しっかりメイクは卒業!ナチュラルメイクの基本

メイクする女性

透明感あるナチュラルメイクの美人さん…憧れますよね。ナチュラルメイクは、自分の良さを生かしてより美しく、よりかわいくなるためのメイクです。しっかりメイクより抜け感や透明感があって、女子ウケも男子ウケも抜群。
今回は、あなたの良さを最大限発揮するための、ナチュラルメイクの基本を学んでいきましょう!

ナチュラルメイクの基本はベースメイク

パフをもっている女性

ナチュラルメイクには、ツヤ感のあるファンデーションがおすすめです。下地やファンデーションの前にまず、しっかり洗顔してよく保湿しましょう。スキンケアを徹底することで肌の状態が改善されて、ベースメイクのノリが良くなります。

内側から外側に薄くしてナチュラルな凹凸を演出

ベースとなるスキンケアのあとに、下地やファンデーションをのせていきます。外側に向かうようにファンデーションを薄付きにすれば、顔がのっぺりせずナチュラルな凹凸感が生まれます。
皮脂分泌の多い鼻はファンデーションが崩れやすいので、気持ち少なめにのせましょう。

印象を左右する眉メイク

印象を左右する眉メイク

ナチュラルな抜け感を演出するために、ナチュラルメイクではキリッとした眉ではなくふんわりやわらかい眉を目指しましょう。
アイブロウは髪の毛の色より少し明るい色のパウダーアイブロウがおすすめ。色の濃さの違うのが数色入っているものが、コスパも良くておすすめです。

眉メイクは抜け感の演出が大事

ナチュラルメイクの眉メイクでは、眉山から眉尻と眉頭に向かって、徐々に薄くなるように描くのがポイント。特に眉頭はブラシに残るパウダーを軽くのせる程度にして、抜け感を出しましょう。

アイメイクは細く塗ってしっかりなじませる

アイメイクは細く塗ってしっかりなじませる

キメがちなナチュラルメイクのアイメイクは、細く塗ってしっかりなじませることでナチュラル感を出していきます。
アイシャドウはマット感よりもツヤ感があるもの、アイラインはまつ毛の隙間を埋めるようなものを選びましょう。どちらも塗るときには、できるだけ細く塗ってしっかりとなじませるのがナチュラルに仕上げるポイントです。

マスカラはロングタイプでボリュームアップ

細く塗ってなじませるのが肝心なアイシャドウとアイメイクに対して、マスカラはロングタイプで自然なボリュームアップを目指します。
塗る前にスクリューブラシでまつ毛の流れを整えて、塗ってから乾くまでにコームでだまを取ることで、グッとナチュラルな目になります。

なじむ色のチークとリップでナチュラルな血色を演出

チークとリップでナチュラルな血色を演出

チークでナチュラルな血色を出すためには、色と位置がポイント。チークでナチュラルな血色を出すためには、色と位置がポイント。まず色は、自分の肌色に自然になじむ色にしましょう。
笑ったときに一番高くなる場所を起点に外側の斜め上に向かってふんわりのせます。薄いと感じるくらいがちょうどいいナチュラルさです。

リップは薄いピンクやベージュ系でナチュラル感を演出

リップは、薄いピンクやベージュ系でナチュラル感を出します。リップグロスを使うとツヤツヤしすぎるなら、リップクリームやリップバームでしっかり保湿してからリップだけを塗ると、自然なツヤ感が出ます。

おわりに

自分の顔のすてきポイントを隠さず、いつものしっかりメイクから少し方法や道具を変えるだけで、自然な透明感や抜け感を演出できるナチュラルメイク。
ナチュラルメイクをマスターして、憧れのナチュラル美人になっちゃいましょう!

さきこ
地方都市に住む20代女子です。体の内側からきれいになることを目指していて、栄養学や東洋医学を勉強中。最近は整体に通って、体のメンテナンスをしています。ぽっちゃり体型&童顔なことが悩みで、すっきり大人っぽく見えるファッションやメイクを日々研究しています!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう