やっぱり定番!季節を選ばないブラウンアイメイクのコツ

やっぱり定番!季節を選ばないブラウンアイメイクのコツ
アイメイク実践にあたり「目を大きく見せたいけど、ケバくならないか心配で思うようにメイクができない」という方はいらっしゃいませんか?
今回は、目を大きく見せたいけどちょっとアイシャドウの色選びやテクに自信がない方向けに、アイメイクのコツを伝授します!
今回ご紹介するのはブラウンを基調としたブラウンアイメイクは、肌なじみがよく目元が自然に見えやすく、初心者の方にもチャレンジしやすいカラーです。

まずは自分の「アイホール」範囲を把握しよう!

アイホールをチェック
アイメイク前にぜひチェックしていただきたいことがあります。それは、「アイホール」の範囲!
アイホールは、目頭から目尻にかけて半円型を描いている場所です。眼球と骨の境目に指を軽く当ててみて、範囲を把握してみてくださいね。
アイホールを把握せずにアイシャドウをのせると、目元全体がのっぺりした印象になりやすいので、必ずアイホールを確認してからメイクをするようにしましょう。

基本のアイシャドウ手順

基本中の基本!「横グラデアイシャドウ」

横グラデアイシャドウ

アイホール全体にベースカラーをのせる

まずはベースカラーをアイホールにのせます。ベースカラーはアイシャドウパレットの中で一番明るい色。全体にのせることで、目の印象が華やかになります。

アイホール下半分と目尻下にミディアムブラウンをのせる

次は、2番目に明るいブラウンをアイホールの下半分と目尻下にのせます。狭い範囲にのせるため、指ではなくチップかブラシを使うのがコツです。

目と目尻のキワにダークブラウンをのせて完了!

2の手順で使ったチップ(ブラシ)よりも細いもので目のキワ・目尻のキワにダークカラーを塗って完了です。この手順で、きれいな横グラデーションのアイシャドウメイクが完了です!

大人メイクにぴったり!「縦グラデアイシャドウ」

縦グラアイシャドウ

アイホール目頭部分にミディアムカラーをのせる

鼻側の端部分にミディアムカラーを太めブラシでのせてみましょう。

アイホール目尻部分と目尻下にダークカラーをのせる

ダークカラーを目尻にのせることで目に奥行きが生まれます。

アイホールの真ん中にハイライトをのせて完了!

アイホールの中央にハイライトをブラシでのせましょう。中央にハイライトを入れることで、黒目が強調されて目の小ささも解消しやすくなりますよ。

アイシャドウを塗ったら、マスカラとアイライナーで仕上げよう

ブラウンアイメイクなら「ブラウンマスカラ」をチョイス

ブラウンマスカラ
アイシャドウメイクが完成したら、マスカラとアイライナーの出番。アイシャドウにブラウンを使ったら、マスカラもブラウンを使うとやさしい印象になります。
ナチュラルメイクのときにブラウンマスカラを使うことで、ブラックのマスカラよりも印象がきつくなりません。より上品な仕上がりを目指すなら、ボリュームタイプよりもロングタイプのものがおすすめです。

アイラインはペンシルタイプを使って「ひかえめ」に

ペンシルタイプのアイライナー
ブラウンアイメイクの仕上げにアイラインを引きましょう。コツは「ペンシルタイプのブラウンアイライナーでやさしくひかえめに引く」こと!ブラウンカラーのペンシルアイライナーでラインをぼかしながら引きましょう。
リキッドを使うとラインがはっきりしすぎてきつい印象になりやすいので、アイライナーはできるだけペンシルタイプを使うことをおすすめします。
横グラデを強調したいときは目尻を長めに、縦グラデをより強調させたい場合はアイラインをやや太めに引くとgood。うまくぼかせなければ、アイラインを引いたあとチップや綿棒でぼかすと良いですね。

おわりに

季節を選ばず、メイク初心者さんでも比較的簡単にトライしやすいブラウンアイメイクの基本方法とコツをご紹介しました。コツを覚えるだけでいつもの目元が自然ながら華やかな印象に早変わりしますよ。
ぜひチャレンジして、印象UPにつなげられると良いですね!

モチヅキアヤノ
美肌づくりと海外旅行が大好きなフリーライター。
普段は、おもにパックやオイル、お肌に優しい食材やお茶を使ったスキンケア方法でトラブルレスな肌づくりを実践しています。
旅_先では現地のコスメや美容トレンドをサーチしたり、現地のローカルフードを楽しむのが大好き!最近はコスメを身近なものでDIYするのにはまり中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう