これ1つでかわいくも、きれいにもなれる!ほくろメイクのやり方

ほくろのある女性
普段自分にあるほくろを意識しない人は多いかもしれませんが、意外と重要なポイント。目元や口元などにあるとセクシーさやかわいらしさが出る効果があります。
今回はほくろはないけど、メイクで作り雰囲気をグッと変える、ほくろメイクに挑戦してみましよう。

ほくろメイクのやり方

簡単そうに見えるほくろメイク。きれいに見せるためには少しコツが必要なので、詳しく解説していきます。
ほくろを書くときに必要なのは「リキッドアイライナー」または「リキッドアイブロウ」です。点を書くだけでしょ!という方!それは間違い。
リアルなほくろを見ると分かるかもしれませんが、本物のほくろは周りの部分が少しボヤけています。リキッドアイライナーではこのボカしを出すのが難しいので、もう2つアイテムをプラスします。それが、綿棒とアイシャドウ。この2つをアイシャドウをボカす行程に使います。

  1. アイライナー等で点を書く
  2. 乾いたらアイシャドウを綿棒で上からかぶせる

手順はこの2ステップです。ほくろの大きさや濃さによっても印象がだいぶ変わってくるので、自分のイメージに合わせて変えてみてください。
カラーはブラックにすると目立ちすぎてしまうので、ダークブラウンがオススメです。

どこにほくろを書く?

ほくをメイクのやり方
ほくろの書き方は分かったけど、どこに書けばいい?!という方はぜひ芸能人を参考に場所を決めてみましょう。

ローラさん風「目尻下」

女性に人気のモデルと言えばローラさんですが、彼女は左目の下にほくろがあります。涙袋の少し下で、眉尻の真下にくる位置にあるとセクシーさが出せます。この位置のほくろは一般的には「泣きぼくろ」と呼ばれ、セクシーさの代名詞でもあります。

安室奈美恵さん風「唇上」

こちらも大人気の歌姫「安室奈美恵」さん。彼女は上唇の上にほくろがあります。ちょうど上唇の中心から左の口角に向かって半分の位置です。唇ギリギリの位置にあるほくろは、口元を印象的にしてとてもセクシーになります。

蒼井優さん風「頰と目尻」

人気女優の蒼井優さんには右目の目尻と頰に2つのほくろがあります。1つは黒目の真横、目尻から少し離れた場所で、もう1つは眉山の真下・涙袋から少し離れた箇所です。横顔がとても印象的で、大人のきれいさが見えます。

藤井リナさん風「口角上」

かわいらしいほくろの代表とも言えるのがタレントの藤井リナさんのほくろです。彼女は口角上の右と左に2個あります。ニコッと笑ったときの口角の位置から少し上にあると、メイクで作ったのかと思うほど印象的でかわいらしいです。

椎名林檎さん風「あご下」

歌手の椎名林檎さんにはあご下にほくろがあります。とてもセクシーで大人の色気を感じます。ほくろの位置は左の前歯の真下で下唇とあご先の中心と、挑戦しやすい場所でしょう。

場所別ほくろのイメージ

ほくろの位置にはそれぞれイメージがあります。自分のなりたいイメージでほくろの場所を決めるのもいいですね。

1番セクシーなのは「口元」

男性ウケも狙うならオススメなのは、「口元」のほくろ。人と話すときや、食事をするときに、口が動くので自然と目が行き、セクシーさを出すようです。
知性やセクシーさ、かわいらしさまで口の上なのか、下なのかだけでも随分と印象が変わります。比較的挑戦しやすい箇所でもあり、崩れにくいので初めてのほくろメイクにもオススメです。

異性を引きつける「目元」

目元の「泣きぼくろ」は女性にも男性にもダントツの人気です。特に泣きぼくろは、運勢的な意味でも異性を引きつける力があります。目が大きい女性はセクシーさやかわいらしさが増しますし、キリッとした目元の人は、よりクールな印象を与えます。
目元でも目に近ければ近いほどセクシーさがアップ。

さりげないほくろなら「頰」

挑戦してみたいけど、あまり目立つのはやりたくないし、うまく位置が定まらないという方にオススメなのが、頰のほくろです。
ほかのほくろに比べると目立ちにくいですが、さりげないワンポイントになるので、印象チェンジには効果的になります。

おわりに

今回はほくろメイクについてご紹介しました。ほくろと言われるとコンプレックスに感じる人もいますが、上手に使いこなせれば印象を変えるものでもあるのです。
普段のメイクにワンポイント加えて印象チェンジしたいという方は、ほくろメイクに挑戦してみてください。

misia(みーしゃ)
美容ライターmisiaと申します。大手化粧品メーカーで美容部員を経験し、日本化粧品検定1級・2級の知識を活かしてをwebを中心に活動しております。新作コスメやメイク方法、美容など幅広い分野の執筆が得意です。有益な情報提供ができるよう心がけております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう