塗り方ひとつでこんなに変わる!クリームチークの上手な使い方

塗り方ひとつでこんなに変わる!クリームチークの上手な使い方
みなさん、普段のチークメイクにはどんなアイテムを使っていますか?
パウダーチーク派の方が多いかもしれませんが、実は印象を変えたり顔色をコントロールしたりするなら、クリーム状のクリームチークがとってもおすすめです。
パウダーも使いやすいのですが、お肌の密着度がより高まるクリームチークはメリットが豊富にあります。早速、メリットと使い方をご紹介します!

クリームチークならではのメリット

クリームチークのメリット
クリームチークには多くのメリットがあります。

血色感が出しやすい

血色がよくなる
お肌の密着感がパウダーよりも高いため、血色感が出しやすいのがクリームチークの最大のメリットです。
血色がなくてくすみが気になるといったお肌のお悩みがある方にぴったりです。

薄めになじむのでナチュラルメイクに使いやすい

ナチュラルメイクに合う
ブラシにとって使うパウダーチークより量が調整しやすいことも、大きなメリットだといえるでしょう。クリームチークの形状はさまざまですが基本的に少量を指にとって使うため、つけすぎを防止しやすいのです。これならナチュラルメイクにも使いやすいですね。

乾燥肌の方にもなじみやすい

乾燥肌でもなじむ
パウダーチークをつけるとほほが乾燥してしまうという方はいらっしゃいませんか?クリームチークは特に乾燥が気になりがちな季節に使えば、ほおの乾燥を防ぎやすくなります。
アイテムによってはヒアルロン酸などの保湿成分が含まれているものもあるので、乾燥が気になる方はそういったアイテムを使いましょう。

持ち運びやすい!

持ち運べる
クリームチークは持ち運ぶ際に割れや粉飛びを心配しなくて良いということも、うれしいポイントです。
またメイクをする際にブラシを使わなくていいため、ポーチ内をすっきりできます。

時短メイクもできる

時短メイクになる
指に少量とってほおに滑らせるだけで完了するクリームチークは、メイクも早く完了できます。外出用ポーチに忍ばせておけば、ささっとメイク直しをする際にも役立つでしょう。

実はリップとしても使える

リップとして使える
外出先でリップを忘れてしまったときなどに使えるのがクリームチーク。
リップとしても使うのであれば、保湿成分が配合しているものにしましょう。
「クリームリップチーク」など、もともとリップ使いもできるのを売りにしているアイテムもあるのでメイクアイテムを減らしたい方やリップを持ち忘れてしまう方はリップチークを買っておくと出先でも安心できるでしょう。

クリームチークの使い方はファンデーションで変えよう!

クリームチークの使い方
クリームチークは使用するファンデーションによって使い方がやや異なります。
主なファンデーション別に使い方をチェックしてみましょう。

パウダーファンデーションの場合

パウダーファンデーションの場合

  1. クリームチーク
  2. パウダーファンデーション

の順番で使いましょう。

ファンデーションをのせる際、クリームチークがヨレないように丁寧かつ薄めにのせるのがポイントです。
使用する指でおすすめなのは最も力が入りにくい中指。これでつけすぎを防げますよ!

リキッド(クリーム)ファンデーションの場合

リキッドファンデーションの場合

  1. リキッド(クリーム)ファンデーション
  2. クリームチーク
  3. ルースパウダー(必要に応じて)

の順番で使いましょう。

ほぼ同じ質感をもつリキッド(クリーム)ファンデーションとクリームチークの組み合わせですので、相性はばっちりです。

どちらの場合も、つける際はほお骨の一番高い場所につけるよう心がけてみましょう。
こうすることで顔の形を問わず自然な仕上がりになります。

つける際のワンポイント

クリームチークをつけるポイント
クリームチークは指でのせるのが基本ではありますが、他のアイテムを使ってのせるのももちろんOK。

  • リキッドファンデーション用のスポンジを使って指でのせたところを優しくぼかす
  • 平ブラシでほお骨にそって内側から外側に向かってなじませる

といった方法はクリームチーク初心者さんでも比較的簡単になじませられるはずです。

クリームチークを使ったメイクテクニック

クリームチークのメイクテクニック
ここからはクリームチークを使った、普段のメイクに役立つちょっとしたテクニックをご紹介します。覚えておくだけでいつものメイクがより華やかになります!

2色使いで立体感のある仕上がりに

2色使い
先に薄いカラーのパウダーチークを少し塗っておき、その上から同系色の濃いめカラーのクリームチークをなじませてみましょう。
グラデーション効果でほおがより立体的に演出できるだけでなく、顔のくすみも飛ばせます。
くすみのお悩みの場合は、血色が感じられやすいピンク系カラーがおすすめ。
他のリップやアイメイクを同系色で統一しておけば華やかかつうるさすぎない仕上がりになります。

鼻下やあごにのせて顔つきをよりシャープに演出

鼻と顎の下に塗る
指に残ったチークを鼻下・あご部分にのせると顔全体の輪郭が引き締まり、顔がよりシャープに見えます。

パール入りのクリームチークでツヤ感UP!

パール入りのクリームチーク
顔のツヤが足りない場合は、パール入りクリームチークを選ぶとツヤ感も演出可能になります。ツヤ感を重視したいメイクの場合に便利です。

おわりに

うれしい効果が満載なクリームチークの使い方をご紹介しました。
クリームチークは乾燥やくすみが気になる方には特に使いやすいだけでなく、メイク初心者の方でもつけすぎを防止できる優れたアイテム。
お手持ちのパウダーチークと併せて2色使いもできたりカラー調整がしやすかったりするので、チークメイクのマンネリ化が防げます。
乾燥やくすみ、メイクのマンネリ対策にぜひ使ってみてください!

モチヅキアヤノ
美肌づくりと海外旅行が大好きなフリーライター。
普段は、おもにパックやオイル、お肌に優しい食材やお茶を使ったスキンケア方法でトラブルレスな肌づくりを実践しています。
旅_先では現地のコスメや美容トレンドをサーチしたり、現地のローカルフードを楽しむのが大好き!最近はコスメを身近なものでDIYするのにはまり中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう