カバーもできて薄づき?新感覚ジェルファンデーションとは

新感覚のジェルファンデーション

パウダーにリキッド、スポンジなどさまざまなファンデーションがありますが、特に注目されているのはジェルファンデーション。厚塗り感がないので、そばかすやニキビ跡などもムラなくカバーできるのが魅力です。
今回は、気になるジェルファンデーションの魅力や特徴、使い方を詳しく見てみましょう。

水分量の多さが魅力の「ジェルファンデーション」

ジェルファンデーションの使い方

ジェル状になったファンデーションであるジェルファンデーションは、ジェル状のため水分量が多く、肌への密着力が強いので、伸びが良いのが特徴です。アイテムによっては、ヒアルロン酸やロイヤルゼリーなどを配合した、保湿重視のものもあります。

強いカバー力で化粧崩れも少なめ

他のファンデーションに比べて肌に密着しやすいジェルファンデーションは、強いカバー力でさまざまな肌トラブルをカバーしやすいのも魅力。
また、少量でも良く伸びるので、厚塗りによる化粧崩れがしにくいのも見逃せません。こまめな化粧直しができないときには、特に使い勝手が良いファンデーションです。

ジェルファンデーションの使い方

ジェルファンデーションの使い方

水分量が多いジェルファンデーションでも、水分不足のお肌に直接乗せてしまうと、みずみずしさやツヤ感、カバー力が大きく劣ります。まずは十分なスキンケアで、潤いのある肌づくりからはじめてください。
ジェルファンデーションは少量でも伸びやすいファンデーションではありますが、塗る量が少なすぎるとやはりムラになりやすいので、用法・用量を守って使いましょう。手の甲にのせて温めると、肌なじみがよくなります。

パーツごとになじませながら塗る

ジェルファンデーションはパーツごとにのせて、スポンジやブラシでなじませます。鼻やあご、おでこなど、とがった部分は気持ち薄めに塗っておくと油浮きが気になりにくいだけでなく、ナチュラルな印象に。
全体になじませるときには、外側に向かってなじませると自然な仕上がりになります。また、指で塗るとより自然な仕上がりに見えるだけでなく、密着感も向上します。全体にファンデーションがなじんだら、軽くティッシュオフして余分なファンデーションを吸収させたら完了です。

透明感がアップする塗り方のコツ

透明感がアップする塗り方のコツ

透明感をアップさせるためには、小鼻周りをプレストパウダーで軽くたたきましょう。これによりテカリが出にくくなるだけではなく、透明感とナチュラル感を長時間キープできます。
より透明感をアップさせたいなら、目の下のほほ骨のあたりとあご、Tゾーンにハイライトを入れることでメリハリが出て、透き通ったお肌が演出できます。

おすすめはパールカラーのハイライト

透明感を演出するためには、パールカラーのハイライトがおすすめ。皮脂が浮きやすい鼻筋やTゾーンに広範囲に入れると、Tゾーンと鼻筋がテカテカして見えてしまうので、やりすぎないようご注意!

おわりに

リキッドファンデやパウダーファンデと比べてマイナーなものの、リキッドファンデーションはひと塗りでみずみずしさやカバー力が得られるファンデーションです。使い方のコツを踏まえて、メイクに取り入れてみませんか。

モチヅキアヤノ
美肌づくりと海外旅行が大好きなフリーライター。
普段は、おもにパックやオイル、お肌に優しい食材やお茶を使ったスキンケア方法でトラブルレスな肌づくりを実践しています。
旅_先では現地のコスメや美容トレンドをサーチしたり、現地のローカルフードを楽しむのが大好き!最近はコスメを身近なものでDIYするのにはまり中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう