目元が寂しい!マツエクがとれかけたときの5つの対処法

目元が寂しい!マツエクがとれかけたときの5つの対処法

マツエクのもちは3週間から4週間。だいたいそのくらいにサロンへ予約を入れたりするところ…ですが、急な仕事、子供の体調、サロンの予約状況などなど…何かと上手くいかないこともありますよね。

そこで今回は、マツエクがとれかけて目元が寂しい!という時にしたい対処法を5つまとめました。

スクリューブラシで整える

マツエクをしていると毎日のお手入れってどうしたら良いのでしょうか?実はちょっとしたお手入れでマツエクが長く持つこともあります。

優しく整えて絡み防止

優しく整えて絡み防止

マツエクが取れてしまう原因のひとつにマツエク同士の絡みがあります。毎日の洗顔やお風呂、瞬きなど、マツエク同士がこすれ、絡み、変な方向を向いてしまうことも。

そんな絡みをとかすため、スクリューブラシを使います。マスカラのブラシのような形状で優しくなでるように整え、絡みをといていきましょう。

自分でリペアする

最近では“セルフマツエク”をしている方も多いですよね。全部自分でつけるのは難しいかもしれませんが、取れてしまった部分のみであればできちゃいます。

マツエクのリペアキットを使う

実はマツエクを自分でリペアするキットが市販されています。数千円程度で購入できるので、1つ手元に置いておくといざというときに便利なアイテムです。

ただし、専門のサロンがあるほどなので素人が簡単にすぐできるわけではありません。筆者もセルフでマツエクをしますが、やっぱりある程度の練習や慣れも必要です。説明書をよく読み、気を付けながらやっていきましょう。

フレアタイプのエクステを選ぶ

フレアタイプのエクステを選ぶ

まつ毛に対して1本ずつつけるエクステは難易度が高いかもしれません。そこで使いたいのがフレアタイプのエクステ。専用の接着剤を根元につけたら自まつ毛の根元に優しくおきます。

マツエクがとれてスカスカだった部分に、1つ置くだけでフレアタイプならカバーしてくれます♪

つけまつげでカモフラージュ

「サロンまであと1週間!」であればつけまつげでカモフラージュしてみるのもおすすめです。部分用のもの、ナチュラルなものなど、今のマツエクの取れ加減にもよって調節も可能です。

部分用つけまつげがオススメ

目尻だけが取れてしまったときには、部分用つけまつげを使ってみましょう。マツエクが取れて寂しくなってしまった部分に、つけまつげ用のノリを使ってさっと取り付けられますよ。

D-UP アイラッシュポイントフィット

D-UP アイラッシュポイントフィット

D-UP
アイラッシュポイントフィット

  • 内容量|120ピース
  • 価 格|1000円(税抜)
  • 発売日|-
おすすめ度 ★★★★

おりはらまいご

マツエクが取れてしまった部分にちょうどフィットする程よい大きさのポイントつけまつげ。1000円で120ピース入っているのもコスパが良くて◎。

ナチュラルなものを使ってみても

つけまつげが大流行したころには“盛る”ため、とても濃いタイプのつけまつげが多かったですが、最近ではメイクの流行に合わせ、ナチュラルなつけまつげも多く売り場で見かけるようになりました。ボリューム感よりも長さを足すイメージで、ナチュラルなつけまつげを選ぶと失敗が少ないかもしれません。

D-UP ラッシュボーテ

D-UP ラッシュボーテ

D-UP
ラッシュボーテ

  • 内容量|2ペア
  • 価 格|1200円(税抜)
  • 発売日|-
おすすめ度 ★★★★

おりはらまいご

美容家神崎恵さんプロデュースのつけまつげ。大人の女性が付けていても違和感のないナチュラルさと可愛さが特徴です。

マスカラをしっかりつけてみる

普段マツエクをしていると「マスカラはしない」という方も多いかもしれません。しかしマツエクが取れかけてしまった目元にはマスカラをON。取れた部分、取れていない部分もさっとなじませてくれます。

お湯で落とせるタイプを使う

この投稿をInstagramで見る

@truly.5がシェアした投稿

マツエクが取れかけ、ばらついた目元をなじませてくれるマスカラですが、注意したいのが、必ずお湯でオフできるフィルムタイプのものを使うこと。

ウォータープルーフタイプのものなどは強めのオイルクレンジングでないと落ちないことも多々あります。それではせっかく残っているマツエクもすべて取れてしまうことに…。必ずまつ毛への負担が少ないフィルムタイプをセレクトしてくださいね。

オペラ マイラッシュ アドバンスト

オペラ マイラッシュ アドバンスト

オペラ
マイラッシュ アドバンスト

  • 内容量|-
  • 価 格|950円(税抜)
  • 発売日|-
おすすめ度 ★★★★

おりはらまいご

あっという間にきれいなまつ毛にしてくれるオペラのマイラッシュ。繊維が入っていないのにナチュラルにぐんぐん伸びるフィルムタイプのマスカラです。

オイルクレンジングで落としちゃう

もうどうしようもない!なんて場合には自分で取ってしまうのも1つの手。しかし専用のリムーバーは簡単には購入できませんし、素人には扱いにくいものです。そこでオイル系のクレンジングを使用します。

マツエクを付けたときにアイリストさんから「オイルクレンジングは使わないでください」と説明されたと思います。なぜなら、オイルクレンジングはマツエクのグルーを取って寿命を早めてしまうからです。

まつエクにオイルクレンジングはNG。それを逆手に取る

それを逆手にとって、マツエクがまばらに取れてしまったときに、優しく目元になじませて使うことも。マツエクを引っ張って取るのは当然NG。自然に取れるのを待ちます。

気を付けたいのは、自分でマツエクを取るのはまつ毛を傷め、生えてこなくなってしまうリスクがあること。オイルクレンジングは最後の手段と理解して、できるだけサロンで取ってもらうようにします。

おわりに

今回はマツエクが取れかけてしまった際にするべき対処法を5つご紹介しました。基本的にはサロンで対応してもらうのが一番!でも多忙でサロンにいけない、予約が取れなかった・・・など、でもどうしても!な時に役立ててくださいね!
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

おりはらまいご
24歳/2人の男の子のママです。内側からの美容法や食養生などの勉強をしながらライター活動をしています。コスメやセルフジェルネイルも大好きです。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう