濃いメイクをしたいけどケバくはなりたくない!きれいに濃いメイクをやる方法

メイクをする女性のイメージ
普段ははやりの抜け感を意識したメイクをしているという方も、パーティーやオフィシャルな場では、きちんとした濃いメイクをしていきたいと感じているのではないでしょうか?いざ濃いメイクをやろうとすると、やり過ぎておかしなしあがりにならないか不安になりますよね?
そこで今日は、バランスの良いきちんとメイクにしあげるコツを詳しく解説していきます。

ベースメイクは作り込みの手間を惜しまない

スキンケアでもっちり肌をキープ

メイクの前にスキンケアをしっかりとします。乾燥した肌では化粧ノリも悪く、いくらメイクテクがあってもきれいなお顔にしあげることはできません。毎日の保湿ケアを怠らないようにしましょう。

コンシーラーやコントロールカラーで肌の色を整える

肌のくすみやシミなどの気になる部分は、コンシーラーやコントロールカラーで整えておきましょう。この一手間で肌の印象は大きく変わってきます。

クリーム・リキッドファンデーションでツヤ感のある肌に

ファンデーションはカバー力がありツヤ感もでる、クリームタイプやリキッドタイプがおすすめ。ただし厚塗りは厳禁!

Tゾーンのハイライトとノーズシャドウでメリハリのある顔立ちに

濃いメイクのポイントはくっきりとした目鼻立ち。Tゾーンにハイライト、鼻筋にノーズシャドウを入れると普段の自分とはまた違った印象になります。はじめてならパウダータイプがおすすめですが、ツヤ感を求めたいなら練りタイプGOOD。
やり過ぎるとケバい印象になってしまうので、鏡で確認しながら少しずつつけるようにしましょう。

フェイスパウデーで毛穴レスにしあげる

しあげにフェイスパウダーを薄く付けることで、ファンデーションの持ちも良くなり、毛穴もきれいに隠してくれます。ぜひ試してみてください。

アイメイクは抜け感を出しつつきっちりと

メイク道具のイメージ

眉毛はやや太めにしあげる

ナチュラルメイクが流行している昨今は、眉毛も自然な印象にしあげるのがトレンドですが、濃いめのメイクでは、眉毛もくっきりとした印象にした方がバランスが取れます。
眉毛が薄い方はリキッドタイプのアイブロウで描き足して、しあげにパウダータイプブロウでふんわり整えると良いですよ。

アイシャドウは同色系のグラデーションで奥行きのある目元に

アイシャドウは同色系のグラデーションでしあげると、ちょうど良い華やかさになります。色味を入れ過ぎるとやりすぎ感が出るので注意しましょう。

まつげは細く、長く

まつげはボリュームよりも長さを出すことを意識しましょう。ロングタイプのマスカラを少しずつつけていくのがポイント。マスカラ下地をつけておくとカールの維持もきれいにできるのでおすすめ。

囲み目アイライナーはやらない!

アイラインを上下にグルっと引くと、かえって小さい目に見えてしまいますし、ケバい印象になってしまうので厳禁です。また太過ぎるアイラインもおすすめできません。
二重の幅よりも狭く、先を少しはみ出させるように引いてみましょう。どうしても下まつげの部分にも引きたいという方は、黒ではなくブラウンのアイラインを取り入れてみて。

ポイントメイクは丁寧に!でもやりすぎない

チークはオレンジ系で華やかに

濃いメイクのチークにはオレンジ系がおすすめ。ふんわりと色をのせたい方はパウダーを、少しはっきりと色を出したい方はクリームタイプがおすすめです。

ペンシル+ブラシで目指せぷっくりリップ

リップをきちんとしあげると、濃いメイクの完成度は格段に良くなります。普段はグロスだけという方も、濃いメイクの時はリップペンシルとリップブラシを使ってみましょう。リップペンシルで輪郭を引き、リップブラシで口紅を丁寧に塗ってあげると、憧れのぷっくりリップが完成です。口紅の持ちも良くなるのでおすすめです。

おわりに

いかがでしたか?ポイントをきちんと押さえれば、濃いメイクも怖くはありません!始めは少しずつ色をのせていき、バランスをとりながらメイクを進めていきましょう。
もう少し華やかさを出したい!というときは、ラメ入りのパウダーがおすすめ。アイホールの真ん中に少しのせたり、フェイスパウダーをラメ入りにすると、色味を足さなくても華やかさがぐんとアップしますよ。

さくら
化粧品関連メーカーにて、化粧品に配合されるエキスの開発や薬事申請業務に従事しました。現在はフリーライターとして、美容関係の記事を執筆しています。
得意分野は肌トラブルの原因と対策方法の解説、化粧品に配合される成分の解説です。2016年に日本化粧品検定1級を取得。
大の広島カープファンで趣味は野球観戦です♪”