方で効果は大きくかわる

化粧下地が準備できたら、塗り方にも一手間かけましょう。肌全体に均等に同じように塗るのは間違い。どんなきれいな肌の人でも、肌にカバーする部分とそうでない部分があります。「毛穴」カバーなら、ほほの三角ゾーンや鼻周りのゾーンです。フェイスラインはそれほど荒れていないという方は多いと思います。
そういうときに、化粧下地もしっかり付けるのは「カバーしたい箇所」が中心で、それ以外は余ったものを伸ばす程度で十分。一度全体に塗ったあと、カバーしたい部分にもう一度重ね塗りするのも良いでしょう。

ファンデーションの選び方

ファンデーションの可愛い画像
ファンデーションはとても大事なポイントです。カバー力や質感、テクスチャーはさまざま。毛穴カバーを中心にするなら「カバー力」の高いパウダーファンデーションやテクスチャーが重めのリキッドファンデーションなどを使いましょう。

ファンデーションの付け方

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションならパフ・ブラシどちらでも良いです。全体に同じように塗るのはもちろんですが、気になる部分・カバーしたい部分は、たたきこむようにして塗る・クルクル塗るのがオススメです。
簡単なのは、全体にファンデーションを塗った後に、カバーしたい箇所をトントンと2度塗りする方法です。内から外に向かい、厚塗りにならないように気をつけながら塗ります。鼻周りはクルクルとスポンジを動かすと効果的です。
ブラシなら、密度が高めの毛先が硬いブラシを使うとカバー力の高いカバーメイクができます。

リキッドファンデーションなら

リキッドファンデーションはムラになりやすいので、ブラシやスポンジでまずは均等に伸ばすことを優先させます。
全体に塗れたら、スポンジやブラシを使って、トントンとスタンプを押すように気になる箇所に重ねてファンデーションを乗せれば、カバー力もアップ。
クルクルする塗り方はよれや塗り残しの原因になるので、リキッドはトントンと塗るのがオススメです。

基本はこの化粧下地とファンデーションを使ったメイクの方法です。プラスで毛穴レスを目指すなら光を味方につけましょう。

光を集めて毛穴カバー

ハイライトを使って顔に光を集めることで、くすみや毛穴を飛ばすことができます。光が当たると顔が白く見えますよね?
その光の錯覚を利用して、ティーゾーンやほほにハイライトを塗ることで立体感が出せるのと同時に毛穴カバーができます。

おわりに

毛穴カバーするのには基本のメイクに忠実になることと、それに適したアイテムを使うことが重要です。今は「毛穴カバー」という文言はさまざまなアイテムに書かれています。ぜひアイテムやメイク方法を活用して、きれいな肌を目指しましょう。

misia(みーしゃ)
美容ライターmisiaと申します。大手化粧品メーカーで美容部員を経験し、日本化粧品検定1級・2級の知識を活かしてをwebを中心に活動しております。新作コスメやメイク方法、美容など幅広い分野の執筆が得意です。有益な情報提供ができるよう心がけております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう