混合肌の人は使い分けて!ファンデーションの正しい使い方

混合肌の人は使い分けて!ファンデーションの正しい使い方
テカりやすく乾きやすい混合肌。実はファンデーションの使い方をちょっと変えるだけで、メイクしたての美肌を長時間キープすることができます。
今回は混合肌の人に実践してほしいファンデーションの使い方について、たっぷりレクチャーしていきます!

メイクでオイルバランスを取り戻そう

オイルバランス
Tゾーンはいつもベタついてるのに、ほおや口元は乾燥ぎみ…。そんな混合肌の悩みは、水分と油分のバランスが崩れていることから起こるといわれています。そんな乾燥肌の悩みは、ファンデーションで肌のオイルバランスを整えることで、コントロール可能です。
そこで覚えておきたいのが、顔の部位によってファンデーションを使い分けるという方法です。このやり方であれば難しいテクニックがなく、誰でもカンタンに理想の美肌に近づけるはずです!

ファンデーションを使い分けるって?

ファンデーションは使い分けが肝心

ファンデーションの使い分け
混合肌はTゾーンがオイリーな一方、ほおや目元の油分はかなり少なめという人が多いでしょう。その油分の偏りをファンデーションの使い分けで調節してあげると、全体的に潤いのある滑らかな肌状態に導くことができます。とは言っても、使うのは2つのファンデーションだけです。

Tゾーンにはパウダータイプをオン

Tゾーンにはパウダータイプ
皮脂の分泌が盛んなTゾーンには、油分を抑えてくれるパウダータイプのファンデーションを使います。マットなものを選び、さらに汗や水もはじいてくれるウォータープルーフであればなおよしです。軽いつけ心地が好きな人は、ルースタイプのファンデーションもおすすめです!

他の部分にはリキッドやクリームタイプを

目元・口元にはクリームタイプ
Uゾーンやほお、目元、口元など乾燥が気になる部分にはリキッドやクリームタイプのファンデーションを使います。これらのタイプは油分や水分を多く含んでいるので、乾きやすい部分もしっかりと潤いが持続しやすくなります。
高いカバー力を求めるならクリームタイプを、透明感や薄づきを求めるならリキッドタイプがおすすめ。ファンデーションごとに特性に違いがあるので、ぜひ自分に合ったものを見つけてみてください。

ファンデーションの塗り方も覚えよう

乾燥しやすい部分はリキッド or クリームタイプ

リキッド・クリームファンデーション
油分が少ないUゾーンに目元や口元など、乾燥しやすい部分からリキッドまたはクリームタイプのファンデーションを塗っていきます。パウダーファンデーションより先にするのは、できるだけムラになったりヨレたりするのを防ぐためです。ゆるいテクスチャーのものを先に乗せることで、均一な肌がつくりやすくなるのです。
角のあるスポンジを使えば、目や唇まわりなど細かい部分にもファンデーションがピタッと密着します。ほおにはファンデーション用のブレンダーを使うと、手早くフローレスになじませることができます。

Tゾーンにはパウダータイプを乗せて

パウダーファンデーション
感想しやすい部分にファンデーションを塗り終えたら、次はTゾーンを仕上げていきます。先に塗ったファンデーションとの境目は、スポンジをそのまま滑らせるとヨレの原因になるので、様子を見ながら丁寧になじませていきます。ブラシでパウダーを乗せるときは、筆先が小さめのものを使うと乗せやすくなります。

おわりに

1年を通して揺らぎやすい混合肌。ファンデーションを適切に選びつつ正しい使い方をすれば、各段にもちがよくなってメイク崩れも改善することができます。早速トライしてテカりやカサつき知らずの完璧なベースメイクをかなえましょう!

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう