外国人のようなハッキリとした顔が手に入る!囲み目メイクとは

囲み目メイク

数年前に流行した囲み目メイクは、最近になって、またこのトレンドが再燃している模様です。以前と変わらないメイクの仕方では、どうしても古臭く、ケバい印象になってしまいます。
今回は、今風にアップデートされた、最旬の囲み目メイクのやり方について紹介します。この機会にマスターして、外国人のようなハッキリとした目元を手に入れましょう!

囲み目メイクは“ナチュラルさ”がポイント

囲み目メイクのやり方

囲み目メイクというと、がっつりと引いたアイラインに、ボリュームたっぷりのマスカラとダークカラーのアイシャドウというイメージをお持ちの方が多いかも知れません。ですが、今っぽい外国人風の囲み目メイクのポイントは、「ナチュラルさ」。ひと昔前に流行した、いかにも「やってます感」が強いアイメイクではなく、あくまでも、自然でソフトな仕上がりにすることがポイントです。

成功の秘訣(ひけつ)はアイシャドウの使い方にあり

ナチュラルさを出すために重要になってくるのがアイシャドウ。といっても、濃いアイシャドウをたっぷりと塗り重ねるのではなく、淡い色のアイシャドウを、効果的にまぶたに乗せていくのです。
その方法さえ習得できれば、ゴテゴテに目元を盛る必要もなく、上品で立体的なアイメイクが完成しますよ。

コスメ選びはしっかりとこだわる

コスメ選びはしっかりとこだわる

ナチュラルな囲み目メイクにマストなアイシャドウ。選ぶときは、薄づきで、色味を抑えたブラウン系をセレクト。ラメ感があまり強くないものにすれば、よりナチュラルな目元を演出できます。

アイライナーも薄づき感を意識!

アイシャドウだけでなく、アイライナーやマスカラ選びも大切です。アイライナーは、色がぼてっと乗らないペンシルかジェルタイプがおすすめ。リキッドアイライナーは漆黒というよりも、グレーに近いブラックにするといいでしょう。

まつ毛はボリュームよりも長さを出す

まつ毛はボリュームよりも長さを出す

目のフレームをよりクッキリさせるマスカラは、インパクトを出すためにボリュームタイプでまつ毛を太く見せると、今どきな囲み目メイクにはミスマッチ。ボリュームよりもまつ毛の長さにこだわって、マスカラはロングタイプを選ぶのがポイントです。

ブラック以外の色を使ってみる

さらにニュアンスのあるメイクを目指したい方は、アイライナーとマスカラをブラウン系やグレー系にしてみるのも一つの方法。ブラックより控えめな色にすることで、肌の色素が薄い印象になり、西洋顔の目元に近づくことができます。

今ドキな囲み目メイクにトライ!

今ドキな囲み目メイクにトライ!

まずは、アイホール全体に薄いベージュのアイシャドウを軽く乗せていきます。次に、淡いブラウンを二重幅より少しはみ出るくらいまで乗せて、下まぶたのまつ毛のキワにも、同じ色を塗っていきます。
最後に、そのブラウンよりも少し濃いめの色を、上まぶたと下まぶたのまつ毛のキワに乗せます。全体に塗るのではなく、目尻から3分の1くらいまででOK!

アイライナーは細く、マスカラは丁寧に塗る

アイライナーは細めに、まつ毛の間を埋めるようにして引きます。このとき、目尻が不自然なハネ上げラインにならないように注意!目幅より2㎜ほど長めに引くのが今っぽいメイクにするコツです。
マスカラを塗る前に、ビューラーでまつ毛をカールしておきます。くれぐれも立ち上がり過ぎないように、ビューラーは徐々に傾きを加えていき、ゆるやかなカーブをつくりましょう。マスカラはまつ毛の付け根から毛先に向かって、スッと力を抜くようにして塗るのがポイントです。

おわりに

自然な仕上がりで、かつ外国人のような“クッキリアイ”になれる囲み目メイク。少しのコツさえつかめれば、どなたでも簡単にトライできます。ぜひ挑戦して、程よくインパクトのある、魅力的な目元をつくってみてくださいね。

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう