似合わないから似合うに変わるパープルシャドウのメイクテク

似合わないから似合うに変わるパープルシャドウのメイクテク一筋縄ではいかないパープルシャドウ。なかなかうまくつけこなせず、途中で断念してしまった人も多いのでは?
今回は、パープルシャドウを自分のものにするための、知って得するメイクテクニックをレクチャーいたします!

パープルシャドウは定番だけど難しい!

難しいパープルシャドウ
目元をセクシーに彩る“パープルシャドウ”。ノーブルかつエレガントな雰囲気で、大人の華やぎメイクには欠かせないアイテムです。けれど使い方によっては、なぜか妙に古臭く見えることもしばしば…。
ノーブルでエレガントな雰囲気を演出するパープルシャドウですが、選び方やつけ方のコツをはずすと、少しやぼったいメイクになる色です。

パープルシャドウをつけこなすテクニック

簡単テクニックでパープルシャドウを攻略!

簡単テクニックで攻略
パープルはアイシャドウの定番色となっているだけに、その扱い方は常にアップデートしておかなければなりません。アップデートを怠ると、途端にあか抜けない目元になってしまいます。
いくつかのテクニックをしっかり覚えて、パープルシャドウをすてきにつけこなせるようになりましょう!

テクニック1:色選びを工夫する

色選びを工夫する
まずは色の選び方。パープルにもいろんな色があるけれど、特にその“濃さ”には気をつける必要があります。キレイに発色させたいからと言って、濃い色を選ぶのはNG。派手な印象になるばかりか、ひと昔前のメイクに仕上がってしまいます。
選ぶべきは、淡くソフトなラベンダーカラー。その中でも、かなり薄づきなものをセレクトしましょう。どうしても濃い色を使いたいなら、まつ毛のキワや目尻など、あくまでもポイント的にあしらうのが正解です。

テクニック2:塗り方を工夫する

塗り方を工夫する
次は塗り方。最も避けたいのは、アイホール全体に塗り広げたり、縦方向にグラデーションをつくるというやり方です。他のアイシャドウカラーならそれでも問題ありませんが、パープルとなると話は別。そんな王道的な塗り方だと、今っぽさとは程遠い目元になってしまうのです!

パープルシャドウはこんな使い方がおすすめ

使いかたで印象がかわるパープルシャドウ

使いかたで印象が変わる
ポイントは、全体には塗らず、部分的に色を乗せていくということ。例えば以下のような塗り方です。

  • 目尻部分にのみ小さく乗せる。目を開けたときにわずかに見えるくらいでOK。
  • グラデーションをつくるなら、目尻から目頭に向かってだんだん薄くなるように色をぼかす。
  • 色がボテッとついてしまわないように、チップは極力使わず、指の腹やアイシャドウブラシを使う。

特にグラデーションをつくるときは、縦ではなく、横方向に色を変化させていくことがポイントです。

あえて下まぶたにだけ乗せてみる

下まぶたに乗せる
パープルシャドウ初心者さんであれば、まずは下まぶたからトライしてみるのも1つの方法。下まぶたのまつ毛の間を埋めるようにして乗せると、まるでカラーアイライナーを引いたような、キュートな目元にすることができますよ!
また、目尻から3分の1までにササッと塗れば、ニュアンシーなタレ目メイクが即完成。ラメ入りタイプでやると、ウルウルのフェミニンアイにも変身できます。

メイク全体のバランスも考えよう

全体のバランスも考えよう
パープルシャドウを使うときは、他のポイントメイクとのバランスを取ることも大切。チークは淡いピンクorローズ系にして、柔らかそうなふんわりしたほほに仕上げましょう。リップも透明感のあるピンクやベージュ系をチョイスしてあまり存在感を出さないように、ほんのり色づく程度に抑えます。
ほほや口元を華やかにすると、パープルシャドウが派手に映ってしまうので、その都度全体を確認しながらメイクを進めていきましょう!

おわりに

自分には似合わないと思っていたパープルシャドウ。せっかく手元にあるのに、簡単に諦めてしまうのはちょっともったいないかも知れません。お別れを告げる前に、ここで紹介したような方法で、再度トライしてみてくださいね!

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.
error: コンテンツは保護されています!