サマー(夏)タイプの人に似合うアイシャドウの選び方

アイシャドウを塗る女性

クールでスマートな雰囲気が漂うサマータイプ。涼しげな色がよく似合うタイプではありますが、定番のブラウンや、ガーリーなピンク系アイシャドウを使用する際は、ちょっとした色選びの工夫が必要です。
そこで今回は、サマータイプの基本特性を解説しつつ、その魅力が引き立つようなアイシャドウカラーの選び方についてご紹介。アイメイクがもっと楽しくなるヒント、満載です!

似合う色を判別できるフォーシーズン診断

最初に、皆さんは今回のテーマである、サマータイプという言葉を聞いたことがありますか?
これは、とあるカラー分析による診断結果の一つで、他にもスプリング、オータム、ウインターと、全部で4つのタイプがあります。この分析法は、似合う色を見分けるフォーシーズン診断と呼ばれるもので、はじめは目や肌などのボディーカラーをチェック。そして最終的に、春夏秋冬のうちのいずれかにカテゴライズされるというものです。

例えば今回のサマータイプ。このグループの人は、白みがかった淡い色やシルバー、またはネイビーなど、暑い夏でも涼やかな気分になれるような色調が、全体の雰囲気にマッチするカラーだとされています。

サマータイプについてもっと詳しく!

では、もう少し具体的に見ていきましょう。
サマータイプの最大の特徴は、肌があおみを帯びた、ブルーベースであるということです。しかし同時に、紫味や緑味もほんのり感じられ、数種の色合いが複雑に混じり合っています。したがって、あまり彩度は高くありませんが、非常に透明感のある肌と言えるでしょう。
そして、瞳は茶系であっても黒に近い色で、くっきりとしていながら優しい印象です。

またこのタイプの方は、爽やか、繊細、涼しげといったキーワードで表現でき、ソフトでエレガントなムードを感じさせます。

アイシャドウはブルー系やパープル系を!

先ほどもお伝えしたように、あおみを帯びた肌色であることがサマータイプの特徴。ですので、ブルー系のアイシャドウは基本的によく似合います。

しかし、緑っぽさを強く感じるものや黄みがかっているものは、お肌をくすんで見せてしまうことがあるので注意が必要です。また、スキンカラーが繊細なトーンであることから、あまりにもハッキリとした色を選ぶと、サマータイプならではのニュアンシーな雰囲気を壊してしまいます。

サマータイプが使いやすいのはこんな色

ブルー系のアイシャドウカラーにするなら、淡いペールブルーや澄んだ水色が良いでしょう。また、ラベンダーのような白みのあるパープル系も非常に似合います。サマータイプがこれらのようなアイシャドウを塗ると、もともとの肌の透明感がさらにアップ。すっきりとした目元を印象づけられ、りんとした女性像を体現できます。

他の色でもアイメイクを楽しみたいなら

女性の目元の画像
サマータイプに映えるアイシャドウカラーは、もちろんブルーやパープル系だけではありません。他にも似合う色はたくさんあります。ここでは、デートシーンに活用したいピンクや、デイリーメイクに必須のブラウンシャドウについて解説していきます。

青よりのローズ系ピンクも似合います

ピンク系を選ぶ際は、コーラルやピーチといった黄色を差したようなピンクではなく、あおみのあるローズ系がお勧め。鮮やか過ぎないソフトピンクやローズカラーをまぶたに乗せれば、サマータイプらしい涼やかさの中に、キュートなかわいらしさも同居して、絶妙な駆け引きメイクが完成します。

ブラウン系を使う場合はここがポイント!

寒色が得意なサマータイプには、温かみのあるブラウン系アイシャドウは似合わないと思っている方がいらっしゃるかも知れません。ですが、ほっこりカラーのブラウンも、色選びさえきちんと工夫すれば、ちゃんとサマータイプに似合うアイメイクができるのです。

ポイントは、テラコッタのような黄みのあるものでははく、紫がかったローズブラウンなどをセレクトすること。赤みのあるブラウンも肌になじみやすく、ホリの深い目元を演出できますよ。
また、ブラウンシャドウの下地や、最後のぼかしとしてベージュカラーを使用する場合は、赤みやピンク味の感じられる、明るめのものを選んでおくのがベターです。

おわりに

いかがでしたか?涼やかな色が似合うサマータイプ。ところがうっかり色選びを誤ると、寂しい印象や肌の透明感が損なわれることもあります。サマータイプの方は、ぜひこの機会に自分になじむ色を覚えて、魅惑的な目元をつくっていきましょう!

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう