基礎化粧品とメーキャップ化粧品の違いとは?

基礎化粧品とメーキャップ化粧品の違い
私たちを美しく装ってくれる化粧品には、基礎化粧品とメーキャップ化粧品の2種類があります。この2つの違いを正しく理解していますか?
今回は、基礎化粧品とメーキャップ化粧品の違いを説明していきます。

基礎化粧品とは?

化粧水から美容液、その他の基礎化粧品とは

「基礎化粧品でのお手入れ」「肌に合った基礎化粧品選び」などと言われていることからも分かるように基礎化粧品とは、健やかな肌を保つためのお手入れが目的で使用する化粧品です。
代表的な基礎化粧品には、洗顔料、クレンジング、化粧水、美容液、乳液、クリームなどがあります。これらは基本的なお手入れに使う化粧品ですね。
また、肌をより美しくするために使用するスペシャルケアや汚れを落とすためのパックや、肌を守るために使用する日焼け止めなども基礎化粧品に分類されます。〘肌そのものを健康で美しい状態に保つために使用するものが基礎化粧品〙と考えると分かりやすいかもしれませんね。
基礎化粧品には美白化粧品やアンチエイジング化粧品、ニキビ肌用化粧品など目的やなりたい肌、肌質や年齢に合わせて選ぶことができます。

メーキャップ化粧品とは

肌を触る女性

無限に広がるメーキャップ化粧品の楽しさ

私たちが日ごろ使用している口紅やグロス、眉ずみやアイシャドウなど、このような「より美しく装うための化粧品」がメーキャップ化粧品です。メーキャップ化粧品には女性を美しく見せて自信を持たせてくれたり、心を穏やかにさせてくれたりする効果もあります。
メーキャップ化粧品は大きく分けて、ベースメイクアイテムとポイントメイクアイテムに分かれています。
ベースメイクアイテムは肌そのものをより美しく見せるために使用するもの。ファンデーションやBBクリーム、コントロールカラー、コンシーラ、フェイスパウダーなどがあります。ポイントメイクアイテムは顔立ちをより美しく見せるためのアイテムで、眉ずみやマスカラ、アイシャドウ、チーク、口紅、グロスやシェーディングやハイライトに使うフェイスカラーなどが当てはまります。
メーキャップ化粧品には薄い眉を濃く見せて顔を引き締めて見せたり、少ないまつ毛を多く長く見せたりと女性の「こうありたい」「こんな風になりたい」をかなえてくれる楽しさもあります。最近はプチプラのメーキャップ化粧品が増えているので、私たち女性の楽しみも無限に広がっています。

基礎化粧品とメーキャップ化粧品のもうひとつの役割

基礎化粧品は肌に与えるもの、メーキャップ化粧品は落とすもの

最近は基礎化粧品でお肌のお手入れをする男性も増えていますが、メーキャップ化粧品は女性だけのもの。この2つの違いや意外な役割についても考えてみたいと思います。
基礎化粧品とメーキャップ化粧品の違いをもうひとつあげるとしたら、それは肌に与えるものと1日の終わりに落とすものであるという違いでしょう。基礎化粧品は肌につけたまま寝てもかまいませんが、メーキャップ化粧品は1日の終わりに必ず落とさなければなりません。メーキャップ化粧品は時間がたつと酸化して肌に悪影響を与える成分も含まれています。化粧を落とさないで寝てしまうのは、肌に負担をかけるので避けるようにしてください。

心を癒やすリハビリ効果を持つメーキャップ化粧品

女性をより美しく見せるために用いられるメーキャップ化粧品には、私たちの心を癒やす効果もあります。さまざまな肌トラブルをメーキャップ化粧品で上手にカバーすることで、自分に自信が持てて、生活の質 (QOL)の向上が期待できるのです。
特に皮膚の病気は心の傷やストレスが原因であったり、治癒を妨げていたりすることがあります。もちろん、肌に負担がかからない成分を選ぶ必要はありますが、メーキャップ化粧品の力で自分の外見を受け入れることができればこうした症状が改善することもあるようです。メイクの力ってすごいですね。

おわりに

普段、何気なく使っている基礎化粧品とメーキャップ化粧品にはこうした違いがあります。基礎化粧品とメーキャップ化粧品を上手に使い分けて、健康で美しい素肌を保ちながら、自分らしさを演出してみましょう!

清水まき
ヨーロッパ在住歴アリの美容オタク。ドラックストアのコスメから美容皮膚科のコスメまでなんでもトライしなければ気がすまない性格。20代のころからアンチエイジング&美白の鬼と呼ばれていただけあって30代後半になってもシミ・シワはほとんどありません!