ウィンター(冬)タイプの人に似合うチークの選び方

チークを使っている女性

クリアで澄みきった肌色が特徴的なウィンタータイプ。はっきりとした色が映える人たちではありますが、その一方で、チークカラーによっては少し寂しい印象になってしまうタイプとも言えるでしょう。
そこで今回は、ウィンタータイプのほほにつややかな血色感を宿らせる、正しいチークカラーの選び方をご紹介。ぜひチェックして、生き生きとした幸せ肌を手に入れましょう!

知っておきたいウィンタータイプの特徴

似合う色を見分けるために大切なこと。それは、肌や目、髪の色などを、予めしっかりと観察することです。
似合う色はその人のボディカラーと密接に結びついているので、フォーシーズンカラーの中でも、ウィンタータイプに共通する身体的色調について整理しておきましょう。

ウィンタータイプのボディカラー

この季節タイプの人たちには、主に、以下のような項目が当てはまります。

  • 肌色は青味を帯びた、ブルーベースである。
  • 地毛はダークブラウン、または深いブラックである。
  • 黒い瞳で、白目と黒目のコントラストが強い。など。

上記のようなボディカラーに加え、個性的でシャープな雰囲気の人が多いということも、特性として挙げられます。
ウィンタータイプの魅力を十分にいかすためには、その存在感に負けないはっきりとした色を使いこなすことが重要。よどんだ色やくすんだ色は、どこか物足りない印象になってしまうのです。

4タイプの中でも派手色が一番得意

ウィンタータイプに似合う色を定義するフォーシーズン(四季)分類には、他にも、スプリング、サマー、オータムと、3つの季節グループが存在します。
フォーシーズン分類とは、似合うカラーを見つけるためのカテゴライズ法のひとつで、身体的色調によって導き出された季節タイプごとに、マッチする色グループが定められています。
これらの色グループは季節ごとのイメージカラーによって構成されており、ウィンタータイプであれば、ヒイラギのような緑、クリスマスを思い出す鮮烈な赤など、ヴィヴィッドで鮮やかな色味が特に多め。つまり、コントラストの強い、華やかなインパクトカラーが似合うタイプなのです。

チークは黄色味のないものを選ぶ

左端にチークの入っているポーチ
ウィンタータイプに好適なチークカラーについて見ていきましょう。まず前提となるのが、どんな色を乗せるにしても、黄味が感じられない青味がかったものを選ぶということ。
ウィンタータイプは肌がブルーベースであるため、チークもブルー味を帯びたカラーにすることで、とても調和の取れたメイクに仕上がります。
また、はっきりとしたカラーが似合うこのタイプは、ぼやけや濁りのある色が不得手。顔全体に影が多くなったように見え、血色感も失われてしまうので、できれば選ばないようにしておきましょう。

レディに香るローズ系がぴったり!

青味のあるチークカラーと言っても、深めのワインカラーや濃いめのピンクなど、そのバリエーションはとても豊富。しかし、ウィンタータイプなら、大人っぽいワイン系も、ヴィヴィッドなピンク系もうまくつけこなすことができるでしょう。

その中でもとりわけお勧めなのが、女性らしいローズ系の色合い。青味の強いカラーなので、淡く色づくものからくっきりと発色するものまで、幅広く似合います。
また、ローズ系は上品でありながらも地味さのない色なので、ウィンタータイプの魅力が引き立ち、それどころか、透明感が増して見えるという効果も期待できます。

スキンカラーによって使い分けよう!

ウィンタータイプの肌色は基本的にブルーベースですが、それに加えて、緑味や赤味も感じさせる人がいます。チークを購入するときには、自分のスキンカラーを改めて確認し、肌に溶け込むような色選びを心掛けましょう。
しっくりくる色がなかなか見つからなければ、複数のチークを混ぜて、自分だけのオリジナルカラーをつくってみるのもおすすめです。

おわりに

いかがでしたか?明るく深みのある色が似合うウィンタータイプ。いくつかのポイントを押さえつつ、ぜひいろいろトライして、その神秘的な雰囲気に見合う微妙な色合いの肌づくりを楽しんでくださいね!

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう