本当にお肌にやさしい?オーガニック化粧品とは

オーガニック化粧品と女性の手

敏感肌に悩む女性の間で人気のオーガニック化粧品。肌に優しい印象がありますが、あまり効果が期待できないのでは?と思っている方も多いのではないでしょうか。

また、オーガニック化粧品の基準がどんなものなのかも気になりますよね。ここではオーガニック化粧品の定義や上手な選び方について詳しく説明していきます。

オーガニック化粧品とは

オーガニック化粧品とは一般的に原料が有機栽培の植物性のエキスや精油などである化粧品のこと。とはいえ、これは化粧品業界の共通認識にすぎません。

日本にはオーガニック化粧品に関する公的認証機関がなく、明確な基準もありません。そのため、配合されている一部の原料がオーガニック(有機栽培)であるだけでオーガニック化粧品として売られているものもあるほどです。

オーガニック化粧品と自然派化粧品、無添加化粧品の違い

肌に優しい化粧品には、「自然派化粧品」「無添加化粧品」と呼ばれるものもあります。これらの化粧品とオーガニック化粧品の違いを考えてみましょう。

自然派化粧品

自然成分または自然由来の成分を配合している化粧品。注意してほしいのは「自然成分」と「自然由来成分」が違うという点です。自然成分が自然のままの成分であるのに対し、自然由来成分は精製、合成、分解といったプロセスを経て作られています。主成分だけではなく、一部の原料が自然成分であるだけで自然派化粧品として販売されているものも。

無添加化粧品

肌に刺激を与えるとされる香料入れて103種類の「旧表示指定成分」を使用していない化粧品。安全性の高い合成成分が使用されていることもあります。

オーガニック化粧品の選び方

クリニックの制服を着た女性
選び方のひとつにとして挙げられるのが海外の認証機関の認定を受けているものを選ぶという方法です。
ヨーロッパにはオーガニックの厳格な基準があります。原料が自然採取または有機栽培によって育てられたものであることはもちろん、工場や配送が環境に配慮しているか、リサイクルできる容器を使用しているかなどもチェックされるのです。

ヨーロッパのオーガニック・ナチュラルコスメの認証機関

ヨーロッパの信頼できるオーガニック、ナチュラルコスメの認証機関をいくつか挙げてみましょう。筆者がヨーロッパで生活していたころ、これらの化粧品が有機野菜などの自然派食品を扱うスーパーや薬局で売られているのをよく見かけました。

ECOCERT(エコサート)

ECOCERT(エコサート)はフランスの認証機関です。化粧品の95%が天然原料であること、植物原料の95%以上がオーガニックであること、パラベン、鉱物油、合成香料などは使用しないことなどが求められる。COSMEBIO(コスメビオ)はエコサートの基準を満たした化粧品。

demeter(デメター)

demeter(デメター)はドイツのバイオダイナミック農法団体。無農薬かつ、月の満ち欠けや自然のリズムを重んじた農法によって作られた天然の原料を90%以上使用していることや遺伝子組み換えの原料を使用しないことなどが条件。

BDIH

BDIHはドイツ化粧品医薬品商工業企業連盟が定めた基準。可能な限り有機栽培または自然採取した素材から抽出した原料を使用すること、人間の体に毒性がないか厳しくテストすること、自然採取する場合、生態系に影響を与えないことなどがチェックされる。

日本におけるオーガニック化粧品の選び方

日本におけるオーガニック化粧品の選び方
日本のメーカーがヨーロッパのオーガニック認定を受けるには費用や時間がかかるというデメリットがあります。そのため、日本ではメーカーが独自でヨーロッパの基準に近い原料を選んで作っているオーガニック化粧品が増えているのです。

まずは、メーカーのサイトで「オーガニック原料の割合」「化学合成された成分の割合」「有機栽培されている環境」などをチェックしてみましょう。なかには日本製でありながら、バイオダイナミック農法に近い方法で自然採取した成分を使用しているメーカーもあります。

あなたの肌に合うかどうかが一番大切!

オーガニック化粧品=肌に優しいと思っていませんか?確かに肌を刺激しやすい成分が少ない化粧品ではありますが、あなたの肌に合うとは限りません。うるしでかぶれたり、小麦由来の成分を配合した石けんでアレルギーが起きたりするように、植物性の成分によってトラブルが起こる可能性もあるのです。敏感肌でオーガニック化粧品にトライしてみたいという方はまずはトライアルセットやサンプルを使ってパッチテストをしてみましょう。

オーガニック化粧品は本当に肌にいい?

オーガニック化粧品では、あまり肌が変化しないのでは?というイメージもありますが、使用されるのは自然採取や有機栽培によってパワフルな力を秘めた素材ばかり。さらにオーガニック化粧品は肌がもつ本来の力を引き出し、健康な肌になることを目的としているため、余計な成分も不使用。だから敏感肌の方でも安心です。肌に合うものが見つかれば、合成成分以上にあなたの肌の美しさを引き出してくれるかもしれません!

おわりに

いかがでしたか?オーガニック化粧品を選ぶときにはメーカーのサイトや原料欄を厳しくチェックして、本当の意味でオーガニックと呼べるのかどうか見極めるのがポイントです。まずはサンプルやトライアルセットから試してみてはいかがでしょうか。肌に合うものが見つかれば、ちょっとやそっとのことではへこたれない丈夫で健康な肌が手に入るはずですよ!

清水まき
ヨーロッパ在住歴アリの美容オタク。ドラックストアのコスメから美容皮膚科のコスメまでなんでもトライしなければ気がすまない性格。20代のころからアンチエイジング&美白の鬼と呼ばれていただけあって30代後半になってもシミ・シワはほとんどありません!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

  1. ちょび says:

    不妊治療をきっかけ食べ物や肌につける物など考えるようになりました。今悩んでいるのは化粧品とシャンプーです。まきさんが「肌に合うものが見つかれば、合成成分以上に肌の力を引き出してくれる」という言葉に少し気持ちが楽になりました。ありがとうございます。日本の商品でなるべく体に優しい物を見つけられたらと思っています。

コメントの入力は終了しました。
error: コンテンツは保護されています!