アラサー必見!血色チークで肌のツヤ感を取り戻せ!

血色チークをする30代女性
ついつい適当に済ませてしまうチーク。目元や口元のメイクに力を入れがちですが、チークは顔色と華やかさを左右する、とても大切なポイントです。とはいっても、塗り過ぎてしまうのはもちろんNG。ここでは、アラサー女性にぴったりの自然なチークメイク、「血色チーク」について説明します!

あなどれないチークの役割とその効果

どんなにモードなメイクをしていても、顔色が悪ければそのすべてが台無しに。特にアラサーにさしかかると、肌のくすみもだんだん気になるようになってきます。そこで活躍するのが、肌に健康的な血色感を添えてくれるチーク。ファンデーションを何度も重ねてくすみを隠そうとすると、厚塗りになるばかりか、老けて見える原因にもなってしまいます。ところが、チークの力を借りればそんな事態にはなりません。ほほに乗せるだけでくすみが晴れ、パッと華やかな印象にしてくれます。

色次第で顔のイメージも変えられる!

色の選び方によって、メイクのテイストが違ってくるのもチークの特徴。ピンク系ならキュートに、ローズ系なら大人っぽい落ち着いたメイクが完成します。反対に、アクティブで元気な印象にしたい日はオレンジ系を選びましょう。今っぽいメイクに仕上げたいなら、ジューシーなレッド系が一押しです。

テクスチャーにこだわってツヤ感をゲット!

血色チークにおすすめのチーク
血色のよさを上手に表現するためには、チークの質感がとても大切。使いやすいのはパウダリータイプですが、付け方によっては少し粉っぽくなってしまいます。そこでおすすめなのが、自然なツヤ感が出せるクリームタイプやウォータリータイプ。肌になじみやすく、ジワッと内側から蒸気したような血色感が演出できます。では実際に、種類ごとに詳しく見てみましょう!

なめらかさが魅力のクリームチーク

「しっとり肌に見せたい」「ほほの乾燥が気になる」という方。選ぶべきは、伸びがよく、なめらかな使い心地のクリームチークです。こっくりとしたテクスチャーで、自然かつリッチなツヤ肌を演出。いくつかの種類を混ぜて、お気に入りのカラーをつくってみるのも楽しいですよ。

うるっと感が新鮮なウォータリーチーク

お肌にフレッシュな透明感を出したいときは、ウォータリーチークが一押しです。その名前の通り、水のようなさっぱりとした使い心地で、ほほにみずみずしい血色感をプラス。肌との密着力が高く、比較的ヨレにくいのも特徴の一つです。

さらっとした仕上がりのスフレチーク

ツヤ感が出せるチークは、クリームタイプやウォータリータイプだけではありません。今注目のスフレチークもおすすめです。スウィーツのスフレを思わせるふんわりとした手触りで、塗り広げると肌に溶け込むような仕上がりに。軽めで薄づきなチークをお探しの方は、一度トライしてみるのがいいでしょう。

塗り方のコツをつかんでチークをもっと美しく

血色感を出すのに効果的なチークをいくつかご紹介してきましたが、その使い方も重要です。あまり広範囲に乗せると、幼く見えたり、赤ら顔に見えたりしてしまうこともあるので要注意!チークを塗るときは、ほほの一番高い部分に、指先でポンポンと、軽くたたくようにして乗せていきます。さらに、チークと肌の境目がぼやけるように、チークがついていない指でしっかりなじませておきましょう。
最後は鏡を少し引いて、左右の濃さが同じになっているか、他のパーツのメイクとバランスが取れているかなど、全体をきちんとチェックすることも大切です。

おわりに

ほほに自然な血色感を呼び込むチーク。つい脇役として考えがちですが、少し工夫するだけで、メイクの完成度はガラリと変わってきます。ぜひこの機会に見直して、ナチュラルなツヤ感チークに挑戦してみてくださいね!

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.
error: コンテンツは保護されています!