顔タイプ別!小顔メイクのやり方!

頬にブラシをする女性

小顔に見せたい!でもどうやってメイクしたら良いのか分からないという方はタイプ別にメイク方法をチェックしていきましょう。
顔にあったメイクはより顔を印象的に魅力的に見せてくれますよ。

小顔に見せるためのポイントとは

かわいい化粧品たち

顔を小顔に見せるには、理想の「卵型」に近づけることがポイント。チークの付け方やハイライト、シェーディングなどのメイクで小顔にしていきましょう。

小顔に見せるのはメイクが基本

小顔にするにはマッサージや引き上げが大切だと考えられがちですが、一番手っ取り早く効果的なのは、メイクです。シェーディング・ハイライトもチークなどの基本のアイテムがあれば簡単にちょっとの手間でもできるので、気になる人は一度トライしてみてください。

タイプ別!小顔メイクのやり方

タイプ別小顔メイクのやり方

ここからは顔のタイプ別にメイクの方法について見ていきましょう。自分の顔に合ったメイクは魅力を最大限に引き出しますよ。全体としてのバランスを取るために、顔の中心にもハイライト・シェーディングをすると上手くいきますよ。

基本となる卵型

まずは、標準となる「卵型」のタイプの人は、顔の形は崩さず小顔に見せるのが重要です。均等にシェーディングして、ハイライトで顔の中心に高さを出せば、小顔に見せられます。

上下を短く見せるのがポイントとなる面長

標準の卵型よりも顔が縦に長いタイプの人は、上下を小さくすることで小顔効果が生まれます。おでこの生え際とあごのラインにシェーディングをすることで小顔効果が期待できます。また、おでこや鼻筋などにハイライトを入れることで中心に光を集めて、より小顔効果があります。

張っている部分を目立たなくしたい逆三角形

卵型よりも顎にかけてシャープでシュッとした印象の逆三角形の方は、尖っている顎先とおでこの左右にシェーディングを入れます。顎先は小さく見せようとし過ぎると不自然な輪郭になるので、やりすぎないように気をつけましょう。

ホームベース型

エラが張っていて顔が四角く見えるホームベース型の方は、エラの部分をシェーディングするのが小顔メイクのポイント。頬骨から上の部分にはシェーディングすると目立つので、エラの部分に限ってシェーディングをします。

小顔に見せるメイクのポイント

小顔に見せるメイクのポイント

小顔に見せるためにはシェーディングやハイライトだけではなく、「チーク」も重要なアイテムの一つになります。チークの入れ方で印象はガラリと変わるので、顔の形に合わせてチークを入れることは欠かせません。
顔の縦幅を小さく見せたいときは縦に向かって入れると間延びするので、チークは横長に入れ、顔の横幅を狭く小顔に見せたいなら円形にチークを付けます。

眉の形は平行短めがオススメ

小顔メイクは縦幅を小さくすると効果があるので、眉毛と目の幅を近くする錯覚の利用や、眉の長さを短くすることで横幅を狭く見せることができます。顔の印象も変わりますが、いつものメイクを少し変えるだけでも小顔効果がありますよ。

おわりに

顔の形に合わせてハイライトとシェーディングを使うだけでもグッと顔を小さく立体的に見せることができます。また、アイブロウやチークなどのメイクでも、簡単に小顔メイクはできます。気になる方は、ぜひ一度試してみてください。

misia(みーしゃ)
美容ライターmisiaと申します。大手化粧品メーカーで美容部員を経験し、日本化粧品検定1級・2級の知識を活かしてをwebを中心に活動しております。新作コスメやメイク方法、美容など幅広い分野の執筆が得意です。有益な情報提供ができるよう心がけております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう