毛穴をカバーしてなめらか肌に導くコスデコ「フェイスパウダー 80」

AQ MWの フェイスパウダー

雑誌や口コミサイトなどで高評価を得ている商品は試してみる価値があるもの。その中のひとつに、コスメデコルテ AQ MWの「フェイスパウダー」があります。なかなかお気に入りのフェイスパウダーに出会えない人という人は、ぜひご覧ください。

フェイスパウダー 80

数多くのヒットコスメをこの世に送り出してきたコスメデコルテ AQ MW。その中でもロングセラー・ベストセラー商品として根強い人気を誇っているのが「フェイスパウダー」です。その人気の秘密は、粒子の細かい上質なパウダーが毛穴をカバーしてなめらかな肌に仕上げてくれるから。また、マットな質感になってしまうフェイスパウダーが多い中、コスデコのフェイスパウダーは程よいツヤを残した仕上がりになるのが魅力です。中でも80番は、くすみをカバーする効果のあるピンク色でかすかなきらめきを放つ人気色。お値段は5,000円(税抜き)と一見高価ながら、モチがいいのでコストパフォーマンスは逆にいいと言えます。

フェイスパウダー

淡いピンク色のパウダーで粒子は非常に細かくサラサラです。また、光の加減でかすかなきらめきを放ちます。

まずは腕で色みをチェック!パフでたたき込むように塗ってみました。

手に試し塗り
肌をふんわりと包み込み、透明感を与えます。きらめきはそれほど感じられませんが、マットになりすぎないのが好印象です。

パウダーの効果をより実感できるように、パフで実際に塗ってみましょう。

このフェイスパウダーは、穴が大きめで数も多いため、逆さにすると多く出すぎてしまいます。そのため、パフを穴の部分にあて、斜めに傾けるようにしてパウダーをパフにつけるのがおすすめです。パフにパウダーがついたら、パフを折りたたむようにして軽くこすり合わせます。そうしてパフに均等にパウダーが行き渡るようにしてから使うと、ムラになりにくいですよ。また、この時点でつきすぎてしまったと感じたら、軽くティッシュオフしましょう。それから、パフを肌に押しあてていきます。小鼻や目の周りなどは、パフを折りたたんで丁寧に塗りましょう。毛穴など特にカバーしたい部分は、軽くたたき込むように塗るのがポイント。粉っぽさを感じたら、フェイスブラシで軽く払うか、手のひらで軽くなじませましょう。

顔に塗る前

ベースメイクを仕上げたら、フェイスパウダーを念入りに重ねたい部分を見極めておきましょう。

顔に塗った後

丁寧にフェイスパウダーを塗ると、肌のアラをカバーして陶器肌に仕上がります。また、粉っぽさが気になるときや、パウダーをより密着させたいときには、ミストをかけるのもおすすめです。そうすると崩れにくく、ツヤも出ます。

おわりに

コスメデコルテ AQ MWの人気商品「フェイスパウダー」をご紹介しました。ちなみに、より自然な仕上がりを好むならブラシで、気になる毛穴などをしっかりとカバーしたいならパフで塗るのがおすすめです。陶器のような美肌を目指す人は、ぜひこちらのフェイスパウダーをお試しください。

遠藤 幸子
エイジング美容研究家、美容ライター、日本抗加齢医学会正会員。現在webサイトを中心に9媒体にコラムを執筆する傍ら、企業の広告なども手掛ける。この他、企業のインフォマーシャルやラジオ、雑誌などに出演。美容に関する情報を日々発信中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう