オータム(秋)タイプの人に似合うアイシャドウの選び方


知的で大人っぽいムードが漂うオータムタイプ。その落ち着いた雰囲気は、洗練されたオーラを放つ一方で、メイク次第では地味な印象になってしまうこともあります。そこで今回は、アイシャドウカラーに焦点を当て、オータムタイプに似合う色の選び方を徹底レクチャー。ぜひ参考にして、やぼったさのない、魅惑的な目元づくりをめざしましょう!

オータムタイプの人は茶系が得意

ところで皆さんは、フォーシーズン分類という言葉を聞いたことがありますか?これは、それぞれに似合う色を見つけるための分析手法のことで、四季(フォーシーズン)のイメージを用いておこなわれます。
この方法では、肌や目などのボディカラーをもとに、その人があてはまる季節タイプをチェック。それぞれの季節には、そのシーズンをイメージさせるカラーグループが設定され、それがそのまま各タイプに似合う色になるのです。
フォーシーズン分類には4タイプがありますが、中でもオータムタイプの人は、黄味の強いオークル寄りの肌色であることが特徴。まさに秋を連想させるような、茶色などの褐色系がよく似合います。

オータムタイプについてもっと詳しく!

このタイプの人たちに共通する点を、もう少し細く見ていきましょう。主にオータムタイプは、以下のような項目が該当するとされています。

  • 肌色は黄味を帯びたイエローベースで、オレンジ味も感じられる
  • 肌の彩度はあまり高くなく、しっとりとした質感をしている
  • 瞳はダークな茶系である。 など

またこのタイプの人が持つ雰囲気は、シック、アダルト、あでやかといった言葉で表現でき、暗く深みのある色を身につけると、とても調和のとれた上品な印象に仕上がります。

アイシャドウは渋みのあるディープカラーを


先ほども述べましたが、オータムタイプの肌色は黄味の強いオークル系。アイシャドウを選ぶときも、そんなスキンカラーになじむ温かみのある色がおすすめです。紅葉や秋の木の葉を想起させるような色と覚えておきましょう。
特にブラウンは、薄いのものから濃いのものまで幅広くマッチ。顔色も沈むことなく、クラス感のある目元を演出できます。他にも、カーキやモスグリーン、ソフトなオレンジ系も似合います。ブルー系のアイシャドウをつけたいときは、黄色を帯びたピーコックブルーなどがいいですね。
このように、どんなアイシャドウカラーを選ぶにしても、深みのある落ち着いた色合いをセレクトすることがポイントです。

避けたいのはクリアで彩度の高い色

シックでこっくりとしたカラーが似合うオータムタイプは、淡い色やコントラストの強い色をあまり得意としません。彩度の高い色を肌に乗せると、その色が悪目立ちして血色が悪く見えてしまうことがあるのです。
また、青味を感じるブルーベースの色にも要注意!黄味が強いオータムタイプのスキンカラーには、ブルーベースの色はアンバランスに見えます。アイシャドウを選ぶときはあくまでも、褐色系の、秋らしい色からセレクトするのが良いでしょう。

ゴージャスなアイメイクを楽しもう!

オータムタイプのしっとりとしたオークル系の肌色は、健康的でありながら艶っぽさも感じられる、魅力的なスキンカラーです。せっかくならその持ち味を生かして、とことんリッチな雰囲気を追求してみるのはいかがでしょうか?
他のシーズンタイプにはない、静かで穏やかなレディの空気を持つオータムタイプは、そんなアイメイクを施しても派手になり過ぎず、贅沢で優雅なまなざしをつくることができますよ!

おわりに

いかがでしたか?秋というと、質素な色を連想する方がいらっしゃるかも知れませんが、そんな色調をうまく華やかに使いこなせるのが、オータムタイプの人たちです。
ぜひこの機会に、似合うアイシャドウの選び方をマスターしていただき、よりチャーミングになれるアイメイクにトライしてみてくださいね!

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう