怖いのは紫外線だけじゃない!知っておきたいブルーライトの肌の影響

知っておきたいブルーライトの肌の影響

ブルーライトと言えば目に良くないイメージですが、実は肌にも悪影響を及ぼすということが最新の研究で徐々に明らかになってきています。ブルーライトは紫外線に近い光なので、肌の細胞にも様々なダメージを与えてしまうのですね。そんな中、ブルーライトによる肌の老化を防ぐためのアイテムも続々登場しています。
今回は、ブルーライトが肌に与える影響と対策について、最新のおすすめアイテムなども交えてお話していきます。

ブルーライトとは?

ブルーライトとは、目に見える光(可視光)のうち、青色や紫色の光のことを言います。ブルーライトの光の波長は380~500nmと紫外線に近く、エネルギーが高いので、身体にさまざまなダメージを与えると言われています。

ブルーライトに囲まれて生活している現代人

ブルーライトに囲まれて生活している現代人

ブルーライトと聞くとスマートフォンやパソコンをイメージする方が多いと思いますが、その他にもゲーム機や照明など、身の回りの電子機器はほぼ確実にブルーライトを発しています。
元々太陽光にも含まれているブルーライトですが、電子機器に囲まれるライフスタイルになることで、現代人はより多くのブルーライトを浴びる生活をするようになっているのです。.

ブルーライトは目だけでなく肌にも深刻な影響がある

肌にも深刻な影響がある

ブルーライトが体に与える影響としては、目へのダメージが有名ですね。スマホやパソコンの使いすぎで目が疲れるのは、ブルーライトが原因という話を聞いたことがあると思います。
しかし、ブルーライトの悪影響は目に限ったことではありません。紫外線と同じように浴びると細胞内で活性酸を発生させるので、肌の老化などにも影響する厄介な光なのです。

ブルーライトによる肌にダメージってどんなもの?

それでは、ブルーライトが肌にどの様な悪影響を及ぼすのか、具体的な影響を見てみましょう。

コラーゲンの破壊

コラーゲンの破壊

日焼けの原因となる紫外線のうち、紫外線B波(UV-B)は、皮膚の一番外側にある角質層と表皮細胞にダメージを与えるのに対して、ブルーライトはさらに奥にある真皮層まで到達して活性酸素を発生させます。

真皮層には肌の弾力を保つために欠かせないコラーゲンやエラスチンが存在していますが、ブルーライトを浴びることで破壊されて、肌のハリの低下やシワ、たるみといった老化現象を促すことにつながります。

シミ・そばかすなどの色素沈着

色素沈着

ブルーライトはシミやそばかすの原因となる色素沈着を起こすと言われています。ブルーライトが当たることで発生した活性酸素が刺激となり、メラニン色素の生成が促されてしまうのです。
さらに、ブルーライトによってできた肌の色素沈着は、紫外線によってできた色素沈着よりも長く残ることもさまざまな研究結果から明らかになりつつあります。

紫外線よりも深刻なダメージを肌に与えてしまうブルーライト対策は、美肌を保つために欠かせないということが良く分かる結果ですね。

睡眠不足による新陳代謝の滞り

新陳代謝の滞り

ブルーライトには、体内時計をコントロールするという大切な働きもあります。朝、太陽を浴びると目にブルーライトが入って身体が「朝だ!」と目覚めて活動をはじめ、日が暮れてブルーライトの量が減ると、脳が夜を認識して眠くなっていくという仕組みです。つまり、ブルーライトを浴び続けていると、脳が覚醒したままになり、体内時計が乱れて睡眠不足や睡眠の質の低下を招くことにもつながります。
肌の新陳代謝は眠っている間に活発になるので、質の良い睡眠をしっかりとれなくなると、肌のコンディションにも悪い影響が出るおそれがあります。

ブルーライトから肌を守る方法

まず大切なのは、ブルーライトを浴びない環境作り。スマートフォンやパソコンにはブルーライトをカットするフィルムを張りましょう。また、光量を抑えるとブルーライトの量も減らすことが出来るので、こちらの設定も忘れずに!これに加えてブルーライトカットのメガネをつければ完璧ですね。

睡眠1時間前にはPC・スマートフォンから離れる

睡眠1時間前には電源オフ

眠る直前までスマートフォンやパソコンを見ていると眠りにつきにくくなるので、夜の使用は控えめにするのがおすすめ。少なくとも布団に入る1時間前には使うのを止めるようにしましょう。
スマートフォンを見る代わりに、目元を温めたり、ヨガや腹式呼吸で副交感神経を優位にしたりして、質の良い睡眠をとれるように身体を整えてあげましょう。

メイクでブルーライトを防ぐ

メイクでブルーライトを防ぐ

ブルーライトの肌への影響が明らかになるにつれて、ブルーライトカットのスキンケアアイテムも続々と登場しています。こうしたアイテムを上手に活用して、ブルーライトの脅威から肌を守ってあげましょう。

レブロン フォトレディ キャンディッド ファンデーション

レブロン フォトレディ キャンディッド ファンデーション

レブロン
フォトレディ キャンディッド ファンデーション

  • 内容量|22mL
  • 価 格|1200円(税抜)
  • 発売日|2019年2月22日
おすすめ度 ★★★★★

4.7

さくら

独自のBLシールド処方でブルーライトから肌をブロック。軽やかな付け心地でツヤ肌に仕上げてくれるリキッドファンデーションです。

ランコム UVエクスペール XL CCC

ランコム UVエクスペール XL CCC

ランコム
UVエクスペール XL CCC

  • 内容量|30mL
  • 価 格|5800円(税抜)
  • 発売日|2016年2月17日
おすすめ度 ★★★★★

4.9

さくら

紫外線はもちろん、ブルーライトもカットしてくれる乳液タイプのメイクアップベース。色ムラもカバーしてくれるので、休日はこちらのアイテムにパウダーをのせるだけでもOKです。

ゲラン アベイユ ロイヤル UV スキン ディフェンス

ゲラン アベイユ ロイヤル UV スキン ディフェンス

ゲラン
アベイユ ロイヤル UV スキン ディフェンス

  • 内容量|30mL
  • 価 格|9000円(税抜)
  • 発売日|2019年4月1日
おすすめ度 ★★★★★

4.7

さくら

フランス・ウェッサン島に生息する希少な黒ミツバチが生み出す高純度のハチミツを、ゲラン独自のロイヤルゼリーやモロッコ産ユーフォルビアハニーと共に贅沢に配合した日焼け止めクリーム。紫外線やブルーライトなどあらゆる光からお肌を守ってくれます。

ヴァントルテ ミネラルCCクリーム

ヴァントルテ ミネラルCCクリーム

ヴァントルテ
ミネラルCCクリーム

  • 内容量|30g
  • 価 格|2400円(税抜)
  • 発売日|2018年4月10日
おすすめ度 ★★★★★

4.9

さくら

こちらは石鹸で落とせるお肌に優しいCCクリーム。紫外線はもちろん、ブルーライトも91.5%カットしてくれるので、普段使いにぴったり。3種のボタニカルオイルが配合されていて、まるで美容液のようなうるおいが続くのも魅力です。

I-ne トランスライト エッセンスジェル

I-ne トランスライト エッセンスジェル

I-ne
トランスライト エッセンスジェル

  • 内容量|30mL
  • 価 格|2700円(税抜)
  • 発売日|2019年11月8日
おすすめ度 ★★★★★

4.7

さくら

世界初のトランスライトコンプレックス配合で、ブルーライトによる乾燥対策ができるジェル状美容液。シリーズで発売されている化粧水とクリームと一緒にライン使いするのもおすすめです。

ナルク 薬用スリープロテクトジェル

ナルク 薬用スリープロテクトジェル

ナルク
薬用スリープロテクトジェル

  • 内容量|100g
  • 価 格|3200円(税抜)
  • 発売日|2019年11月15日
おすすめ度 ★★★★★

4.6

さくら

ジェンダーレスコスメのナルクからこの秋発売される薬用スリープロテクトジェルは、美白、ニキビ、乾燥対策がひとつでできるオールインワン。さらに癒しエキスの「ビルベリー葉エキス」がブルーライトから肌を守ってくれます。

シスレー シスレイユース N

シスレー シスレイユース N

シスレー
シスレイユース N

  • 内容量|100g
  • 価 格|22000円(税抜)
  • 発売日|2019年4月1日
おすすめ度 ★★★★★

4.8

さくら

こちらはブルーライトなどの外的要因から肌を守りケアするデイリー用乳液。過酷な環境で乾燥しやすい肌にうるおいを与えて、若々しい肌に導いてくれます。

おわりに

継続してブルーライトを浴びていても、日焼けのようにすぐに肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりすることはありません。うっかりしていると肌はダメージを受け続けてしまうことになるので要注意!
普段からブルーライトを防ぐことを意識して、肌ダメージを最小限にするようにしましょう。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

さくら
化粧品関連メーカーにて、化粧品に配合されるエキスの開発や薬事申請業務に従事しました。現在はフリーライターとして、美容関係の記事を執筆しています。
得意分野は肌トラブルの原因と対策方法の解説、化粧品に配合される成分の解説です。2016年に日本化粧品検定1級を取得。
大の広島カープファンで趣味は野球観戦です♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう