老け顔メイクはさよなら!若返るメイク方法を教えます

若返るメイク方法
せっかくばっちりメイクでキメたのに、「仕上がりが何だかオバサンくさい!」と感じたなら、今のメイクはすぐに見直すべきです。「でも、いったいどこからどう改善すればいいの!?」と、大人女子のモヤモヤを解消すべく、今回は、ちょっとの工夫で若返る、とっておきのメイク方法をレクチャーします。

つくり込まないことが若見えメイクのコツ

年齢と共に現れる、肌のエイジングサイン。シミや小じわ、くすみなど、ついついその全てをメイクで隠したくなりますよね。でも実際は、メイクでカバーしようとする気持ちが、老け顔をつくってしまうんです!厚塗りになればなるほど、肌の透明感が薄れ、塗ってる感だけが目立ってしまう結果に。
さらに、アイメイクやリップメイクも、力を入れるほどやぼったくなってしまいます。目指したいのは、程よくすっぴんぽさを残した、ヌケ感のあるメイク。肌本来のナチュラルさを残しつつ、気になる部分はポイント的にカバーしていくのが、若返りメイクのやり方です。

ベースメイクで若返る方法

肌のアラを覆いたくなる衝動に駆られても、ファンデーションをべったり塗るのはNG。あくまでも、塗る量は必要最低限にして、薄づきを意識しながらベースを仕上げていきます。
ここでポイントになってくるのが、目の下の三角ゾーン。この部分がキレイだと、顔全体が若く、肌も美しく見えます。なので、その三角ゾーンだけにファンデーションをのせる方法でもOK!または、ハイライトをまぶして、レフ版効果を狙うのもおすすめです。

コンシーラーとチークも使い方にご用心!

どうしても隠したいシミやくすみがある場合は、その部分だけにコンシーラーを使いましょう。時間がたってもヒビ割れしない、クリーミーなテクスチャーのものを選ぶのがベターです。そして、最後のチークは赤く色をつけるのではなく、自然な蒸気肌を演出するイメージでふんわりとのせてください

アイメイクで若返る方法

アイメイクで若返る方法
第一印象を左右する目元。インパクトを出したいからと言って、パキッと発色するアイシャドウを選ぶのはちょっと待ってください。色の強さで勝負するのではなく、淡カラーをぼかして広げるのが、今っぽいアイシャドウの使い方です。
アイラインも、ペンシルアイライナーで曖昧に描くのがGOOD。リキッド派なら、細く繊細なラインを心掛けましょう。そして、アイメイクに欠かせないマスカラは、まつ毛の根元を重点的にしっかりと!毛先にはあまりのせず、エアリーなまつ毛にするのが、古臭く見えないコツです。

アイブロウはゴシゴシ描かない!

その人の個性が出る眉毛。毛がしっかり生えている人はもちろん、薄めな人も、ゴシゴシとアイブロウを描くのは控えましょう。本体なら毛流れがあるはずの眉が、のっぺりとした感じになってしまいます。眉頭は薄く、そして眉尻は少し濃いめに。色や力の入れ具合に注意して、立体的に描いていくのが失敗しない方法です。

リップメイクで若返る方法

表情に華を添えてくれるルージュ。マットに色づくものよりも、ツヤのあるルージュを選び、はじけるようなぷるんとした唇を手に入れましょう。または、グロスを中央部分だけに塗って、ジューシーな質感にするのもいいでしょう。メイクをする前に、薬用リップで唇をふっくらさせておくのも効果的です。
唇の色素沈着が気になる人は、ルージュの色で何とかしようとするのではなく、リップコンシーラーでくすみを消しましょう。淡いルージュもクリアに発色し、顔色も健康的な印象になります!

おわりに

普段のメイクのやり方を少し変えるだけで、見た目年齢を大きく変えられます。気付かないうちに濃くなったり、より強いカバー力を求めたりしてしまいがちですが、それこそが、老け顔メイクの原因です。今すぐヌケ感のあるメイクにシフトして、イメージチェンジを図りましょう!

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.
error: コンテンツは保護されています!